◆五味洋治『女が動かす北朝鮮』を読み解く

◆五味洋治『女が動かす北朝鮮』を読み解く

※要旨

・核といえば、
北朝鮮には核兵器のボタンを押すという決定に
関与できる「7人組」という秘密組織があるという。

・そのなかに北朝鮮の最高指導者である金正恩第一書記一族の女性、
3人が含まれている。

・北朝鮮情報当局が作成した
「北朝鮮の核・ミサイル関連の意思決定体系」と
呼ばれる文書に書かれているもので、
3人は金正恩の叔母である金敬姫、妹の金与正、
母親違いの姉、金雪松だった。

・他は、軍のトップである総参謀長や、
金正恩の右腕である崔竜海党書記だという。

・金正恩の親族の女性が、
国の重大決定に参加しているのは間違いない。
そのカギは、金正恩の行動と思考にある。

・彼は部下を粛清したが、
妻や妹とは安定した関係を築いているようだ。
自分しか信じられない絶対権力者でも、
権力欲から比較的遠い女性には信頼がおけるものだ。

・外に向かっては、
強圧的なイメージをアピールする北朝鮮の最高指導者は、
じつは自分の周辺にいる女性たちを頼りにし、
重要な決定にも関与させてきた。

・北朝鮮の権力者の周辺で生きてきた女性たちの存在と役割を、
閉鎖されたこの国に重ね合わせると、
新たな歴史の構図が浮き上がる。

・「事件の陰には女あり」という。
粛清、追放、処刑といった国の権力争いには、
やはり女性が何らかの形で絡んでいた。
北朝鮮の権力は女性が支え、
歴史をつくったとも言っていい。

・韓流ドラマには、
商売の世界で成功を勝ち取る女性がしばしば描かれる。

・北朝鮮でも、
無名の名もない女性たちが危機に強さを見せた。
1990年代の食糧危機のとき、
市場でたくましくモノの売買を行い、
家庭を守ったのはまさに彼女たちだった。

・それが北朝鮮の硬直した政治システムを、
事実上の市場経済に変化させていく原動力になっている。
女性が主人公として活躍する韓流ドラマの世界は、
北朝鮮では現実として展開している。

・パルチザンの歴史。
北朝鮮の歴史の中で、パルチザン活動は大きな意味を持つ。
パルチザンという言葉は、
もともとはフランス語で、「党員、仲間」を意味する。

・女たちの物語は、今も続いている。
現指導者の金正恩を支えているのは、妹の与正、
妻の李雪主、金一家の長女である金雪松たちだ。
彼女たちは、核やミサイル開発といった国防強化と
経済発展を同時に目指している現体制を支えようとしている。

・30歳前に最高指導者の地位についたこの若者は、
タバコや酒を好み、肉が好物だという。
暴飲暴食が彼の若い体をむしばみ、
無謀な行動に出るかもしれない。

・その時には、女性が彼の後を継ぐ可能性がある。
金王朝の女たちを知ることは、
北朝鮮の将来、そして次の指導者を占う上でも、
欠かせない要素なのだ。

※コメント
いままでになかった北朝鮮分析の視点だ。
どこの国も女性の力はあなどれない。
よくよく研究したい。

★五味洋治『女が動かす北朝鮮』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2rheMp2

◆坪田充史『なぜ日本人は、英語が話せないのか」を科学的に解明』ご紹介。

http://directlink.jp/tracking/af/237165/xvtmuGXp-T8GOEhUJ/

◆小冊子PDF『陸軍中野学校・全研究』のご案内。

※お申込みフォーム
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090

●小冊子『陸軍中野学校・全研究』目次と内容

◆陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
◆現代に生きる陸軍中野学校のDNA
◆中野学校の歴史的意義
◆陸軍中野学校の教材『諜報宣伝勤務指針』を読み解く
◆陸軍中野学校の教育内容・具体例
◆中野学校の哲学と人生観
◆中野校友会『陸軍中野学校』を読み解く
◆吉野で学ぶ楠公精神
◆陸軍中野学校・教科書『破壊殺傷教程』の読み方
◆『国体の本義』を読み解く
◆『神皇正統記』から中野学校のインテリジェンス理念を読み解く
◆中野学校の手本「情報将校・明石元二郎」
◆中野学校創設者・秋草俊の『合理と情報』に学ぶ
◆吉原政巳『中野学校教育、一教官の回想』を読み解く

※価格
5,000円(PDF版のみ)

※お支払い方法(前払い)
銀行振込、カード決済(ペイパル)
(申込み後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします)

※ページ数
A4サイズ:57ページ

※お申込はこちらから↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ