「2017年6月」の記事一覧

◆高橋洋一『日本はこの先どうなるのか』を読み解く

◆高橋洋一『日本はこの先どうなるのか』を読み解く   ※要旨 ・さまざまな問題について データに基づく分析を重視する筆者は、 感情や印象でものを語ることが嫌いだ。 データに基づかなければ、 議論する意味はまったくないとす・・・

◆船ケ山哲『パーソナル・ブランディングの極意』について

◆船ケ山哲『パーソナル・ブランディングの極意』について http://directlink.jp/tracking/af/237165/2FtAfYe3-3ZNyFhbM/ ★船ケ山哲、略歴。 現在、マレーシアのジョホー・・・

◆早坂茂三『政治家は悪党に限る』を読み解く

◆早坂茂三『政治家は悪党に限る』を読み解く ※要旨 ・政治の世界は一皮むけば百鬼夜行、 食うか食われるか、殺すか殺されるか、 2つに1つしかない。 ・竹下登は、島根県議から国政選挙を目指す。 トップ当選したが、大量の選挙・・・

◆蓮見清一『田中角栄100の言葉』を読み解く

◆蓮見清一『田中角栄100の言葉』を読み解く ※要旨 ・「手柄はすべて連中に与えてやればいい。 泥は当方がかぶる。 名指しで批判はするな。 叱るときはサシのときにしろ。 褒めるときは大勢の前でほめてやれ」 ・田中角栄は、・・・

◆星浩『官房長官:側近の政治学』を読み解く

◆星浩『官房長官:側近の政治学』を読み解く ※要旨 ・政治記者である私は、 膨大な資料を読み込んで政治史を解読する学者のような作業は得意ではない。 その代わり、政治の現場を見てきた記者の視点から、 多くの官房長官のエピソ・・・

◆飯島勲『政治の急所』を読み解く

◆飯島勲『政治の急所』を読み解く ※要旨 ・時の政権の経済政策で肝腎なのは、 ニュース番組の最後にいつも報じられる円・ドルの為替相場と日経平均株価。 世界中どこでも為替と株をどう守るかが時の政権の仕事である。 日本の場合・・・

◆小冊子PDF『ハイパワー・インテリジェンス講座:特別版』ご案内。

◆小冊子PDF『ハイパワー・インテリジェンス講座:特別版』ご案内。 ※お申し込みはこちらです↓ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609 ★金額 5,000円(PDF版のみ) ・・・

◆特別コラム「大物政治家の情報力と勉強力」

◆特別コラム「大物政治家の情報力と勉強力」 勉強力といった点では、田中角栄首相が思い浮かぶ。 毎日、主要な新聞6紙は欠かさず読んだ。 こんなに沢山の情報が掲載されていて、1紙数千円というのは安い、 と言いながらきちんとチ・・・

◆角敦子『SAS・精鋭部隊、実戦訓練マニュアル』を読み解く

◆角敦子『SAS・精鋭部隊、実戦訓練マニュアル』を読み解く ※要旨 ・18kgのベルケンを背負ってライフルを身につけ、 64キロの道なき山岳地帯を走破する。 あるいは、足のすくむ高所のロープをつたい、 全力疾走後に4メー・・・

◆佐野眞一『阿片王・里見甫を振り返って:上海の夜と霧』を読み解く

◆佐野眞一『阿片王・里見甫を振り返って:上海の夜と霧』を読み解く ※要旨 ・私が「阿片王」という異名をとった里見甫(さとみ・はじめ)を 取材するきっかけとなったのは、 京都で手に入れた一枚の名簿だった。 ・当時、昭和通商・・・

◆山口真由『天才とは努力を続けられる人のこと』を読み解く

◆山口真由『天才とは努力を続けられる人のこと』を読み解く 山口氏は、弁護士。 1983年生まれ、東大法学部3年次に司法試験合格。 4年次に国家公務員一種に合格。 東大を首席卒業後、財務省に入省。 その後、弁護士となる。 ・・・

◆塩田潮『昭和の怪物・岸信介の真実』を読み解く

◆塩田潮『昭和の怪物・岸信介の真実』を読み解く ※要旨 ・岸信介は戦前、東京帝国大学法学部を卒業して農商務省に入り、 その後、満州国政府に派遣されて植民地経営に携わった。 ・岸と長い間つきあいのあった政治家、福家俊一はこ・・・

◆宝島『日本の黒幕、組織と団体』を読み解く

◆宝島『日本の黒幕、組織と団体』を読み解く ※要旨 ・戦後の日本において、権力者を動かし、 あるいは多大な影響力を与える指南役たちがいた。 フィクサー、政商、、、 人はかれらを「黒幕」と呼び、 真の実力者たる彼らは畏怖を・・・

◆加藤嘉一『たった独りの外交録』を読みとく

◆加藤嘉一『たった独りの外交録』を読みとく ※ 加藤氏は、2003年、高校卒業後に単身で北京大学に留学。 同大学国際関係学院の修士課程修了。 日本語、中国語、英語の3ヶ国語で書くコラムニスト。 現在、ジョンズホプキンス大・・・

◆田崎史郎『政治家失格』を読み解く

◆田崎史郎『政治家失格』を読み解く ※要旨 ・総理大臣は経営者と同じように、「情報収集と分析」、「統治」、「対策」の3つの能力が必要とされる。 ・田中角栄の人間性とは何か。 それは、その議員が、その官僚が、国民が何を欲し・・・

◆山口敬之『総理』を読み解く

◆山口敬之『総理』を読み解く 山口氏は元TBS記者。 ワシントン支局長などを歴任。 ※要旨 ・これから本編で書こうとするものは、 私が2000年に政治記者となった直後から 見てきた安倍晋三氏と彼を取り巻く人間模様である。・・・

◆阿比留瑠比『総理の誕生』を読み解く

◆阿比留瑠比『総理の誕生』を読み解く 筆者は産経新聞の記者であり、論説委員。 ※要旨 ・新聞各紙には、首相動静の記事が載っている。 この欄をチェックすると、首相がその時々でどんな人物に どのくらいの頻度と長さで時間を割く・・・

◆芳地隆之『ハルビン学院と満洲国』を読み解く

◆芳地隆之『ハルビン学院と満洲国』を読み解く ※要旨 ・ハルピン学院とは1920年(大正9年)、 元南満洲鉄道株式会社の総裁、後藤新平の肝いりで 設立されたロシア語を学ぶための専門学校である。 ・設立当初は日露協会学校と・・・

◆岩瀬昇『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』を読み解く

◆岩瀬昇『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』を読み解く ※要旨 ・一次エネルギー資源の供給を 海外に求めなくてはならない日本にとって、 世界貿易が妨げられない状態、 つまりは世界が平和であることが極めて重要だ・・・

◆チャーナウ『アレグザンダー・ハミルトン伝:上巻・その1』を読み解く

◆チャーナウ『アレグザンダー・ハミルトン伝:上巻・その1』を読み解く (アメリカを近代国家につくり上げた天才政治家) ※要旨 ・ほかの建国の父たちは、美辞麗句のきらめく大部の伝記に よってその名声に磨きかけられてきたのに・・・

このページの先頭へ