◆竹内薫『英語が上達したければネイティブの子どものように学びなさい』を読み解く

◆竹内薫『英語が上達したければネイティブの子どものように学びなさい』
を読み解く

※要旨

・はじめに「話し言葉」ありき。

・ヨーロッパの人々が欧州圏内の他の言語を学び際も、
まず、「聞いて話すこと」から入るのが常道。

・書き言葉より、まずは話し言葉。
文字より、まずは音声。
それが言語習得の近道。

・お手本を聞いたら、しゃべって録音して、
お手本と自分の発音を聞き比べる。
発音を微修正して、同じことを繰り返す。

・「発音フィードバック」すなわち「口トレ」こそが、
日本人の大人が見逃している英語習得絶対法則なのだ。

・子どもの世界では、簡単な単語を組み合わせるだけで
ほとんどの意思疎通ができる。
コドモ英語には、
英会話の基本パターンが入っている。

・聞き取れるというのは、
まずは単語の切れ目がわかってくるということ。

・私がニューヨークへ行ったのは、小学校3年生のとき。
アルファベットも知らなかった。

・口トレの手順。

1.お手本を聞く。

2.お手本の音を真似して録音する。

3.再度お手本を聞き、
録音した自分の発音と比べて確かめる。

・人間の脳が何かを学ぶときには、フィードバックが必要。

・好きな映画を、試しに10回くらい見てください。

・映画で英語。
英語で見る。(日本語字幕あり)

英語で見る(字幕なし)

わからないところだけ英語の字幕で最後にチェック。

・ラテン語系の英語には高級感がある。

・ラテン語と英語力の意外な相関。

・英語を深く知るには、ラテン語がおすすめ。
頭の中の英単語の数もぐんと伸びる。
「英単語がつながる」ことがわかると、とても感動する。

・英語を自分のものにしている人の多くは、
ラテン語とあわせてギリシャ語を少し勉強することで、
難解な単語を自由自在に使いこなしている。

・聞くだけでなく「しゃべり返す」、
そして読むだけではなく「書き取る」ことにより、
確実に、あなたの英語記憶力はアップする。

・小学生のときニューヨークの小学校に転校した。
それで英語がしゃべれるようになったんだね、
と思われるかもしれない。
しかし、小学校3年生は、赤ちゃんと違う。
すぐに英語ができるわけではない。

・わたしは夏休みの間、
毎日、泣きながら英語を勉強した。
小学校とはいえ、それは立派な社会だ。
そこで生き残るため、どうしても英語を習得するしかなかった。

・音声教材のカセットテープに耳を傾け、
別のテープに自分の声を録音し、
まだお手本みたいに発音できないよ、
と泣きべそをかきながら、何度も真似をしつづけた。

・夏休みが終わって、9月の新学期が始まったとき、
私は自分の耳を疑った。

春までとは違って、先生の言うことがほとんど理解できたからだ。
3カ月の集中的な特訓の成果が出て、
私は泣いていた。

「大丈夫?なんで泣いているの?」
先生にそう訊かれた私は、

「だって、先生の言っていることが理解できるから!」
と答えた。

・あのときの感動をみなさんと共有したい。
そんな思いで今、この本を書いている。

※コメント
どんな語学も必死に学ぶことが肝要だ。
プラス、効果的な手法がかかせない。
日々の鍛練を思い返したい。

★竹内薫
『英語が上達したければネイティブの子どものように学びなさい』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2rs7IrH

★嶋聡『孫正義:2.0新社長学』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2goGDhQ

◆小冊子PDF『ハイパワーセレブ風水学・全研究』ご案内。

※お申込みフォーム↓

https://ws.formzu.net/fgen/S84899036/

★小冊子PDF『ハイパワーセレブ風水学・全研究』の目次と詳細。

◆金運があればすべての運はどんどん開ける
◆風水のプリンシプル
◆風水流・商売繁盛の法則
◆風水と結婚の不思議な関係

◆ガラクタ捨てれば自分が見える・風水整理術入門
◆自由に生きる風水術
◆「風水」で読み解く日本史の謎

◆運がよくなる仕事風水
◆風水浄化術入門
◆驚きの開運効果、黒門風水
◆安斎流・秘伝風水

◆アセッション・チケット
◆2週間で一生が変わる魔法の言葉
◆お金に愛される魔法のお財布

※価格
5,000円(PDF版のみ)

※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)

※ページ数
A4サイズ:47ページ

※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S84899036/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ