◆岩瀬昇『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』を読み解く

◆岩瀬昇『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』を読み解く

※要旨

・一次エネルギー資源の供給を
海外に求めなくてはならない日本にとって、
世界貿易が妨げられない状態、
つまりは世界が平和であることが極めて重要だ。

・外交政策はこの認識に基づいて、
国民の総意として立案のうえ
実行されるべきである。
それこそが国策である。

・そうはいっても、
世界はいつも平和であるという楽観論に
立つことはできない。
やはり、時に「非常時」が起こることを
前提に織り込んで考えるべきである。

・石油開発が「ハイリスク・ハイリターン」であり、
ビジネスサイクルが非常に長い点は、
現在も変わりはない。

・石油、いやエネルギーに関しては、
太平洋戦争当時の日本を取り巻く基本骨格が、
現代もなお変わっていないという事実に驚かされる。

・日本は、昔も今も、
石油を始めとする一次エネルギー資源を
ほぼ持たない「持たざる国」なのだ。
そしてまた、非常時がいつ来るか、わからない。

・昭和16年4月、
米国との経済と戦力の比較調査が行われた。

 

新庄健吉陸軍主計大佐は、
陸軍省軍事課長の岩畔豪雄大佐と同じ船で渡米し、
三井物産ニューヨーク支店内に
事務所を構えて米国の経済力調査を行った。

・新庄は、陸軍経理学校、東京帝国大学経済学部で
学んだ経歴だった。
新庄は公に入手可能な資料、統計などを駆使して、
米国経済力を分析し、
およそ3ヶ月後の7月中旬、報告書をまとめあげた。

・新庄は報告書の最後のまとめに
次のように記した。

「日米両国の工業力の比率は、
重工業において1対20。
化学工業において1対3である。

戦争がどのように進展するとしても、
この差を縮めることが不可能とすれば、
少なくともこの比率は
常時維持されなければならない」

「そのためには、戦争の全期間を通じて、
米国の損害を100%として、
日本側の損害は常に5%以内に留めなければならない。

日本側の損害が若しそれ以上に達すれば、
1対20ないし1対3の比率をもってする戦力の差は
絶望的に拡大する」

・ワシントンの日本大使館にいた岩畔は
新庄報告を読んで、
直ちに帰国して関係部署に説明することを約した。

岩畔は7月31日にワシントンを立ち、
8月15日に横浜に上陸した。

・岩畔の『速記録』によると、
説得してまわったのは、
陸軍参謀本部の部員以上全員、
海軍省および軍令部の主要な局部長以上、
宮内省首脳部、外務、大蔵の各大臣、
企画院総裁、陸海軍大臣、そして近衛総理などだった。

・だが、岩畔自身の言葉によれば、
「ドイツ便乗論」「精神力の過大評価」「天佑神助の空頼み」
によって、戦争突入の決意を固めていた政府、軍首脳の考えを
変えることはできなかった。

・陸軍省が秘かに行った「秋丸機関」による
敵味方の経済抗戦力調査でも、
参謀本部の指示に基づいて新庄大佐が
アメリカで行った経済力調査でも、
内閣直属の総力戦研究所によるシュミレーション結果でも、
戦争をしたら日本に勝ち目がないことは歴然としていた。

統帥権を握る陸海軍と、
軍事以外の行政すべてに責任を持つ政府からなる
大本営政府連絡会議のメンバーたちも、
その事実は知っていた。

※コメント
歴史を勉強することは、いまを学ぶことだ。
過去と今は、確実につながっている。
そこから読み取ることは多い。

★岩瀬昇『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1UlzXB3

★エドワード・ルトワック『中国4.0:暴発する中華帝国』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1nKpUYj

◆特別小冊子『最強のインテリジェンス人生論:特別版』のご案内。

※お申し込みはこちらです↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P43315826

★金額
5,000円(PDF版のみ)
→銀行振込または、カード決済。

※ページ数
A4サイズ:196ページ

★小冊子『最強のインテリジェンス人生論:特別版』目次と内容★

伊集院静『大人の流儀』
福田和也『人間の器量』
ジェームス・スキナーのシークレットセミナー講演録

すぐに実行できる、奥さんからの好感度アップ作戦
うまく奥さんの尻にしかれて、奥さんから尊敬される方法
奥さんの気分をよくさせてあげる方法
結婚生活を思い通りに運営できる戦略
奥さんの機嫌をとる、ちょっとした方法
結婚前にしておくこと
情報マンがよく使う、奥さんの心をつかむ方法

『マーク・ザッカーバーク史上最速の仕事術』
ジェームス・スキナー講演録『新しい時代のビジネス成功の法則』
マーク・ビクター・ハンセン『お金持ちになれる1分間の魔法』
阿川弘之『大人の見識』
安田雪『人脈づくりの科学』
加瀬英明『ユダヤの訓え「大物」になる勉強法』
火坂雅志『武士の一言:逆境を打ち破った男たちの名言』
火坂雅志『名将の品格』
葛西敬之『明日のリーダーのために』
近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』
高井伸夫『朝10時までに仕事は片づける』
佐藤優『功利主義者の読書術』
佐藤優『人たらしの流儀』
指南役『考え方の考え方・すぐれた企画は30秒で伝わる』
小笠原敬承斎『男の一日一作法』
神田昌典『2022-これから10年、活躍できる人の条件』
石原慎太郎『真の指導者とは』
千田琢哉『20代のうちに知っておきたい、お金のルール38』
竹中平蔵『竹中式イノベーション仕事術』
中谷彰宏『入社3年目までに勝負がつく77の法則』
中嶋嶺雄『世界に通用する子供の育て方』

猪瀬直樹『決断する力』
長谷部誠『心を整える。』
田村耕太郎『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?』
苫米地英人『君は1万円札を破れるか?お金の洗脳を解くと収入が倍増する』
苫米地英人『超光速コミュニケーション術』
内藤誼人『最初の1分で先手を打つ無敵の心理術』
内藤誼人『使えるマキャベリ:のし上がるための心理術』
白洲信哉『白洲家の流儀』
本田直之『ノマドライフ、自由に働くために』

本田直之『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』
櫻井よしこ『明治人の姿』
堀紘一『一流の人は空気を読まない』
大前研一『遊ぶ奴ほどよくデキる』
童門冬二『坂本龍馬の人間学』
苫米地英人『圧倒的な価値を創る技術、ゲシュタルトメーカー』
浜口直太『稼ぐ力、50のルール』
黒木亮『リスクは金なり、国際基準の仕事術、交渉術』
秋元康『趣味力』
菅下清廣『ウォールストリート式・年収1億円の条件』
アンソニー・ロビンス『一瞬で自分を変える法』
ジェームス・スキナー『コミュニケーション・スキル』
ダニエル・ピンク『ハイ・コンセプト』

『宋名臣言行録』に学ぶ
『葉隠』に学ぶ強い生き方
禅の教え、あれこれ
「打撃の神様」川上哲治と禅
山岡鉄舟と禅の関係
松岡正剛の「禅」特別講義
スティーブ・ジョブスと禅
茶道と禅の不思議な関係
禅の精神が生んだ精進料理。
宮本武蔵と禅
禅と聖将・上杉謙信
『禅の名言100』を読む

以上。

★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P43315826

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ