◆蓮見清一『田中角栄100の言葉』を読み解く

◆蓮見清一『田中角栄100の言葉』を読み解く

※要旨

・「手柄はすべて連中に与えてやればいい。
泥は当方がかぶる。
名指しで批判はするな。
叱るときはサシのときにしろ。
褒めるときは大勢の前でほめてやれ」

・田中角栄は、たとえ見知らぬ人に対しても
怒ったような調子で必ずこう声をかけた。
「オイ、メシ食ったか!」
それは角栄という人間の本質を示す言葉でもあった。

・「役人の顔や人脈ぐらいはよく覚えておけ。
5年、10年たっていっぱしの大臣になったとき、
『君、見たことないな』
では話にならない」

・「暗記教育は古く、
くだらないという人があるが、
暗記は教育の中で一番大切なことの一つだと私は信じている」

・角栄は、総理時代、いやそれ以外のときも、
議員や官僚のプロフィールを驚異的な記憶力で頭に入れていた。

・「義理とか人情というのような
言葉が非常に古いものであり、
反現代的なものであるというようなことを
考えること自体がおかしいと思う」

・「人から受けた恩を忘れてはならない。
必ず恩返しをしろ。
相手が困ったとき、遠くから、
慎み深く返してやるんだ」

・「カメラの連中だって好き好んで来ているんじゃない。
オレの写真が撮れないのでは、
連中も商売にならんだろう。
手を挙げてやってもいいじゃないか」

・苦しいときこそ、
その人物の「本当のスケール」が試される。
角栄の胆力がよく分かるエピソードだ。

・「失敗はイヤというほどしたほうがいい。
そうするとバカでない限り、骨身に染みる。
判断力、分別ができてくる。
これが成長の正体だ」

・文字通り人生の修羅場を経験し、
社会に揉まれて政界へ進出した角栄が語る「失敗の効能」は、
官僚、世襲議員が決して語り得ない説得力を持っていた。
角栄は他人の失敗に本質的には寛容であり、
またそれを克服しようとする姿を好んだ。

・「子孫に財産などを残す必要はない。
子どもには教育、学問だけをミッチリ仕込めばいい。
親が残した必要以上の財産は、
だいたい子どもをダメにする」

・人生で重要なのは「間」だ。
一流の落語家に必ずリズムと抑揚があるように、
人にリラックスして話を聞いてもらうためには、
間を考えないとうまくいかない。

・その間を取るためには、
それなりの人生経験が必要になる。
大衆の興味や関心、目線の高さを的確に読み取り、
何をどう話せば良いのか臨機応変に
語り口を変えていかなければならない。

・「経験も、知識も、素養もなくて
しゃべってばかりいるのは誰も相手にしなくなる」

・「ひとかどの作家になるためには、
地獄の底まで覗いて、人の世の裏、表、
人間の素晴らしさとおぞましさを見なければ、
後世に残るものは書けない」

・「人の一生はやはり運だと思う。
努力と根気、勉強、
こういったものが運をとらえるきっかけになる」

・「方針を示すのが政治家の仕事だ。
役人は生きたコンピュータだ。
方針を示さない政治家は役人以下だ」

・「戸別訪問3万軒。
辻説法5万回、これをやれ。
やり終えたら改めてオレのところへ来い」

・愚直に基本を繰り返すこと、
でしか当選への道はない。
「汗を流して人様の心を頂戴しろ」
それが角栄の選挙論であり、
この考えはのちの「田中軍団」の力の源泉となった。

・「いいか、政治家は代理のきかない商売なんだ。
客と会うのが醍醐味じゃないか。
それが億劫になったら政治家を辞める」

・角栄は側近を信頼しても、
自分の仕事を任せきりにはせず、
無名の陳乗客に対しても最後まで自分自身が対応した。

・「雨の音はいいな。人生を考えることができる」

・田中政権時代には田中派議員だけではなく、
野党にも多くの「隠れ田中派議員」がいたことは有名だ。
国会運営をスムーズに展開するため、
角栄は政敵を完全に潰しにかかることを本能的に警戒し、
それをやらなかった。

・鮮やかな成果のみが強調される角栄の政治だが、
その背景にはいつも最善の結末を目指し、
ギリギリまで折衝する血の出るような交渉があった。

・困難を切り開くために必要なのは「やり抜く信念」と、
周到な準備と作戦を練って物事に対応する「老獪な姿勢」だった。
角栄はときにスジ論を主張し、ときに情を交え、
もっとも有効な方法を引き出す選択肢を常に多く用意していた。

※コメント
角栄の言葉には、
やる気を出させてくれる響きがある。
仕事の行きと帰りにこれを読み返すと、
普段とは違った実行力を発揮できる。

★蓮見清一『田中角栄100の言葉』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1NI2cG8

★別冊宝島『田中角栄という生き方』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1Z0ZRtJ

◆小冊子PDF『ハイパワー教養・集中講座:特別版』のご案内。

※お申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95005779

★金額

5,000円(PDF版のみ)

※ページ数
A4サイズ・167ページ

★小冊子『ハイパワー教養・集中講座』目次と内容★

◆『葉隠』に学ぶ強い生き方
◆火坂雅志『武士の一言:逆境を打ち破った男たちの名言』を読み解く
◆津本陽 『戦国武将に学ぶ処世術』を読み解く
◆岡崎久彦『明治の外交力:陸奥宗光の「けんけん録」に学ぶ』
◆磯田道史『殿様の通信簿』を読み解く
◆乃木希典大将の統率力を学ぶ
◆『古事記』神話の謎を解く
◆古事記のポイントを掴む
◆『古事記』に学ぶ「情報と戦略」
◆古事記を旅する
◆浅野良一『古事記を解読する、新しい文脈の発見』ポイント
◆古事記の神話入門
◆古事記とインテリジェンスの不思議な関係
◆千宗屋『茶:利休と今をつなぐ』を読み解く
◆『茶人・織田信長:茶の湯の歴史を変えた戦国武将』を読み解く
◆茶会の準備ポイント
◆茶道の動きに学ぶ和食の作法
◆一夜漬けの茶道入門ウンチク
◆千宗屋『もしも利休があなたを招いたら』を読み解く

◆一晩でわかる「ギリシャ神話」の基礎知識
◆ギリシャ神話・おもな登場者
◆佐藤優『聖書を語る』を読み解く
◆明日から使える聖書の基礎知識
◆聖書のオーソドックスな読み方
◆『新約聖書』の見方
◆聖書の論理と世界の動きとの関係
◆『新約聖書』のたとえを解く
◆中野好夫『シェイクスピアの面白さ』を読み解く
◆シェイクスピアの世界的影響力
◆河合祥一郎『謎ときシェイクスピア』を読み解く
◆河合隼雄『快読シェイクスピア』を読み解く
◆今西雅章『シェイクスピアを学ぶ人のために』を読み解く
◆気障に使えるシェイクスピア名言集

◆風水整理術入門
◆運がよくなる仕事風水
◆風水浄化術入門
◆驚きの開運効果、黒門風水
◆安斎流・秘伝風水

◆素早く作家のように書く方法
◆A4一枚で書類はまとめるべし
◆原稿用紙10枚を書く力
◆劇的ワンペーパーを作成する技術
◆10倍売る人の文章術
◆思いどおりに人を動かす文章術
◆シントピックリーディングを使った文章術
◆コラムの執筆が上手になる方法

◆池波正太郎『男の作法』を読み解く
◆小笠原敬承斎『男の一日一作法』を読み解く
◆国のあり方と奈良・吉野との関係
◆阿川弘之『大人の見識』を読み解く
◆葛西敬之『明日のリーダーのために』を読み解く
◆斉藤健『転落の歴史に何を見るか』を読み解く
◆伊集院静『大人の流儀』を読み解く
◆マキャベリ『君主論』を読み解く

以上。

★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95005779

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ