「2017年7月」の記事一覧

◆本田宗一郎『夢を力に』を読み解く

◆本田宗一郎『夢を力に』を読み解く ホンダの創業者、本田宗一郎氏の「私の履歴書」と彼の語録を集めたのが、『夢を力に』である。 自動車修理工から身を起こし、世界のホンダを一代で築いた彼の人生を学びたい。 ※要旨 ・私にとっ・・・

RPE : ★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法

★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法 全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 まず、お知らせから。 ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。 1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で・・・

RPE : ★金正恩は、ニューヨークを核攻撃できる力を獲得した???

★金正恩は、ニューヨークを核攻撃できる力を獲得した??? 全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは! 北野です。 北朝鮮は7月29日、またもや大陸間弾道ミサイル(ICBM)の 発射実験を行いました。 7月4日の実験が成功し・・・

RPE : ◆【トヨタ】のコーチが、こっそり伝授

◆【トヨタ】のコーチが、こっそり伝授 ======================== 「どんな目標も、“アッサリ”実現できる極秘方法」 ======================== 北野です。 恐ろしい情報が入って・・・

◆仲俊二郎『サムライ会計士:竹中征夫』を読み解く

  ◆仲俊二郎『サムライ会計士:竹中征夫』を読み解く ※要旨 ・クラウンといえば世界最大の会計事務所である。 竹中征夫はここに入社して、ほぼ1ヶ月が過ぎた。 これからの会社生活について、 どちらの方針をとるかで・・・

◆手嶋龍一&佐藤優『動乱のインテリジェンス』を読み解く

◆手嶋龍一&佐藤優『動乱のインテリジェンス』を読み解く ※要旨 ・「係争の地は指導者の器量を洗い出す」 英国の老外交官からこんな言葉を聞いたことがある。 領土をめぐる紛争は、国内のナショナリズムに火をつけるので、 政治家・・・

◆七田眞『超感覚脳:時空を超えたエネルギー』を読み解く

  ◆七田眞『超感覚脳:時空を超えたエネルギー』を読み解く ※要旨 ・新しい事象に出合った際、「直感」で事の真贋を見極める力。 そして、すぐに「行動」を起こす力。 そうした能力を発揮させる脳の回路が、本書でお話・・・

RPE : ●イチローも実践している、極秘ダイエット法

●イチローも実践している、極秘ダイエット法 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 北野です。 いつもお世話になっているインフォトップのMさんから、 内緒の情報を教えてもらいました。 なんと、イチロー選手、カズ選手・・・

RPE : ★大和魂を世界に~HEAVENESEの戦い

★大和魂を世界に~HEAVENESEの戦い 北野です。 今日は、読者のYさまからのおたよりをご紹介させていただきます。 ↓ 北野様 こんにちは! いつも本当のことを噛み砕いて分かりやすく教えてくださり、 ありがとうござい・・・

◆山内譲『豊臣水軍興亡史』を読み解く

◆山内譲『豊臣水軍興亡史』を読み解く ※要旨 ・豊臣政権の威光が、 陸上同様全国の海上にも行きわたる以前には、 列島各地の海には多様な海上勢力が存在していた。 ・海にかかわる部分がより大きいのは、西国である。 それは、物・・・

◆守屋武昌『日本防衛秘録』を読み解く

◆守屋武昌『日本防衛秘録』を読み解く 守屋氏は、元防衛事務次官。 ※要旨 ・中国は国家の威信を示すためには米国と並ぶ海軍力の保有が必要不可欠と考え、 海軍力の整備に大きな資源を割いている。 ・中国の歴史において学ばなけれ・・・

◆渡部昇一『明治維新人物学:明治の教訓、日本の気骨』を読み解く

◆渡部昇一『明治維新人物学:明治の教訓、日本の気骨』を読み解く 本書は、岡崎久彦氏との共著。 ※要旨 ・連綿たる歴史と文明的土壌が維新の成功を導いた。 ・西郷隆盛を一言でいってしまえば、 全く私心のない人だ。 頭の中では・・・

◆斉藤純男・訳『ユーラシア帝国の興亡』を読み解く

◆斉藤純男・訳『ユーラシア帝国の興亡』を読み解く ※要旨 ・中央ユーラシアは広漠な大地で、ヨーロッパ、 中東、南アジア、東アジア、陸地に閉ざされた地域である。 ・中央ユーラシアの人々は、 世界文明の成立に基本的かつ重要な・・・

◆坪内寿夫『人生、修羅場や』を読み解く

◆坪内寿夫『人生、修羅場や』を読み解く 坪内氏は、四国の造船王、再建王。 ※要旨 ・苦闘の日々が人を強くする。 ・昭和57年、佐世保重工業は213億円の累積赤字をすべて解消し、 黒字経営に転じた。 ・私にいわせれば佐世保・・・

◆曽野綾子『人間の分際』を読み解く

◆曽野綾子『人間の分際』を読み解く ※要旨 ・「やればできる」というのは、 とんでもない思い上がり。 ・努力でなしうることには限度があり、 人間はその分際(身の程)を心得ない限り、 決して幸せには暮らせない。 ・人間には・・・

◆春田真『黒子の流儀:DeNA不格好経営の舞台裏』を読み解く

◆春田真『黒子の流儀:DeNA不格好経営の舞台裏』を読み解く 春田真氏は、30歳で住友銀行を辞め、2000年にDeNAに参加。 財務戦略や上場準備を担当。 2011年、会長に就任、 同年12月に横浜DeNAベイスターズ取・・・

◆太田尚樹『満州と岸信介』を読み解く

◆太田尚樹『満州と岸信介』を読み解く ※要旨 ・人を動かすカリスマ。 満州へ行く前の商工省で、満州の国務院総務庁で、 岸が辣腕を奮い政治家への基盤を着々と固めていった 過程にみえてくるものは何か。 ・たしかに、岸には飛び・・・

◆田崎史郎『安倍官邸の正体』を読み解く

◆田崎史郎『安倍官邸の正体』を読み解く ※要旨 ・財務官僚は極めて優秀であり、議員会館を回って議員とよく話している。 その優秀さと熱心さにおいて、他の省庁の官僚を圧倒している。 ・報じられない非公式会議。 首相官邸でほぼ・・・

◆酒井邦秀『英語多読入門』を読み解く

◆酒井邦秀『英語多読入門』を読み解く ※要旨 ・かならず読めるようになる「多読三原則」。 ・英語の勉強ばかりして、英語を「使わない」と いつまでも使えるようになれない。 ・知っている限りの英語を使って本を読むのが、 洋書・・・

◆出口治明『全世界史・講義:古代中世編』を読み解く

 ◆出口治明『全世界史・講義:古代中世編』を読み解く ※要旨 ・5000年史を書きたいと考えた理由の一つは、 20万年に及ぶ人類の歴史の中で、 およそ5500年から5000年前からは 文字資料が残っているからだ。 ・人間・・・

このページの先頭へ