◆石角完爾『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』を読み解く

◆石角完爾『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』を読み解く

※要旨

・世の中が好況に躍っている時には、みなと一緒に浮かれることなく、
手を広げすぎるリスクを避け、慎重に行動する。
これがユダヤ式のリスク管理であり、また「お金儲け」の鉄則でもある。

・物事には何にでもリスクがあるとユダヤ人は考える。
その意味でいえば、ユダヤ人に「想定外」という言葉はない。

・悲劇の歴史の中でユダヤ人が、困難を切り抜け、生き延びてこられたのは、
ヘブライ聖書とタルムードという知恵の安全律があったからだ。
どんな困難にめぐり合っても、ユダヤ人は常にヘブライ聖書とタルムードの律法に身の処し方、
決断のアドバイスを求めてきた。
生きるために、日々の幸福を得るために、
彼らはこの2つを勉強している。

・ヘブライ聖書は約3000年前、タルムードは約1500年前に、
今の形ができたと言われている。
ヘブライ聖書は、モーゼ五書、別名「トーラー」と呼ばれる。
「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」の書物が基本になっている。
そして、口伝律法とヘブライ学者の議論を書き留めた議論集が、「タルムード」である。

・タルムードとは、古代ヘブライ語で「研究」「学習」を意味する言葉。
盛り込まれている内容は、日常生活の慣習や医学、衛生、子育て、紛争解決、
家庭から恋愛にいたるまで、あらゆる事柄についていろいろな規範と、
それに関する詳細な議論のすべてを記している。
400ページからなる書物が30冊以上ある膨大な量で、
ユダヤ人はこれを毎日少しずつ読んで勉強する。

・ヘブライ聖書やタルムードにまつわるさまざまな説話は、
人生に起こり得るあらゆる問題を知り、
柔軟に対処する術を身につけるための尽きせぬ知恵の宝庫である。
ユダヤ人は幼い頃からこの知恵の宝庫に学び、考え、
自由奔放に思考を巡らせ、困難を切り抜けてきた。

・心の平穏はお金次第。

・ユダヤ人は「お金を至上のもの」と考えないが、
見下したり軽蔑したりすることはない。
ユダヤ格言の中には、お金にまつわるたくさんの知恵が語られている。

「夏の暑いときにこそ冬のストーブの燃料代を蓄えよ」
「明日にやる仕事を今日やり、今日買うものを明日にすれば金は貯まる」
「金を数えるには3つの方法がある。倹約、節約、勤勉だ」

・ユダヤ人は疑問を見つけては物事を深く考え、常に頭の中をフル回転させている。
日本人の何倍もの時間を使って勉強し、考え討論し、また勉強に打ち込む。

・ユダヤ人はヘブライ聖書の勉強を通じ、世界の誰よりも人間の本質を知り尽くしている。
だとすれば、人間を知り尽くしている人にお金が寄ってくるのは自然なことなのだ。
なぜなら金は人間が作り出したものだからだ。

・失ったものの大きさに成功は比例する。
「自己犠牲なくして成功は得られない」
という金銭哲学を超えた人生哲学なのだ。

・豊かさの次には必ず大貧困が襲ってくる。
良いことの次には必ず非常に悪いことが起こる。
抜け出せるのは準備した人だけ。
ヘブライ聖書ほど現代のビジネスマンにとって役立つ読み物はない。
内容の薄い経済新聞やハウツー本を読むよりよほど役に立つ。

・「徳行は隠れて行え」
というのがユダヤ哲学だ。

・「惜しみなく与えれば、必ずそれは戻ってくる」

・どんなに裕福な暮らしをしていても、いつかは人生ご破算になる時期が来るものだ、
とユダヤ人はどこか泰然としている。
アメリカの財務長官だったロバート・ルービンもウォールストリート出身だが、
生き馬の目を抜く証券界にあって、
「すべてを失っても、好きなパリのセーヌ川の川岸で哲学書を読む人生を送れば良い」
と泰然としていた。

・小さな儲けにとどめよ。
それを繰り返せ。
権力は移りゆくもの。

・財産を見せびらかすと身を滅ぼす。
人目には普通の雀と映るのが安全。
安全に、目立たず少しずつ。

・偽装商法は幸せを遠ざける。
正直な生き方にお金は宿る。

・「ウィズダム」(懸命で賢明な生き方)こそお金を引き寄せる。

・ウィズダムにはお金を払う。
対価・犠牲なしで賢明さは身に付かない。
熟慮と慎重というウィズダム。

・人のためにお金を使えば、長く幸せになれる。

・ユダヤでは、貧しく質素な食事で十分豊かかに過ごせると考える。
簡単に言えば、「美味いものを食べてばかりいると、バカになる」

・食事がまず粗食でなければ豊かな思考ははぐくまれない。
勉強や議論が大事だ。
グルメ情報を追いかけ、美味いもの三昧をし、
休日は勉強などせずゴルフに行くだけ、という生活をしていたら、
自動的に思考は停止する。

・お金儲け、ビジネスはあくまで自助努力。

・ユダヤでは、ことお金やビジネス、学問、学業に関しては、神が助けない。
どうしたらお金が儲かるか、商売がうまくいくか、
学業が成就するかといったアドバイスなど、聖書のどこにも書いていない。

・ユダヤの人々は、聖書を読んで神の教えを守りながら、
一人一人が自助努力をしていくしかない。
大学やビジネススクール、ロースクール、メディカルスクールで、
彼らは懸命に勉強し、知識やスキルを身につける。
その努力は生半可なものではない。
だから上の学校にいけば行くほどユダヤ人の比率は高くなる。

・ハーバードなどの3分の1はユダヤ人で占められている。
フェイスブックのザッカーバーグ、グーグルのラリー・ページなどはユダヤ人だが、
偶然金持ちになったのではない。
親の教育と懸命な自助努力の結果である。

・リスクを小さく、想定外のトラブルを乗り越えられるか。
この生きるための「基本精神」こそが時代を正確に読み解く能力を鍛え、
ビジネスの成功をたぐり寄せてきた。

・成功哲学の基本書がタルムードだ。
タルムードで頭が鍛えられると誰にも負けない叡智が身に付くのである。
ハバードビジネススクールの教授全員が1000年かかっても、
タルムードの叡智を凌駕する授業内容は教えられない。

・しつこい交渉と少しの成果の積み重ね。
相手が誰であってもあきらめない。

・口こそ最大の武器である。
日本人はプレゼン力を磨け。

・明日にタネをまけ。
夕べにも手を休めてはならない。

・ユダヤ人は常に明日目が吹くかもしれないタネをまき続けている。
どれが実を結ぶかはわからないが、種はまかなければ実らない。
ビジネスでいう種は、企画であり、アイデア、立案である。
企業の活動において、一番儲かるのが企画・立案、そしてハードに関わるコンテンツの販売である。
たとえば、アップルのitunesのビジネスはこの「コンテンツの販売」である。

・アップル、グーグル、インテルなど、大きな利益を上げている企業は、
世界で通用する企画・立案やコンテンツ販売のデバイスやシステムをしっかり持っている。

・何でも疑問を持ち、考え続ける。
これがビジネス成功の大原則である。

・好調なときこそ、苦境への準備をせよ。

・ゼロに戻ったときこそ、新たな自分に出会えるチャンスだ。

・「最も良い教師とは、最も多くの失敗談を語れる教師である」
(ユダヤ格言)

・ユダヤ人が目に見えないものとして大切にしているものがある。
特に大切なのは、芸術、学問、音楽だ。

・幸せは単調な今の中にある。
あなたのいる場所を大切に。

・教育とは「教育することを教育する」ことだ。
これがユダヤ式教育の真髄。

・ユダヤ人の親たちはこう言っている。
「君たちが大人になったとき、子どもの頃に自分がしてもらって良かったと、
思う同じことを自分たちの子どもにしてあげないさい」

・日本とユダヤはまったく別の発想の「家訓」がある。

「三本の矢は束ねれば折れない」(毛利元就)
「五本の矢は一本一本バラバラにせよ」(ロスチャイルド家・家訓)

・ロスチャイルド家の家訓は、リスクを最小限に減らすために、
5本の矢をバラバラにせよと教える。

・ロスチャイルド家のモットーは、勤勉と正直と調和にある。
ロスチャイルド家は今でも同族会社を貫いており、株式を全く公開していない。
公開すれば「マーケット」という魔物に取りつかれるからだ。

・知恵は誰にも奪えない。
ユダヤ人がここまで幼児教育に熱心なのはなぜか。
それはもうおわかりだろう。
お金やモノ、不動産などは目に見える財産は、使えばなくなり、
土地や建物は権力者に奪われる危険がある。
安心して残せるのは、しっかりした倫理観、道徳律と人生を切り開いていく知恵だけであった。
教育によって伝えられた目に見えない財産は、誰にも奪うことはできない。
相続税もかからない。
だからユダヤでは、教育と知恵の伝承を大切にしている。

・形のないものに目を向ける。
知的価値は物的価値に優る。

・人のためにお金を使えば、やがてそれは自分に返ってくるというのが相互扶助の考え方だ。
ユダヤ人の母親が自分の子どもに小銭を渡して、
「物乞いの人に渡していらっしゃい」といったり、
「さあ、募金箱に入れていらっしゃい」と教える場面を、
私は何度も見ている。

※コメント
「タルムード」からくる考え方は奥が深い。
最初は、ユダヤ商法やお金の儲け方を期待して、読み始めた。
しかし、それ以上に高いレベルの考え方を発見できたことは喜ばしい。

★石角完爾『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2b01vf3

★石角完爾『ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2b6TS52

◆ご提供中の小冊子、一覧はこちらです↓

http://ameblo.jp/jyoho2040/theme-10092117391.html

・世の中が好況に躍っている時には、みなと一緒に浮かれることなく、
手を広げすぎるリスクを避け、慎重に行動する。
これがユダヤ式のリスク管理であり、また「お金儲け」の鉄則でもある。

・物事には何にでもリスクがあるとユダヤ人は考える。
その意味でいえば、ユダヤ人に「想定外」という言葉はない。

・悲劇の歴史の中でユダヤ人が、困難を切り抜け、生き延びてこられたのは、
ヘブライ聖書とタルムードという知恵の安全律があったからだ。
どんな困難にめぐり合っても、ユダヤ人は常にヘブライ聖書とタルムードの律法に身の処し方、
決断のアドバイスを求めてきた。
生きるために、日々の幸福を得るために、
彼らはこの2つを勉強している。

・ヘブライ聖書は約3000年前、タルムードは約1500年前に、
今の形ができたと言われている。
ヘブライ聖書は、モーゼ五書、別名「トーラー」と呼ばれる。
「創世記」「出エジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」の書物が基本になっている。
そして、口伝律法とヘブライ学者の議論を書き留めた議論集が、「タルムード」である。

・タルムードとは、古代ヘブライ語で「研究」「学習」を意味する言葉。
盛り込まれている内容は、日常生活の慣習や医学、衛生、子育て、紛争解決、
家庭から恋愛にいたるまで、あらゆる事柄についていろいろな規範と、
それに関する詳細な議論のすべてを記している。
400ページからなる書物が30冊以上ある膨大な量で、
ユダヤ人はこれを毎日少しずつ読んで勉強する。

・ヘブライ聖書やタルムードにまつわるさまざまな説話は、
人生に起こり得るあらゆる問題を知り、
柔軟に対処する術を身につけるための尽きせぬ知恵の宝庫である。
ユダヤ人は幼い頃からこの知恵の宝庫に学び、考え、
自由奔放に思考を巡らせ、困難を切り抜けてきた。

・心の平穏はお金次第。

・ユダヤ人は「お金を至上のもの」と考えないが、
見下したり軽蔑したりすることはない。
ユダヤ格言の中には、お金にまつわるたくさんの知恵が語られている。

「夏の暑いときにこそ冬のストーブの燃料代を蓄えよ」
「明日にやる仕事を今日やり、今日買うものを明日にすれば金は貯まる」
「金を数えるには3つの方法がある。倹約、節約、勤勉だ」

・ユダヤ人は疑問を見つけては物事を深く考え、常に頭の中をフル回転させている。
日本人の何倍もの時間を使って勉強し、考え討論し、また勉強に打ち込む。

・ユダヤ人はヘブライ聖書の勉強を通じ、世界の誰よりも人間の本質を知り尽くしている。
だとすれば、人間を知り尽くしている人にお金が寄ってくるのは自然なことなのだ。
なぜなら金は人間が作り出したものだからだ。

・失ったものの大きさに成功は比例する。
「自己犠牲なくして成功は得られない」
という金銭哲学を超えた人生哲学なのだ。

・豊かさの次には必ず大貧困が襲ってくる。
良いことの次には必ず非常に悪いことが起こる。
抜け出せるのは準備した人だけ。
ヘブライ聖書ほど現代のビジネスマンにとって役立つ読み物はない。
内容の薄い経済新聞やハウツー本を読むよりよほど役に立つ。

・「徳行は隠れて行え」
というのがユダヤ哲学だ。

・「惜しみなく与えれば、必ずそれは戻ってくる」

・どんなに裕福な暮らしをしていても、いつかは人生ご破算になる時期が来るものだ、
とユダヤ人はどこか泰然としている。
アメリカの財務長官だったロバート・ルービンもウォールストリート出身だが、
生き馬の目を抜く証券界にあって、
「すべてを失っても、好きなパリのセーヌ川の川岸で哲学書を読む人生を送れば良い」
と泰然としていた。

・小さな儲けにとどめよ。
それを繰り返せ。
権力は移りゆくもの。

・財産を見せびらかすと身を滅ぼす。
人目には普通の雀と映るのが安全。
安全に、目立たず少しずつ。

・偽装商法は幸せを遠ざける。
正直な生き方にお金は宿る。

・「ウィズダム」(懸命で賢明な生き方)こそお金を引き寄せる。

・ウィズダムにはお金を払う。
対価・犠牲なしで賢明さは身に付かない。
熟慮と慎重というウィズダム。

・人のためにお金を使えば、長く幸せになれる。

・ユダヤでは、貧しく質素な食事で十分豊かかに過ごせると考える。
簡単に言えば、「美味いものを食べてばかりいると、バカになる」

・食事がまず粗食でなければ豊かな思考ははぐくまれない。
勉強や議論が大事だ。
グルメ情報を追いかけ、美味いもの三昧をし、
休日は勉強などせずゴルフに行くだけ、という生活をしていたら、
自動的に思考は停止する。

・お金儲け、ビジネスはあくまで自助努力。

・ユダヤでは、ことお金やビジネス、学問、学業に関しては、神が助けない。
どうしたらお金が儲かるか、商売がうまくいくか、
学業が成就するかといったアドバイスなど、聖書のどこにも書いていない。

・ユダヤの人々は、聖書を読んで神の教えを守りながら、
一人一人が自助努力をしていくしかない。
大学やビジネススクール、ロースクール、メディカルスクールで、
彼らは懸命に勉強し、知識やスキルを身につける。
その努力は生半可なものではない。
だから上の学校にいけば行くほどユダヤ人の比率は高くなる。

・ハーバードなどの3分の1はユダヤ人で占められている。
フェイスブックのザッカーバーグ、グーグルのラリー・ページなどはユダヤ人だが、
偶然金持ちになったのではない。
親の教育と懸命な自助努力の結果である。

・リスクを小さく、想定外のトラブルを乗り越えられるか。
この生きるための「基本精神」こそが時代を正確に読み解く能力を鍛え、
ビジネスの成功をたぐり寄せてきた。

・成功哲学の基本書がタルムードだ。
タルムードで頭が鍛えられると誰にも負けない叡智が身に付くのである。
ハバードビジネススクールの教授全員が1000年かかっても、
タルムードの叡智を凌駕する授業内容は教えられない。

・しつこい交渉と少しの成果の積み重ね。
相手が誰であってもあきらめない。

・口こそ最大の武器である。
日本人はプレゼン力を磨け。

・明日にタネをまけ。
夕べにも手を休めてはならない。

・ユダヤ人は常に明日目が吹くかもしれないタネをまき続けている。
どれが実を結ぶかはわからないが、種はまかなければ実らない。
ビジネスでいう種は、企画であり、アイデア、立案である。
企業の活動において、一番儲かるのが企画・立案、そしてハードに関わるコンテンツの販売である。
たとえば、アップルのitunesのビジネスはこの「コンテンツの販売」である。

・アップル、グーグル、インテルなど、大きな利益を上げている企業は、
世界で通用する企画・立案やコンテンツ販売のデバイスやシステムをしっかり持っている。

・何でも疑問を持ち、考え続ける。
これがビジネス成功の大原則である。

・好調なときこそ、苦境への準備をせよ。

・ゼロに戻ったときこそ、新たな自分に出会えるチャンスだ。

・「最も良い教師とは、最も多くの失敗談を語れる教師である」
(ユダヤ格言)

・ユダヤ人が目に見えないものとして大切にしているものがある。
特に大切なのは、芸術、学問、音楽だ。

・幸せは単調な今の中にある。
あなたのいる場所を大切に。

・教育とは「教育することを教育する」ことだ。
これがユダヤ式教育の真髄。

・ユダヤ人の親たちはこう言っている。
「君たちが大人になったとき、子どもの頃に自分がしてもらって良かったと、
思う同じことを自分たちの子どもにしてあげないさい」

・日本とユダヤはまったく別の発想の「家訓」がある。

「三本の矢は束ねれば折れない」(毛利元就)
「五本の矢は一本一本バラバラにせよ」(ロスチャイルド家・家訓)

・ロスチャイルド家の家訓は、リスクを最小限に減らすために、
5本の矢をバラバラにせよと教える。

・ロスチャイルド家のモットーは、勤勉と正直と調和にある。
ロスチャイルド家は今でも同族会社を貫いており、株式を全く公開していない。
公開すれば「マーケット」という魔物に取りつかれるからだ。

・知恵は誰にも奪えない。
ユダヤ人がここまで幼児教育に熱心なのはなぜか。
それはもうおわかりだろう。
お金やモノ、不動産などは目に見える財産は、使えばなくなり、
土地や建物は権力者に奪われる危険がある。
安心して残せるのは、しっかりした倫理観、道徳律と人生を切り開いていく知恵だけであった。
教育によって伝えられた目に見えない財産は、誰にも奪うことはできない。
相続税もかからない。
だからユダヤでは、教育と知恵の伝承を大切にしている。

・形のないものに目を向ける。
知的価値は物的価値に優る。

・人のためにお金を使えば、やがてそれは自分に返ってくるというのが相互扶助の考え方だ。
ユダヤ人の母親が自分の子どもに小銭を渡して、
「物乞いの人に渡していらっしゃい」といったり、
「さあ、募金箱に入れていらっしゃい」と教える場面を、
私は何度も見ている。

※コメント
「タルムード」からくる考え方は奥が深い。
最初は、ユダヤ商法やお金の儲け方を期待して、読み始めた。
しかし、それ以上に高いレベルの考え方を発見できたことは喜ばしい。

★石角完爾『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2b01vf3

★石角完爾『ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2b6TS52

◆ご提供中の小冊子、一覧はこちらです↓

http://ameblo.jp/jyoho2040/theme-10092117391.html

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ