◆徳安茂『インテリジェンス大国バチカンの政治力』を読み解く

◆徳安茂『インテリジェンス大国バチカンの政治力』を読み解く
(なぜローマ法王は世界を動かせるのか)

※要旨

・自分の言葉で話す、原稿を読まない法王。

・少数精鋭のスピード外交と忍耐外交。

・世界中に張り巡らせれた情報ネットワーク。

・バチカンが誇るソフトパワー。

・欧州の歴史はバチカンが中心。

・欧州動乱の裏にバチカンあり。

・日本製品がバチカンの運営を下支えする。

・フランシスコ法王の人気の秘密は、
類まれなるコミュニケーション能力もその一つに違いない。

・彼の原稿に頼らず、聞き手の目を見ながら直接、
自分の言葉で話しかけるというスタイルは、
とくに国際ジャーナリストの間では大好評である。

・ワインのような老人力。

・バチカンの世界にあっては、神童の天才性より、
老人の成熟と経験がより重要な意味をもつのである。

・あるワイン通のバチカン外交官は70歳であった。
彼はこう言っていた。
「最高品質のワインをつくるためには長い年月を必要とする。
私は自分自身を『熟成を続けるオールド・ヴィンテージ・ワイン』
だと思っている。
もちろんフレンチではなく、イタリアンだがね」

・世界中に張り巡らされた情報ネットワーク。
法王庁には、正式な外交使節からの情報のみならず、
世界各地に根を張った司教区や末端の教会から
上がってくる膨大な情報が蓄積させている。

・問題のある国においても
チャンネルを閉ざすことなく、
困難な活動を継続するバチカンの姿勢は、
宗教的な信念に下支えされているにせよ、
実利的な外交資産をともなっている。

・北朝鮮におけるバチカンの情報収集能力は
隠れた宝の山ともいえる。

・一見すると、さほど意味のない情報をつなぎ合わせ、
これまで得られた知見も加味して分析を施し、
「商品」に仕上げるのがインテリジェンスに携わる者の
腕の見せ所である。

※コメント
改めて、バチカンの隠れた情報力を垣間見た。
情報力には、歴史の積み重ねが大切だ。

★徳安茂『インテリジェンス大国バチカンの政治力』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2y0qWVR

★小川秀夫『ぬるま湯浴のすすめ:ガンの自然免疫療法』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2y0uQOe

◆秘密結社、9つの錬金術、アンソニーロビンス。

http://directlink.jp/tracking/af/237165/HLcp2vHL-PqT0pFrU/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ