RPE : ★北野の本について

★北野の本について

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

私はこれまで、紙の本を6冊出しました。

一冊目は、

●ボロボロになった覇権国家 風雲舎

(詳細は→ http://amzn.to/2vHRFIW )

です。

この本は、2005年、私が34歳のときに出した本です。

05年、アメリカは、世界唯一の超大国でした。

しかし、私はこの本の中で、「アメリカ発の危機が起こる。アメリ
カの没落は近い」と主張しました。

この本は、「東洋経済」に書評が載るなど、一部注目されました。

(東洋経済の書評 → http://rpejournal.com/syohyo.jpg )

とはいえ、99%の人は、「そんなバカな!」という感じでした。

ところが、世界は08年9月、リーマンショックから「100年に1度
の大不況」に突入。

アメリカの没落が誰の目にも明らかになり、「どうしてわかった
のですか?」とメールが殺到しました。

二冊目は、

●中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日 (草思社)

(詳細は→ http://amzn.to/2vHRu0e )

07年の本です。

これは、アメリカ一極主義と、ドイツ、フランス、ロシア、中国・
多極主義の戦いを描いたもの。

中ロが「事実上の同盟国」になったのは、05年です。

しかし、2014年のクリミア併合以降、両国のつながりは、さらに
強固になった。

それで、「最近、中ロ同盟を読みました。10年前の本なのに、ま
ったく古さが感じられません」とメールをいただきます。

三冊目は、

●隷属国家日本の岐路~今度は中国の天領になるのか(ダイヤモンド社)

(詳細は→ http://amzn.to/2vHVC0h

08年9月、リーマンショック直前に発売されました。

この本は、初めての「提言本」です。

「日本は、こうすれば自立国家になれますよ」と。

しかし、本の中で、重要な予測もしています。

一つは、「日本で近々、親中反米政権が誕生しますよ」。

1年後、まさに親中反米の鳩山政権が誕生しました。

二つ目は、「尖閣から日中対立が激化しますよ」。

これは、2年後に実現しました。

2010年の尖閣中国漁船衝突事件、12年の尖閣国有化で、日中関係
は戦後最悪になってしまった。

4冊目は、

●プーチン最後の聖戦 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

2012年出版。

この本は、まさにプーチンの戦いの真実を描いたもの。

1、プーチン と ユダヤ系新興財閥の戦い
2、プーチン と アメリカの戦い
3、米ロ再起動の時代と、メドベージェフの裏切り
4、プーチンが戻ってきて、アメリカとの戦いが再開される

プーチンは、08年~11年、首相だったのですね。

この期間は、メドが大統領。

米ロ関係は、概してよかった。

しかし12年にプーチンが大統領に復帰し、「再び戦いがはじまる」
と。

皆さん、結果はご存知です。

この本は、5年間で6刷。

いまだによく読まれています。

立花隆先生にも、

「プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。」

と褒めていただきました。

(●立花隆先生の書評は↓
http://rpejournal.com/tachibana.html )

5冊目は、

●日本自立のためのプーチン最強講義 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )

これは、2013年の本です。

この本は、もっとも不真面目で、私一番のお気に入り。

パラレルワールドのロシアで、クーデターが起こった。

プーチンは、日本に亡命します。

そこで、復帰した矢部総理と出会う。

プーチンは、矢部総理に、「日本が自立できる秘策」を伝授します。

矢部総理とは、いうまでもなくパラレルワールドの安倍総理です。

そして6冊目は、

●クレムリン・メソッド (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM  )

2014年の本です。

この本、内容どおりタイトルをつけるとしたら、

「あなたが世界の未来を知る方法」

となるでしょう。

この本を、繰り返し読むと、勝手に世界の未来がわかるようにな
るのです。

最近、この本について、こんな動画を見つけました。

私も仰天。

すごいので、是非ごらんください。

https://www.youtube.com/watch?v=ABKsB_90SA0

(●「クレムリン・メソッド」(北野幸伯著)
中学生から、100回読み返して欲しい本!
【前を向いて歩こう339】 )

▼ところで、北野の新刊は????

というわけで、いままでの本の紹介でした。

ところで、最後のクレムリン・メソッドが出たのは、2014年。

その後、約3年も本が出ていません。

それで、

「北野さんの新刊はいつでるのですか?」

というメールをたくさんいただきます。

いろいろ事情があり、時が流れてしまいました。

しかし、新刊の準備は、着々と進んでおります。

決まりましたら、また告知させていただきます。

日本がサバイバルするために、非常に重要な内容になっています。

本が出る際には、なにとぞ応援よろしくお願いいたします。

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。

【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM )

●面白かったら、拡散お願いいたします。>

▼おたよりコーナーへ
=====================

【北野幸伯の激面白本】

●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )

「日本自立本」の決定版!

最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!

これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。

しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。

行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。

その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?

懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。

「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?

・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?

・難問TPPにどう対処すべきか?

・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?

・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?

・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋を、完璧に理解できるようになっていることでしょう。

●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ