RPE : ★インド太平洋戦略の「知的所有権」は、アメリカにくれてやれ!

★インド太平洋戦略の「知的所有権」は、アメリカにくれてやれ!

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

●今年も「まぐまぐ大賞」の投票がスタートしました。

皆さんの中で、「ロシア政治経済ジャーナルは役にたって
いるぞ!」という方がいれば、

一票投じていただけると、とてもうれしいです。

よろしくお願いいたします。

詳細は。

http://bit.ly/2hkvErb

●新刊の準備、着々と進んでいます。

ついに、表紙ができました。

テーマは、「中国に勝つ方法」です。

軍事費が日本の4.6倍の核大国に、どうすれば勝つことが
できるのでしょうか???

では、本題。

インド太平洋戦略、さらに進展しました。

<<日米豪印>インド太平洋で結束 中国をけん制

毎日新聞 11/13(月) 23:33配信 

【マニラ高本耕太、朝日弘行】マニラ訪問中の安倍晋三首相は13
日、トランプ米大統領、ターンブル豪首相との日米豪首脳会談に臨
んだ。

日米両国は「自由で開かれたインド太平洋戦略」を掲げ、オースト
ラリア、インド両国との連携を強化する方針。>

日本とアメリカは、オーストラリア、インドを「インド太平洋戦略」
に入れたいのですね。

トランプさんは、インドのモディさんにも会っています。

<また米印首脳会談でモディ氏はトランプ氏に対して「アジアの未
来のため共に歩む」と協調姿勢を示した。>(同上)

ちなみに、この「インド太平洋戦略」、考案したのは安倍さんなの
です。

<インド洋から西太平洋にまたがる広い地域で民主主義や法の支配
に基づく秩序を構築するとのインド太平洋戦略は、もともとは日本
が提唱していた。>(同上)

具体的にいうと、2016年8月、ケニアで開かれたアフリカ開発会議
(TICAD)の基調演説で、

安倍総理は、初めてこの言葉を使った。

ところが、アメリカ側は、「ワオ!センスいいじゃないか?!」と
思ったのでしょう。

トランプさんは、あたかも「俺が考え出した戦略だぞ!」という感
じで、バンバン使いはじめました。

<トランプ氏の5日からのアジア歴訪でも、

トランプ政権のアジア政策の中核的な概念として繰り返し言及し
ている。>(同上)

「繰り返し」使っているのです。

ちなみにティラーソンさんも、使っています。

産経新聞11月12日を見てみましょう。

<安倍首相が昨年8月に提唱したインド太平洋戦略は、河野太郎外
相らが共有を呼びかけていた。

これに米側が応じ始めたのは今年の10月中旬。

ティラーソン米国務長官が講演で、自由で開かれたインド太平洋の
重要性を強調した。

 「勝手に使って悪かった」

 「いいんだ。どんどん使ってくれ」

今月上旬、ティラーソン氏が借用をわびると、河野氏はこう歓迎し
た。>

ティラーソンさんは元エクソン・モービルのCEOで、スーパービジ
ネスマン。

それで、「知的所有権は日本にあるのに、勝手に使用してごめんな
さい」という意味で詫びた。

河野さんは、実にナイスな反応をしました。

「どんどん使ってくれ!!!」

なぜ、これがナイス?????

▼目指すは、「アメリカ中心」の「対中バランシング同盟」

この前も書きました。

アメリカ、インド、オーストラリアは、「インド太平洋戦略」に同
意しています。

しかし、これらの国々の首脳は、「反中と親中」の間で、ゆらゆら
している。

トランプさんは、「私は、彼が大好きだ!」

「彼は、毛沢東よりも偉大だ!」

などと、習近平を大絶賛しています。

モディさんは、日米といい関係を保っている。

その一方で、インドは2015年、中国、ロシアが主導する「反米
の砦」=「上海協力機構」(SCO)の正式加盟国になった。

オーストラリアのターンブル首相は、「親中」です。

他国がこんな感じなのに、日本だけが反中でガンガン攻めれば、
孤立します。

トランプ、モディ、ターンブル「ちょっと安倍さん、そんなに

マジにならないでよ!」

「俺たちは、中国と金儲けもしたいんですからね!」と。

では、どうするか?

トランプさんに「インド太平洋戦略」を主導してもらえばいい。

トランプが、「インド太平洋戦略、ガンガンいくぜ!」といったら、

安倍さんは、「そうだ、そうだ!」。

トランプが、「やっぱ、北朝鮮問題で習近平の協力がほしいからイン
ド太平洋戦略、お休みね!」

といったら、

安倍さんは、「そうだ!そうだ!」。

これなら、

1、トランプさんは、「インド太平洋戦略」を主導する立場なので、
プライドが満たされる。

2、安倍さんは、戦略を主導していないので、中国の憎悪と反撃を
受けなくてすむ。

というわけで、ティラーソンさんが、勝手に「インド太平洋戦略」

という用語を使ったら、

「いいんだ!ドンドン使ってくれ!」

というのが正解なのです。

▼え~「インド太平洋戦略」に中国を入れる?????

さらに、安倍さんは、とても面白いことをいっています。

毎日新聞11月15日。

<トランプ米大統領と合意した「自由で開かれたインド太平洋戦
略」の推進に関し、14日夜のフィリピンでの記者会見では

「この地域の平和と安定に向け、日本と中国が協力を深化させて
いく必要がある」

と述べ、中国も排除しない考えを示した。>

面白いですね~。

中国にむかって、「対中包囲網に入りませんか?」といっている。

これって、アメリカの金融覇権を脅かすAIIBに、中国が

「アメリカも入りませんか?」

と勧めているようなものです。(実際、勧めています。)

しかし、安倍総理のこういう発言で、中国の怒りは緩和されます。

日本では、「中国に勝つ方法」というと、

「大軍拡を!」

とか、

「核武装を!」

とか「勇ましい」論が好かれます。

しかし、中国の軍事費は、日本の4.6倍。

さらに、相手は核兵器大国です。

こんなもん、まともに戦ったら、勝てるわけがないでしょう?

だから、安倍総理のように、誰とも争わないよう努力しながら、

ゆっくり着実に目的を達成していくのです。

●PS1

現在、「戦わずに中国に勝つ方法」に関する本を準備しています。

完成したら告知しますので、応援よろしくお願いいたします。

●PS2

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。

【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM )

●面白かったら、拡散お願いいたします。>

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ