◆高杉良『東京にオリンピックを呼んだ男』を読み解く

◆高杉良『東京にオリンピックを呼んだ男』を読み解く

※要旨

・1959年、
田畑は、日本オリンピック委員会(JOC)総務主事で、
委員長は竹田恒徳だが、
東と石高真五郎の両IOC委員、
前都知事の安井誠一郎、NHK解説委員の平沢和重らが
日本代表団として、IOC総会の行われるミュンヘンに顔をそろえた。

・平沢は、プレゼンテーションの説明役である。

・平沢を推したのは外務省の北原である。

・平沢は、元外交官だが、戦前、
ワシントンの在アメリカ日本大使館に勤務していた時代、
語学力をつけるためにベイツ大学に学んだほどだから、
英語もフランス語も堪能だった。

・開催国決定の投票当日の平沢の名説明ぶりは、
語り草になっているほど素晴らしい出来栄えであった。

・平沢は、デトロイト商工会議所会頭の次に登壇した。
持ち時間の45分をオーバーして、
1時間も原稿を棒読みされて、
うんざりしていた58人のIOC委員たちに、
わずか15分で簡潔にまとめた平沢のスピーチは、
さぞかしアピールになったであろう。

・平沢は、フランス語ではなく、
英語で、次のように語りかけるように話した。

・「昨年東京で開催されたIOC総会で、ブランデージ会長は、
『IOCは初めて五輪の5つ目の地域のアジアに来た。
これでやっと5つの輪がつながった』と話されました。
日本国民は次にぜひ東京でオリンピック大会を開いて、
真にオリンピックがアジアと手をつなぐときを
待ち焦がれています」

・「西欧の人々は、日本をファーイースト(極東)と呼びますが、
ジェット機時代を迎えた今は、ファー(遠い)ではありません。
国際間の人間同士のつながり、
接触こそが平和の礎ではないでしょうか」

・「西欧に咲いた花を東洋でも咲かせていただきたいのです」

・平沢が降壇するとき拍手が沸き起こった。
インドのソンディIOC委員から、平沢は、
「短くてわかりやすかった。
これで東京に決まりだ。
おめでとう」と、
握手を求められた。

※コメント
ビッグイベントの裏には、
多くの人々の努力がある。
あたらめて、それを感じた。

★高杉良『東京にオリンピックを呼んだ男』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2oxVR8j

◆ビジネスと出版の不思議な関係。

http://directlink.jp/tracking/af/237165/guFES3LZ-lnKH0jJp/

・出版社、編集者の心を鷲掴みにして、
離さない「企画書の生原稿」。

・未来の成否の分かれ目となる、
「重版の知られざる真実」

・高年収を突破する、ビジネスと出版の鍵。

・3,000社からアナタにメリットをもたらす、
出版社の選択基準。

◆特報・小冊子PDF『ハイレベル恋愛術』ご案内。

※お申込みフォーム↓

https://ws.formzu.net/fgen/S9762224/

★小冊子PDF『ハイレベル恋愛術』の目次と詳細。

◆枯れない男のテクニック
◆異性に暗示をかける技術
◆稼げる男のテクニック
◆ポリネシアン
◆中国の秘伝、房中術

◆ドイツの文豪ゲーテに学ぶ恋愛術
◆パーティでウケる技術をマスターする
◆女性を楽しませるとっておきの秘訣
◆女性を惹きつける行動様式
◆理想の女性に出会う秘訣
◆スパイがマスターしたい最強の恋愛パワー

◆情報マンのモテる話術
◆いい女性と付き合っている情報マンの小さな習慣
◆モテる情報マンの即効フレーズ集
◆モテる男の魔法の力
◆情報マンに学ぶフェロモンの出し方

※価格
5,000円(PDF版のみ)

※お支払い方法
銀行振込、カード払い(ペイパル)

※ページ数
A4サイズ:55ページ

※お申込はこちらから↓

https://ws.formzu.net/fgen/S9762224/

 

オールインワンエマルジョン「ナノクリア」

http://aff.i-mobile.co.jp/ad_link.ashx?pid=50210&advid=36628&psid=30203

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ