◆竹中平蔵『大変化:経済学が教える2020年の日本と世界』を読み解く

◆竹中平蔵『大変化:経済学が教える2020年の日本と世界』を読み解く

※要旨

・大事なのは「地図」ではなく「コンパス」を持っているか、
ということだ。

小さな成功体験に満足することなく、
常に時代を読んで変化する勇気を持っているか。
それはアセアン各国に限らず、日本企業にも、
さらには私たち個々人の仕事についても言えること。

・じつは、民主党政権下で郵政民営化路線が改変されそうになったとき、
私は政界を引退されていた小泉さんのもとを訪ねた。

民営化の意図が骨抜きにされるのではないか、
何か手を打つべきではないかと
相談申し上げるためだ。

しかし、小泉さんの答えは得意の「ワンセンテンス」だった。
「放っといたらいい、
放っといたらいいんだ。
大きな流れは誰にも変えられないから」

結局、小泉さんの見立ては正しかった。

・私たちが見定めるべきものは、
まさに「大きな流れ」だろう。

それがわかれば、自分が何をすべきか、
どう生きるか見えてくる。
小さな変化に一喜一憂せず、
泰然自若としていられるのだ。

・知識がすぐ陳腐化してしまう世界になっている。
「自力」を鍛えることがますま必要だ。
アメリカの大学では、
最初の4年間で基本的な教養を広く学ぶのが一般的だ。

それを踏まえて、ビジネス、法律、メディカルなどの
専門スクール、つまり大学院で技術を身につける。

一見すると遠回りに思えるが、
幅広い知識を吸収して世の中を知り、
自分の頭で考える下地をつくるという意味で、
欠かせないプロセスなのだ。

・日本には世界に類のない、大きなアドバンテージがある。
「東京圏」という世界最大の都市圏の存在だ。

世界中の企業や人がひきしめあう東京では、
さまざまなおもしろい出合いがあり、
イノベーションが生まれやすいのだ。

・2027年、リニア新幹線で「超大都市圏」が誕生する。

・日本の農業の未来は「オランダ式」にある。

・空港が日本経済を羽ばたかせる起爆剤となる。
羽田空港を「片田舎の空港」から「世界のハブ空港」へ。

・空港は地域活性化の原動力になる。

・アセアンは「コネクティビティ」で進化する。

・「コネクティビティ」とは、
一般に通信機器のつながりやすさを示す言葉だ。
アセアンでは、加盟国の中でさまざまなつながりを
持つという意味で使われる。

例えば、国境をまたいで鉄道をつなげる、
高速道路をつなげる、
制度も共通してつなげる、など。

※コメント
政治経験と圧倒的な研究が混ざると、
ものすごいパワーとなる。
これはビジネスでも政治でも役に立つ。

★竹中平蔵『大変化:経済学が教える2020年の日本と世界』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1p3vBSn

◆出口汪、人生を変える言葉の授業、カリスマ現代文講師。

http://directlink.jp/tracking/af/237165/BjeevoDn-fZeECxQa/

・言葉の原理原則を理解しないで、
情報を受け取っても
本当の意味に気づけない

・言葉の構造を知れば
世界が変わる

・言葉を理解できれば、
世の中が見えてくる。

◆小冊子PDF『陸軍中野学校・全研究』のご案内。

※お申込みフォーム
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090

●小冊子『陸軍中野学校・全研究』目次と内容

◆陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
◆現代に生きる陸軍中野学校のDNA
◆中野学校の歴史的意義
◆陸軍中野学校の教材『諜報宣伝勤務指針』を読み解く
◆陸軍中野学校の教育内容・具体例
◆中野学校の哲学と人生観
◆中野校友会『陸軍中野学校』を読み解く
◆吉野で学ぶ楠公精神
◆陸軍中野学校・教科書『破壊殺傷教程』の読み方
◆『国体の本義』を読み解く
◆『神皇正統記』から中野学校のインテリジェンス理念を読み解く
◆中野学校の手本「情報将校・明石元二郎」
◆中野学校創設者・秋草俊の『合理と情報』に学ぶ
◆吉原政巳『中野学校教育、一教官の回想』を読み解く

※価格
5,000円(PDF版のみ)

※お支払い方法(前払い)
銀行振込、カード決済(ペイパル)
(申込み後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします)

※ページ数
A4サイズ:57ページ

※お申込はこちらから↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P11066090


____________________________________
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

公式ブログ『国際インテリジェンス機密ファイル』

http://ameblo.jp/jyoho2040/

コメントを残す

このページの先頭へ