◆千田琢哉『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』を読み解く

◆千田琢哉『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』を読み解く

※要旨

・成功する人は、ベストコンディションを待たない。

・緊張しないためには練習でがんばること。
「これだけ準備してダメなら清々しい」と思えるくらい準備する。

・負け試合を最後まできちんと戦える人が、次代を創る。
負け試合を真剣に戦っている人を、実力者は決して見逃さない。
見ている人は見ている。
大差で負けている時こそ、その人の素顔が出る。

・言い訳しているうちは、準備不足の証拠。

・前例がないほうが、失敗しても許される。

・よく考えて行動する人は、何も考えないで行動する人には敵わない。
ロジカルに愛を伝えてはいけない。
抱きしめてから「好きだ」って言わないと、君の本気は伝わらない。

・とりあえずやっていないと、本当の意味はわからない。

・最初の1回目をやるより100回やるほうが、ずっとやさしい。
「はじめの一歩」をいかに早く経験するかで人生は決まる。

・圧倒的「仕事量」で周囲を驚かせた人が、将来大物になる。
上司やお客様から依頼されたら、相手の期待の10倍の量をこなしておくことだ。

10倍の量をこなすためには10倍のスピードが求められる。
量とスピードを圧倒的にこなす人が、将来抜きん出てくるのだ。

・20代ではまず量をこなす。
30代では、もっと量をこなす。

・とことん凹んだら、おいしいものを食べて泥のように眠る。

・プレゼン当日には、訪問先で会った人すべてに自分から挨拶する。
秘書や受付での挨拶は超重要だ。
大人の挨拶は、すべて自分から発信するもの。

・同じ会社から3人以上でゾロゾロやってくる人は、二流。
伸びる会社の訪問者数はいつも一人。
沈む会社の訪問者数はいつも3人以上。

・過去の栄光を手放すと、その10倍の栄光がやってくる。
夢を実現させたかったら最初に過去の栄光を捨てる。

・成功に必要なことは、現在の延長線上にはないことを知る。
もし、今の延長線上にあなたが目指す大成功がないと気付いたとしよう。
最初にやることは簡単だ。
これから10年間は、今までの人間関係をすべて断ち切ると決断することだ。

・人脈は作るものではなくて、勝手にできるもの。
人脈が豊富な人ほど、一人で行動している。

・いい異性がいたら、さらりと予約を入れておく。
恋愛の予約は、拍子抜けするほど早く順番が巡ってくるときもある。

・「いい出逢いがない」と言う人は、いい出逢いの前で相手にされない。
出逢いの可能性は、100%自分次第。

・迷うくらいだったら、絶対に結婚するな。
本当に好きな人とだったら、全世界を敵に回してでも地獄の超特急に二人で飛び乗れる。
真の本命の前では、人はいっさい迷わない。

・世界中を敵に回してもいいと思えるなら、迷わず結婚する。

・量をこなすのは、謙虚になるため。
歴史に名を残す偉人たちは、遺した「量」が桁違い。

・権力は必ず滅びるが、学問は永続する。

・ジョン・ロブの靴を履いた瞬間、迷いが消えた。
社会人になりたての頃、ジョンロブの靴を買った。
ちょうど10万円だった。

初任給の手取りの大半がぶっ飛んだが、未だにこの靴から学ぶことは多い。
何か一つでいいから、若いうちから本物を身につけてみる。

・高級ホテルに通うと、幸せ菌に感染できる。
ホテルで待ち合わせ場所に指定したり、

ラウンジでコーヒーを飲む機会を増やしたりすることをオススメしたい。
人は同じ空気を吸っている人同士で、人生を創っていく。

・値切るたびに、人望を失っている。
理不尽に値切り倒す人や組織は、まもなく消滅していった。

・どちらの本を買うか迷ったら、2冊とも買えば年収が2倍になる。

・世間体を捨てると、嘘のように人生が楽になる。
世間の正体は、たったの数十人。
どうってことはない。

・どんなに大きな悩み事でも、すでに誰かが経験している。

※コメント
たくさんの良い言葉に溢れている。
赤ペンが何本あっても足りないくらい、赤線を引いてしまった。
長い付き合いになりそうな一冊だ。

★千田琢哉『ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉』の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/UFeAhr

◆江崎道朗『日米開戦の真実とコミンテルン・スパイ』ご紹介。リアルインサイト。

http://directlink.jp/tracking/af/693532/hCIqcpD8/

★月額料金
4,980円

★「リアルインサイト」12月号、コンテンツ

・「ヴェノナ文書」が暴いた衝撃の事実 
ソ連を大戦最大の勝者にした謀略の正体

・ブッシュ元大統領はなぜの「ヤルタ体制」を「史上最大の過ちの一つ」と評したのか

・コミンテルンとは何か? 
その謀略がもたらしたものと今も終わらない影響の実態

★江崎 道朗氏

1962年東京生まれ。
九州大学卒業後、雑誌編集者や国会議員政策スタッフ等を経て、安全保障・インテリジェンス・近現代史研究に取り組む。

2014年より月刊『正論』誌で「SEIRON 時評」を連載中。

米大統領選前に 『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』でアメリカのマスメディアの偏向とトランプ氏勝利の可能性を主張。

今年8月刊行の『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』は400ページを越える大部であるにも関わらず好調な売れ行きとなるなど、著書多数。

最新刊には 『日本は誰と戦ったのか』がある。

コメントを残す

このページの先頭へ