◆エドワード・ルトワック『自滅する中国:なぜ世界帝国になれないのか』を読み解く

◆エドワード・ルトワック『自滅する中国:なぜ世界帝国になれないのか』を読み解く
(奥山真司氏・監訳)

※要旨

・戦略は「常識」とは違う。
それは逆説的な論理を持っており、
直接的な行動を皮肉的・矛盾的な結果によって罰することになるのだ。

したがって中国がその台頭する力を周辺国に対する領有権の主張という形で表現すると、
それが敵対的な反応を発生させることになる。

そして、影響力(ソフトパワー)を
破壊することによって全体のパワーを減少させることになる。

・現在の中国問題について、私は「中国の専門家」ではなく、
一人の「戦略家」としてアプローチしている。

その理由は、戦略の普遍的な論理はあらゆる文化と
あらゆる時代に完全に平等な形で適用できるからだ。

・本書は2010年にアメリカ国防総省の相対評価局長のアンドリュー・マーシャルによって、
要請された調査の一環として始められたものだ。

彼と長年にわたって何度か一緒に仕事をできたことは名誉であった。
なぜならアンドリュー・マーシャルの戦略思想家としての才能は、
その長期にわたる局長としての仕事のおかげで伝説化しているからだ。

・中国の昔のやり方の名残りの中で最も印象的なものの一つは、
中国の官界が外国の賓客に漏れなく与える歓迎の仕方だ。

こうした賓客には、世界中から
来た政府首脳や国家元首、閣僚のような様々な重要人物がおり、
中には弱小国からの賓客もいる。

・そこで交わされる会話は単なる社交辞令くらいでしかないのだ。
ところが実際にビジネス的な会話がなくても、賓客たちは満足して帰ることになる。
なぜなら絶え間ない儀礼と丹念にもてなされる食事会が続くからだ。

アメリカ国務省では、数時間にわたる会議でも、普通出てくるには薄いコーヒーで、
食事はなにも付いてこない。
これは反米主義をさらに強めてしまうだけだ。

・かつてのドイツの戦略面での無能さは、
国家の破滅的な失敗を引き起こす必須条件であった。

これは傲慢さから始まったのであり、
当時の多くのドイツ人たちは、現在の多くの中国人と同様に、
自分たちの急速な台頭のおかげで自制心が利かなくなっていたのだ。

・中国の台頭する力は必然的に他国の抵抗を増加させることになり、
それがゆえに大戦略レベルではどんどん不利になっていくのだ。
これは中国の軍事力が増加するからであり、
戦略の世界では日常的に発生する逆説的な結果なのだ。

・戦略が政治よりも強いことは、古今東西変わりがない。
そして戦略は、貿易や通商よりも強い。

・中国は北朝鮮への経済支援も継続している。
この経済支援は、おそらく北朝鮮の体制の
生き残りという意味では不可欠なものだ。

この体制が本当に必要とするものは、
エリート層の団結を保つためのまともなレベルの食料と一般消費財だ。

中国は金の使い方をよく心得ているように見える。
なぜならこうすることで、北朝鮮を確実に鎖につないでおけるからだ。

・中国の戦略の失敗は、東アジア全体やそれ以遠にも
アメリカの影響力が拡大していることによって明確にわかる。

とりわけフィリピンや日本との間では、
アメリカとの中断・後退していた同盟関係が復活している。

・アメリカとインドとの間の戦略的協力は、進みが遅く、困難で衝突もあるのだが、
それでも絶え間なく前進している理由は、結局のところは、「中国の軍事力の増大」と、
その、「中国の軍事力の増大」と、にあるのだ。

・本書の内容を理解する上で重要なキーワードが「勝利による敗北」である。
これは勝ち続けることによって相手の反動を呼び起こしてしまい、
その結果として敗北を迎えることになるという逆説的論理である。

・ルトワックは、経済、軍事、政治などの分野における現在の中国の台頭は、
すでに他国が我慢できるレベルを超えてしまい、
戦略の領域における逆説的論理を作動させてしまったと強調している。

※コメント
中国に関する文献は、このところ多数、出版されている。
そのようななか、戦略家、歴史家、経済学者、
国防アドバイザーという複数の顔を持つルトワックの分析は、秀逸だ。
今後、中国問題を語る上で、重要な一冊になるであろう。

★エドワード・ルトワック『自滅する中国:なぜ世界帝国になれないのか』
(奥山真司氏・監訳)
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/124a6gP

★エドワード・ルトワック『戦争にチャンスを与えよ』
(奥山真司氏・翻訳)
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2oummKt

◆人材育成の真髄、加藤秀視・方式。

http://directlink.jp/tracking/af/237165/bO3bRYXP-fvL6mlzF/

・誰からも感謝される人材育成とは何か。

★加藤秀視、プロフィール

・能力開発トレーナー

人の能力を最大限に引き出す独自の育成手法により、
業界・職種を問わず、あらゆる人の人生に劇的な変化をもたらす。

無名のアスリートを世界大会金メダル、オリンピック出場に導く、
中小企業を100億円企業に育てる、
少年院に出入りする非行少年少女・親子1000人以上の問題解決を行う、

数多くのビジネスパーソンや経営者を成功に導くなど、
多方面で実績を残しており、各界からの評価も高い。

◆小冊子PDF『ハイパワー・インテリジェンス講座:特別版』ご案内。

※お申し込みはこちらです↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609

★金額

5,000円(PDF版のみ)

※ページ数

A4サイズ・230ページ

★小冊子『ハイパワー・インテリジェンス講座』目次と内容★

堀栄三『大本営参謀の情報戦記』を読み解く
アレン・ダレス『諜報の技術』を読み解く
CIAに学ぶ情報機関の作り方
レイ・クライン『CIAの栄光と屈辱』を分析する
モスクワの情報活動について学ぶ
CIA秘密訓練所「ザ・ファーム」の真実
CIA東京支局の状況分析
大森義夫「米インテリジェンス機構が直面する問題点」に学ぶ
アメリカ在日陸軍の情報部隊について概況
『陸軍中野学校・極秘計画』を分析する
インテリジェンスと政策の関係:英米政府に学ぶ
伝説の情報機関「F機関」・藤原岩市氏に学ぶ
野田敬生『諜報機関に騙されるな』を分析する
宮崎正弘『ウキリークスでここまで分かった世界の裏情勢』を読み解く
世界経済体制における今後の予測
アフガニスタン駐留米軍の補給ライン情勢
陸軍中野学校の成り立ちと情報教育の成功要因
現代に生きる陸軍中野学校のDNA
『不敗の宰相、大久保利通』を読み解く
防諜に関するノウハウ
指揮官の決断:特務機関長・樋口季一郎に学ぶ
イラク・アフガン作戦における民間軍事会社の動向
ウイリアム・スティーブンソンに学ぶ情報組織の作り方

公安警察の情報収集ノウハウ
仮野忠男『亡国のインテリジェンス』を読み解く
満鉄調査部に学べること
モスクワ対策マニュアル「モスクワの法則」
国家運営のインテリジェンス
中国スパイネットワークの活動状況
スパイから会社の機密情報を守る方法
英国の「戦略的欺瞞工作」
明石元二郎に学ぶ謀略将校の条件
岩中祥史『アナログ主義の情報術』を読み解く
刑事の「マル秘」情報収集法:裏を見通す技術
手嶋龍一『インテリジェンスの賢者たち』を読み解く
中西輝政『情報亡国の危機:インテリジェンス・リテラシーのすすめ』を読む
手嶋龍一氏・講演録『インテリジェンスの賢者たちの対話』
太田文雄『日本人は戦略・情報に疎いのか』を読み解く
ウォルフガング・ロッツ『スパイのためのハンドブック』を読み解く
三宅正樹『スターリンの対日情報工作』を読み解く
ティム・ワーナー著『CIA秘録』から読み解く諜報活動とは
国内外の新聞をくまなく読み、スクラップする効用
本物のインテリジェンスの英雄はシャーロック・ホームズであって、ジェームス・ボンドではない
小谷賢『モサド~暗躍と抗争の六十年史~』を読み解く
『伊藤博文の情報戦略』を読み解く
佐藤優『野蛮人のテーブルマナー~「諜報的生活」の技術~』

谷光太郎『情報敗戦~太平洋戦史に見る組織と情報戦略~』の要旨
徳本栄一郎『1945日本占領:フリーメイスン機密文書が明かす対日戦略』を読み解く
長谷川幸洋『官邸敗北』を読み解く
佐藤優の情報ノウハウ、外務省とウィキリークス
小林吉弥『田中角栄の知恵を盗め』を読み解く
飯島勲『小泉官邸秘録』を読み解く
伊藤惇夫『政治アナリストが教える情報を見抜く思考法』を読み解く
チャーチル式インテリジェンス
中西輝政『情報を読む技術』を読み解く
芳地隆之『満州の情報基地・ハルビン学院』を読み解く
手嶋龍一「2012年問題、新グレート・ゲーム、そしてインテリジェンス・ウォーについて」
岡崎久彦『明治の外交力:陸奥宗光の「蹇蹇録」に学ぶ』

童門冬二『徳川三代諜報戦』を読み解く
諜報IT専門のCIA型民間軍事会社を読み解く
『諜報の天才・杉原千畝』を読み解く
小谷賢『日本軍のインテリジェンス』を読み解く
佐藤優「外務省に学ぶ仕事法」を読み解く
菅原出『ウィキリークスの衝撃』を読み解く
瀬島龍三の情報力
高橋洋一『官愚の国:なぜ日本では、政治家が官僚に屈するのか』を分析する
竹中平蔵の情報収集術・勉強法
黒岩祐治『情報から真実をすくい取る力』を読み解く
キーパーソンに情報で食い込む
阿尾博政『自衛隊秘密諜報機関~青銅の戦士と呼ばれて~』を読み解く
徳川家康の戦略思考と情報戦略に学ぶ
明治時代のメディア・情報戦略
奥田泰広『国家戦略とインテリジェンス:いま日本がイギリスから学ぶべきこと』を読み解く
情報の世界は「人で始まり、人で終わる」
ドゴール将軍が作り上げた情報組織
元総理秘書官・飯島勲氏が明かす人生「裏ワザ」手帖
悪徳官僚に学ぶ「戦略的ゴマすり力」
幕末維新の情報戦を読み解く
インテリジェンスと地政学の関係
『策謀家チェイニー:副大統領が創ったブッシュのアメリカ』を読み解く
佐々淳行氏の「情報管理と危機管理」
佐々淳行『決断するペシミスト、後藤田正晴』を読み解く
佐々淳行『危機管理宰相論』を考察する
陸軍中野学校の哲学と人生観
陸軍中野学校の歴史的意義
『秘匿捜査~警視庁公安部スパイハンターの344日~』を読み解く
本田直之『レバレッジ人脈術』の注目すべきポイント
田中角栄と『政治家の器量』を読み解く
『戦争広告代理店』を読む
新聞記者に学ぶ「情報のさばき方」

以上。

★申し込みはこちらです↓

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P45909609

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ