◆大澤亮『世界をよくする仕事で稼ぐ』を読み解く

◆大澤亮『世界をよくする仕事で稼ぐ』を読み解く
副題

(三菱商事とドリームインキュベータで学び、
サイバーエージェントに1億円で事業を売却した僕の働き方)

※要旨

・挑戦して成功すればよし。
失敗したら、失敗しなければわからないことがわかる。
だから、どちらにしても挑戦したほうがいい。

・大学時代に、留学を目指した。
すぐに、TOEFL対策をはじめた。
基本は独学。
問題集を買ってきて、
外出時には、ヘッドフォンでリスニング教材を繰り返し聴いた。

・英語力をつけ、
マーケティングの学位を取った。

・留学先で心がけたことは、
日本人とはできるだけ接触しないこと。
週末のパーティに参加して、
なんでも話せるような友達をつくること。

・その結果、いまも交流が続く友人ができ、
英語コンプレックスもなくなった。

流暢な英語でなくても、
話す内容とキャラクターが人間関係づくりに
きわめて重要だとわかった。
英語学習への考え方が完全に変わった。

・三菱商事を退職後、
慶応のビジネススクールに通った。

・授業が始まってみると、
その実践的な内容に驚いた。

ケーススタディを学生同士で議論し、
答えを出すというグループワークで行う。

・グループワークの多さに面食らった。
みなで議論していくうちに
新しい発想やアイデアが生まれることを
何度も経験して、その重要性がわかった。

・起業について
できるだけ小さく、できるところは自分でやる。

・運をよくする4つの方法。

1.ものごとに全力で取り組む。

2.絶対にあきらめない。

3.いい人になる。

4.コミュニティをつくる。

・起業家の運の良さ。
運がいい人は、ピンチに見舞われても、
そこで普段の1.5倍の力を発揮して切り抜けることができる。

・考え方や行動の仕方で
運を引き寄せることはできる。

・ひたむきに頑張っている人の周りには、
自然と応援団やサポーターができてくる。

スポーツでも人々が心を打たれるのは、
華やかな勝利の陰に
血を吐くような努力があることを知っているからだ。

・チャンスが人に訪れる回数や頻度が同じだとすると、
あきらめた時点でチャンスは逃げていく。
あきらめないように工夫を重ね、
継続することで運をつかむことができる。

・苦しいとき助けてもらったことは、人はずっと覚えている。
また、助けてもらった人に対しては、
恩に報いたいという気持ちが芽生えるのが普通の人間だ。

・困ったとき協力者がほしいと思うなら、
日ごろから積極的に人の仕事を手伝ったり、
相談に乗ったりすることの
労を惜しまないほうがいいのである。

・言葉を換えれば、
いい人になればなるほど、成功しやすくなるのだ。

・自分だけいくら成長しても、
できることは意外と増えない。
大事なのは周囲と一緒に成長していくことだ。

・この人がうまくいくと、
自分たちにとっても喜ばしい。
彼が成功すれば、自分たちの暮らす社会はもっとよくなる。
そう思うから応援しようという気持ちが湧いてくる。

※コメント
やはり善を重ねるとよいようだ。
一日一善、
たゆまず努力していきたい。

★大澤亮『世界をよくする仕事で稼ぐ』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2BpQIEq

◆北野幸伯さん、新刊本。

『中国に勝つ、日本の大戦略:プーチン流現実主義が日本を救う』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2iKadQs

◆毎朝5分、FX・外国為替取引の極意

http://directlink.jp/tracking/af/237165/NoMrVwOV-JJqH9gq4/

◆新作・PDF小冊子『インテリジェンス秘録』のご案内。

★金額
5,000円(PDF版のみ)

※お申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/fgen/S62335142/

★小冊子『インテリジェンス秘録』目次と内容★

◆手嶋龍一『汝の名はスパイ、裏切者、あるいは詐欺師』
◆徳安茂『インテリジェンス大国バチカンの政治力』
◆完倉壽郎『関東軍参謀部』
◆是本信義『経済大国カルタゴ滅亡史』
◆綾部恒雄『クラブが創った国・アメリカ:結社の世界史』
◆ニコラス・ベスト『秘密結社テンプル騎士団』
◆真田幸光『世界の富の99%を動かす英国王室』
◆斎藤充功『諜報員たちの戦後:陸軍中野学校の真実』
◆宝島『日本の黒幕、組織と団体』

◆林景一『イギリスは明日も、したたか』
◆スケイヒル『世界最強の傭兵企業:ブラックウォーター』
◆ファイナル『戦場の掟』
◆柏原竜一『陰謀と虐殺:情報戦から読み解く悪の中東論』
◆ダン・モーガン『巨大穀物商社』

◆塩原俊彦『ネオKGB帝国:ロシアに迫る』
◆大塚将司『スクープ、記者と企業の攻防戦』
◆中田整一『ドクター・ハック:日本の運命を2度にぎった男』
◆飯柴智亮『日米同盟崩壊』
◆スティーヴンソラ『米国エリートの黒い履歴書』
◆菅沼光弘『サバイバル・インテリジェンス』
◆新谷学『週刊文春・編集長の仕事術』
◆鈴木哲夫『汚れ役:側近・飯島勲』
◆山崎拓『YKK秘録』
◆梶原英之『三井物産上海支店長「山本条太郎」一代記』

◆佐野眞一『阿片王・里見甫を振り返って:上海の夜と霧』
◆クレピネヴィッチ『帝国の参謀:アンドリュー・マーシャル』
◆宮家邦彦『日本の敵:よみがえる民族主義に備えよ』
◆ダニエル・シュルツマン『コーク一族:アメリカの真の支配者』
◆佐々淳行『私を通りすぎたスパイたち』
◆手嶋龍一『インテリジェンス最強のテキスト』

以上。

※ページ数
A4サイズ・110ページ

★申し込みはこちらです↓

https://ws.formzu.net/fgen/S62335142/

コメントを残す

このページの先頭へ