RPE : ★移民とロボット、繁栄をもたらすのはどっち?

★移民とロボット、繁栄をもたらすのはどっち?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは。

北野です。

渡部昇一先生が17日、心不全で亡くなられたと聞き、とても
悲しんでいます。

私が渡部先生の本をはじめて読んだのは、今から27年前。

「日はまだ昇る~日本経済「浮沈」の秘密」

というタイトルでした。

当時私は、モスクワに留学したばかり。

ソ連人も、世界中から来ている留学生たちも、皆

「日本が好きだ!日本はすごい!」

というので、とても驚いていた。

「え~~~、日本は世界中から嫌われているはずじゃないの?」

自虐史観に染まっていた私は、わけがわかりませんでした。

しかし、渡部先生の「日はまだ昇る」を読んで、納得したので
す。

▼現在の「移民問題」を予言

渡部先生はこの本の中で、1958年にイギリス旅行されたときの
経験を書いておられます。

ロンドンのユースホステルに泊まったところ、働いているのは、

パキスタン人など外国人労働者ばかりだった。

いまから60年近く前、すでにそんな状態だった。

保守党の政治家の一部は、当時から

「外国人が増えていけば、将来ロンドンで人種戦争が起こり、
血が流れる」

と警告していた。

そして、1958年当時、こんなひどい遊びがあった。

<パーキ・バッシングと言って、パキスタン人を殴りにいく
遊びが、すでにあった。

(中略)

最近では、毎夏のようにテムズ川の南岸では血が流れている。

イノク・ポーエルが言ったとおりの惨憺たる状況になってし
まったのである。>(140~141p)

皆さん、覚えておられるでしょうか?

ロシアでも、自分の応援するチームが負けた時、サッカーファン
一部は、

「キルギス人の清掃員を殴って憂さ晴らしする」そうです。

ペテルブルグのテロは、キルギス生まれのウズベク人(ロシアに
帰化)がやったとされています。

もし彼が、何度もひどい目にあったとすれば、「ISに入って復
讐してやる!」と考えたとしても、不思議ではありません。

私は、久しぶりにこの本を読んで、「なんだ、ロシアと同じこと
がイギリスでも起こっていたのか」と驚きました。

渡部先生は、いいます。

<こういった現実は、人道的な議論を超越して起こる現象>(141p)

である、と。

昨年、イギリス国民は「EU離脱」を選択しました。

その大きな理由の一つが「移民問題」だったことは、皆さんもご
存知です。

このような現実をまったく知らないのか、日本政府は、

「遅れをとりもどせ!」とばかりに、せっせと外国人労働者をい
れています。

欧米ロの失敗をそのまま繰り返すとは、なんと愚かな・・・。

▼日本は、なぜ西ドイツに勝ったのか?

さて、敗戦後「奇跡の経済成長」をはたした国が、二つありまし
た。

日本と西ドイツです。

両国とも、「焼野原」からのスタートでしたが、奇跡的復興をな
しとげた。

しかし、ハイテク分野では、日本が西ドイツに勝ちました。

何が原因だったのでしょうか?

渡部先生は、「西ドイツには、安い外国人労働者が大量に流れ込
んだから」としています。

<日本には、東ドイツから逃げてくる人間、

または地続きのユーゴ、スペイン、イタリア、トルコ、

あるいは韓国から来る人間がいなかったので、

その人手不足をロボットで乗り切ろうと、

懸命の努力をしたからである。

一方、西ドイツには大量の人間が流入したから、

ロボットを作る必然性がなかった。

だが、この時の選択の違いによって、

気がついてみると最先端の技術力、

それもロボット分野で、圧倒的な差を日本につけられてしまった
のである。>(145p)

意識的ではないにしろ、当時の日本政府は、正しい政策を行って
いたのですね。

一方今の日本政府は、西ドイツの失敗を活かすことなく、あえて
間違った道を進んでいます。

▼介護ロボットの開発と普及を急げ!

また、渡部先生はこの本の中で、

介護が必要なお年寄りに対し、非常に残酷な仕打ちをしている
ケースについて書いておられます。

しかし、寝たきり老人の世話を長期間耐え続けることは、非常
に難しい現実があると。

それで、日本政府は、「フィリピンから看護人を入れよう」
どと主張しています。

こういう発想について渡部先生は。

<高齢化社会へと、どんどん加速していくのに、

看護人は減る一方だ。

そこに、日本語を知らない外国人を入れようなどという発想は、

双方にとって、まことに非人間的なことだろう。>

(149p)

では、どうすればいいのでしょうか?

基本介護はロボットにすべきであり、

国家が懸賞を出しても、

こういうロボットの開発を急ぐべきだと、

私は考えている。>(同上)

▼「移民問題」の本質

私は、移民全般に反対ではありません。

シリコンバレーに来るような優秀な人材はどんどん入れるべき
だと思います。

しかし、「3K移民」にはずっと反対しつづけています。

なぜでしょうか?

それが、「差別」だからです。

なぜ、差別?

口に出していうかは別として、「移民推進派」の本音は、

「日本人が嫌がる仕事は、貧しい外国人を安く雇ってやらせれば
いいさ!」

だからです。

これは、差別ではないですか?

「移民推進派」の人たちは、「優秀な外国人が日本に繁栄をもた
らす」などといいます。

しかし、実際に大量に入れているのは、「3K移民ばかり」なの
です。

渡部先生は、おっしゃいます。

<たしかに、

「人手が足りなかったら外国人労働者を入れるべきで、

それが国際化というものだ」

と主張する日本人もいる。

しかし人手が足りないような仕事は、

日本の青少年が嫌がる仕事であり、

だから人手が不足なのである。

そこへ外国人を入れよというのはまことに失礼な発想だ。

しかも安く上がるからというのでは、さらに失礼な発想
だろう。>

<日本人が嫌う仕事を、

金があるのを幸いに外国人にさせようというパターンは、

レイシストのそれと少しも変わらない。>(155p)

同感です。

渡部先生は、「外国人労働者」「移民」ではなく、

「ロボット化」によって、日本は繁栄しつづけることができる

と考えておられました。

私もそう思います。

それにしても、「日はまだ昇る」。

27年前の本なのに、まったく古さを感じさせません。

こんな大昔に、今起こっていることを予言していた渡部先生は、

やはりすごいと思います。

皆さんも、是非ご一読ください。

●日はまだ昇る 渡部昇一

(詳細は→ https://tinyurl.com/mcbudrs )

●PS1

「移民問題」といえば、神谷先生と河野先生の対談
も面白いですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=W8S87GmTupw

●PS2

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。

【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )

●面白かったら、拡散お願いいたします。>

コメントを残す

このページの先頭へ