◆ジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄。一万3000年にわたる人類史の謎』を読み解く

◆ジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄。一万3000年にわたる人類史の謎』を読み解く

※要旨

・ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南北アメリカ、オーストラリア。
それぞれの地で、人類はきわめて多様な社会を作り上げてきた。
高度な工業化社会もあれば、伝統的な農耕牧畜生活を営む人々もいる。

数千年にわたって狩猟採集生活をつづける人々もいる。
なぜ人類社会はこれほど異なった発展の道筋を辿ったのか。

・世界の地域間の格差を生み出したものの正体とは何か。
この壮大な謎を、1万3000年前からの人類史をたどりつつ、
分子生物学や進化生物学、生物地理学、考古学、文化人類学などの最新の研究成果をもとに解き明かしていく。

・現代世界の不均衡を生み出した直接の要因は、
西暦1500年時点における技術や政治構造の各大陸間の格差である。

鋼鉄製の武器を持った帝国は、石器や木器で戦う部族を侵略し、征服して、
滅ぼすことができたからである。
では、なぜ世界は、西暦1500年の時点でそのようになっていたのだろうか。

・著者というのは、分厚い著書をたった一文で要約するように、ジャーナリストから求められる。
本書についていえば、次のような要約になる。

「歴史は、異なる人々によって異なる経路をたどったが、
それは、人々のおかれた環境の差異によるものであって、人々の生物学的な差異によるものではない」

・フランシスコ・ピサロ率いる少数のスペイン軍が、インカ皇帝アタワルパの大軍に、
ペルーのカハマルカ盆地で遭遇した瞬間を、その目撃者の証言を通じて紹介しながら、
異なる大陸の民族の衝突について考察する。

われわれは、この考察を通じて、ピサロがアタワルパを捕らえることができた直接の要因を知ることができる。

・それらの直接の要因とは、スペイン人がヨーロッパから持ち込んだ病原菌であり、
馬や文字や政治機構であり、技術(とくに船と武器)であった。

・ヨーロッパ人とアメリカ先住民との関係におけるもっとも劇的な瞬間は、
1532年にスペインの征服者ピサロとインカ皇帝アタワルパがペルー北方の高地カハマルカで出会ったときである。
アタワルパは、アメリカ大陸で最大かつもっとも進歩した国家の絶対君主であった。

・そのときピサロは、168人のならず者部隊を率いていたが、土地には不案内であり、
地域住民のこともまったくわかっていなかった。

しかし、ヨーロッパ人によるインカ帝国の征服を決定づけたのは、
ピサロが皇帝アタワルパを捕らえたことである。
そのとき、アタワルパは8万の兵を有していた。

・要するに、読み書きのできたスペイン側は、人間の行動や歴史について膨大な知識を継承していた

それとは対照的に、読み書きのできなかったアタワルパ側は、
スペイン人自体に関する知識を持ち合わせてなかったし、
海外からの侵略者についての経験も持ち合わせていなかった。

・アタワルパ側は、それまでの人類の歴史で、どこかの土地で同じような脅威に、
さらされたことについて聞いたこともなければ読んだこともなかった。
この経験の差が、ピサロに罠を仕掛けさせ、アタワルパをそこへはまり込ませたのである。

・結論をまとめると、ピサロが皇帝アタワルパを捕虜にできた要因こそ、
まさにヨーロッパ人が新世界を植民地できた直接の要因である。

アメリカ先住民がヨーロッパを植民地したのではなく、
ヨーロッパ人が新世界を植民地したことの直接の要因がまさにそこにあったのである。

・ピサロを成功に導いた直接の要因は、銃器・鉄製の武器、そして騎馬などにもとづく軍事技術、
ユーラシアの風土病・伝染病に対する免疫、ヨーロッパの航海技術、
ヨーロッパ国家の集権的な政治機構、そして文字を持っていたことである。

・本書のタイトルの『銃・病原菌・鉄』は、
ヨーロッパ人が大陸を征服できた直接の要因を凝縮して表現したものである。

・ある社会が他の社会の衝突し、敗者を勝者が征服して取り込む、あるいは消滅させていく。
人類史の過程において何度も繰り返されてきたことである。
これによって歴史は大きく動き、世界地図における民族の分布が塗り替えられていった。

・その勝敗を決めた要因とは何か。
それはたんに銃器や金属製の武器の有無だけではなかった。

政治形態、戦闘要員を支える社会基盤、戦闘用の馬の存在、
情報の伝達と保持のための文字文化の存在、
さらには、その社会がもつ病原菌も大きく影響していたのである。

・人類史を動かしたさまざまな要因を詳細に分析し、
東アジア・太平洋域・オセアニア・新旧大陸の衝突・アフリカ大陸それぞれについて具体的に検証していく。

・結論を述べると、ヨーロッパ人がアフリカ大陸を植民地化できたのは、
白人の人種主義者が考えるように、ヨーロッパ人とアフリカ人に人種的な差があったからではない。

それは地理的偶然と生態的偶然のたまのものに過ぎない。
しいていえば、それはユーラシア大陸とアフリカ大陸の広さの違い、
東西に長いか南北に長いかのちがい、
そして栽培化や家畜化可能な野生祖先種の分布状況の違いによるものである。

・歴史に影響を与える「個人」とは。
歴史学者トマス・カーライルの、
「世界史、すなわち世界で人が成し遂げたものごとの歴史とは、
根本的には、偉人たちが世界で成し遂げたものごとの歴史である」という見方がある。

・またプロシアの政治家オットー・ビスマルクのように、
カーライルとはまったく正反対の見方をする人もいる。
ビスマルクは、カーライルと違い、直接、政治の奥深くまでかかわっていた。
そして彼は、
「政治家の仕事は、歴史を歩む神の足音に耳を傾け、
神が通り過ぎるときに、その裳裾をつかもうとすることだ」という言葉を残している。

・天文学などをふくむ広い意味での歴史科学に属する学問は、
物理学、化学、分子生物学などの自然科学と一線を画す特徴を多く共有している。
これらの共通点のうち、おもだったものは、方法論、原因・結果の因果律による説明、
予測性、複雑性の4つであると私は思う。

・人類社会の歴史を理解することは、歴史がさほど意味を持たず、
個体差の少ない科学分野における問題を理解するよりもはるかに難しいことだといえる。

・われわれは人間自身に目を向けることによって、恐竜についてよりも、
人類についての洞察を深めることができる。

したがって私は、人間科学としての歴史研究が恐竜研究と同じくらい科学的におこなわれるだろうと楽観視している。
この研究は、何が現代世界を形作り、何が未来を形作るかを教えてくれるという有益な成果を、
われわれの社会にもたらしてくれるだろう。

※コメント
ジャレド・ダイヤモンドのコンテンツは、膨大だ。
その圧倒的な知性は、多様な分野がからみあって構成されている。
専門分野を極めながら、さまざまな分野に首を突っ込みたい。

★ジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄。(上巻)』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/12xDOx7

◆マイクロ投資メソッド、旅リタ投資倶楽部

http://directlink.jp/tracking/af/237165/mXavmkjX-cUV37wnI/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ