RPE : ★「たけし流」、トップにいつづける人の【●●】

★「たけし流」、トップにいつづける人の【●●】

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

新刊、好調です。(発売4日で重版決定)

これを読むと、中国の対日戦略と、戦闘なしで中国に勝つ方法
が完璧にわかります。

まだの方は、是非ご一読ください。

●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

では、本題。

RPEは、「世界情勢メルマガ」ですが、たまに「別テーマ」を書
くことがあります。

先日も、「正負の法則」のお話をしました。

(正負の法則とは、

・よいことと悪いことは、「同時」あるいは「順番」に起こる

という法則のことです。)

これ、どういうわけか読者さんが共感してくださり、山ほどメー
ルをいただきました。

どれも、「正負の法則ありますよね」という内容です。

「いや、僕は絶対積極なので、いいことしか起こりません!」と
いうメールは、一通もいただいておりません。

さて、この法則について、もう少し思索を深めてみましょう。

誰にでも、「よいことがあれば、悪いことも起こる」。

これ、全人類共通なのかもしれません。

しかし、ある人は繁栄しつづけ、ある人は沈んでいきます。

なぜ?

「正負の法則」は避けられないとしましょう。

しかし、私たちは、「負」の影響をできるだけ減らし、長期的幸福、
成功、繁栄を享受したい。

長く成功しつづける人と、「正負の法則」に敗れて沈んでいく人。

一体、何が違うのでしょうか?

ここに奇跡的な人物がいます。

北野武(ビートたけし)さん。

たけしさん、私が小学生だったころ、

すでに「オレたちひょうきん族」でトップスターでした。

「ひょうきん族」スタートから、早36年。

いまだに、トップに君臨しています。

ちなみに、たけしさん、「映画監督」としては、「世界一有名な
日本人」。

ロシア人、日本の作家なら村上春樹さんを知っています。

日本のアニメなら、宮崎駿さんを知っています。

そして、映画監督で知っているのは、黒澤明さんと北野武さんです。

私は、たけしさんと苗字が同じなので、「北野武の親戚か???」
と聞かれます。

たけしさんは、どうして40年近くもトップにいつづけることができ
るのでしょうか?

その秘密について、メールをいただきました。

一部、転載させていただきます。

<北野 さま

「正負の法則」、できるだけ負が起きないようにするには、
「陰徳」があるような気がします。>

「陰徳」??????

「こっそり善いことをすること」ですね。

陰徳を積んでおけば、「正負の法則」の「負」を軽減できると。

たけしさんは、どんな陰徳を積んでいるのでしょうか???

<まず親の陰徳がある。

親の陰徳って、なんだかしらないけれど、
子供に影響するような気がします。>

親の陰徳

親がいい人だと、子供にいいことが起こるということでしょうか?

<たけしさん自身、よく若手の芸人が話しているのですが、
「行った店でたけしさんがいた。帰りがけに会計しようと思ったら、
『あそのこのあんちゃんたちの分、おいらが払うよ』って、
すべてたけしさんが支払っていた」というもの。>

お金を人のために使う?

斎藤一人さんのお弟子さんの本にも、同じような話がでてきますね。

<それだけならばお金がある人ならばできるでしょう。

でも、たけしさんは結構若手の芸を見ていて、陰ながら、
励ましの言葉をかけたり、応援したりしているんですね。

仏教でいうところの「愛語」です。>

後輩を応援している。

これ、できない人もいるかもしれないですね。

同じ分野の後輩は、「潜在的ライバル」でもあります。

心が小さければ、逆に「つぶしたれ!」と思うかもしれません。

<あと、トイレを掃除すると運がよくなると言われることもあって、
その例として、たけしさんがあげられることがあります。

これも、たけしさんは「トイレなんか掃除しない」と
照れ隠しで否定するのですが、聞いた話だと、

「飛行機に乗って、トイレに行ったら、出てくる時は、
水まわりを必ず綺麗にして出てくる。

だって、後から入ってくる人に『たけしが汚くした』と
思われたら、いやじゃんか」と。

たけしさん一流の照れ隠しがあるにしても、
飛行機のトイレから出る時に、綺麗にしてから出てくるというのは、
衝撃的でした。>

トイレをきれいにする。

そういえば、小林正観さんも「運をよくするにはトイレ掃除」とい
っておられました。

<やっぱり成功し続けている人には「陰徳」がある。

「思考」だけではダメだと思っています。

まあ、でもそこまでしても、仕事、健康、家庭、愛情……
全てにおいて成功することは難しいんですね。>

なるほど~~~~。

誰にでも「正負の法則」はある。

それでも「陰徳」を積むことで、「負」の影響は軽減できると。

なんとも希望のある話ですね。

今回出てきた「陰徳」とは具体的に、

・他の人のためにお金を使う

・後輩に優しくする

・トイレをきれいにする

でした。

他にもいろいろありそうですね。

●PS 北野の最新刊、出ました!

・これを読めば、中国、驚愕の対日戦略の全貌がわかります。

・これを読めば、中国に、「戦争(=戦闘)」なしで勝つ方法が
完璧にわかります。

・発売4日で重版決定
・アマゾン外交・国際関係部門1位。
・国際政治情勢部門1位。
・政治入門部門1位。

とトリプル1位を達成。

●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

コメントを残す

このページの先頭へ