RPE : ★若者が外国に出たがらない日本の未来は暗い???

★若者が外国に出たがらない日本の未来は暗い???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

なんでも、最近の若い人たちは、

・留学しない

・海外赴任を嫌がる

・海外旅行しない

傾向があるそうです。

もちろん、「みんなそう」という話ではなく、

「留学、海外赴任、海外旅行」が「減っている」と。

それで、「若者がガッツをなくした日本の未来は暗い!」という
論理を展開する人もいるのですね。

これ、どうなんでしょうか?

▼小国の悲劇~バルト三国女性の告白

去年、ギリシャ・ケルキラ島(コルフ島)にいった時のこと。

ホテルのレストランで、面白い現象に気がつきました。

従業員同士がギリシャ語ではなく、「英語」で話しているのです。

従業員とお客さんが英語で話すのはわかりますが、

「なんでスタッフ同士が英語で話しているのだ?」

と疑問に思いました。

それで、ウェイトレスの女性に、

「なんでスタッフ同士、ギリシャ語じゃなく、英語で話している
の?」

と聞いてみました。

すると、「スタッフはギリシャ語が話せない人が多いからです。

私はポーランド人ですが、やはりギリシャ語が話せません」

というのです。

そして、「あの子はリトアニア人、あの子はエストニア人、あの
子はラトビア人」などと、教えてくれました。

な~るほど。

ギリシャのホテルで働いているのは外国人ばかり。

しかも、ギリシャ語を話せないから、みんな英語を共通語として
つかっている。

私は、その後興味をもっていろいろな従業員と話をしてみました。

ギリシャ人のスタッフも一部いますが、バルト三国、東欧の人が
とても多いことに気がつきました。

別のウェイトレスに話を聞いてみました。

「なんで、ギリシャで働いているのですか?」と。

すると、バルト三国から来たというその若い女性は、こんなこと
をいったのです。

(エストニア人かリトアニア人か、忘れましたが。)

「私の国は、小国で未来がありません。

若者の夢は、外国に出て就職し、外国で暮らすことです。

そのため、学生たちは、一生懸命外国語を勉強します。

私は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語を話せますが、
それは普通です。

大学を卒業したら、とにかく外国に出て就職することを目指すの
です」

私は、「ケルキラでずっと働くつもりですか?」と聞きました。

その女性は、「できればそうするつもりです。

この島は、私の国に比べれば暖かくて天国のようなところ。

しかも、観光シーズンだけ働いて、冬はたっぷり休みがとれます
し」

などと、いっていました。

私は、「夢が、『母国から脱出すること』というのは、ずいぶん悲
しいことだな」と同情しました。

しかし・・・

▼母国から逃げる人々

世界に目を向けると、「人が逃げている国」もあれば、「外国人
がどんどん流入している国」があることに気がつきます。

たとえば私が住むロシアの首都モスクワ。

ここには、中央アジア(特に、ウズベキスタン、キルギス、タジ
キスタン)、コーカサス(特にアゼルバイジャン)、モルドバ、
ウクライナなどから、たくさん人がきています。

自分の国で仕事が見つからないので、モスクワにやってくる。

西欧を見ると、シリア、イラク、アフガニスタン、リビアなどか
ら難民が押し寄せています。

難民問題が起こる前は、貧しい東欧から豊かな西欧に人がどんど
ん移ってきていた。

これが、イギリスの「EU離脱」につながったことは、記憶にあた
らしいです。

アジアを見ると、中国や東南アジアの人たちは、日本を目指しま
す。

そして、世界中の人が、アメリカを目指します。

こういうグローバルな人の流れをみると、「外国に出たい!」と
国民が切望する国々の傾向が見えてきます。

「難民」は、「戦争や内戦がつづいていて、自国に残れば、命が
危ない」などの理由でしょう。

しかし、普通「外国に出たがる人」は、外国に

「仕事を求めて」いくケースが圧倒的に多い。

だから、「自国民が外国に出たがらない」というのは、

「自国で仕事を見つけることができる」ということで、むしろ喜
ぶべきなのではないでしょうか?

▼日本の若者が海外に行かなくなった他の理由

これだけだと、「ずいぶん偏ってるな」と思われるでしょうから、
他の理由も挙げておきましょう。

・海外に行く金がない

これはあるでしょう。

留学するのも、海外旅行するのも金がかかります。

・時間がとれない

これもありますね。

私の知人が結婚した時、「一生に一回、一週間の休暇をいただき
ました!」と喜んでいました。

日本で長期休暇をとるのは、難しいのですね。

海外行ってる時間がありません。

・留学しても、就職に有利になるとは限らない

留学しても、就職に有利になるわけではないのですね。

・海外は怖い

ここ数年、毎週のように「テロ」のニュースを聞きます。

今では、ロシア人ですら、「ヨーロッパに行くのが怖い」という
ぐらい。

欧州ですらこんな状況ですから、他の国に行くのは、もっと怖い

「安全な日本にいた方がいいよね」ということでしょう。

・会社に忠誠心がない

これは、「海外赴任を拒否する若者」についてですが。

最近は、「嫌です!」と断る若者が多いそうです。

わかります。

昔は、「俺(社長)がおまえと家族を定年までめんどう見る。

給料を毎年上げる」という話だった。

それで、日本人は、「企業戦士」として、忠誠心をもって戦
ってきました。

ところが今の企業は、「都合が悪くなったら、いつでもリス
トラするからね」です。

それで、「最近の若者は愛社心がない!」と嘆いてもムダで
す。

愛社心がなくて当然なのです。

「俺は、苦しくなったらいつでもおまえと離婚するが、俺を
愛してくれよ!」

といったら、「わかりました。死んでも愛します」というで
しょうか?

▼若者が外国に出たがらない日本の未来は、明るい

とはいえ、「若者が外国に出たがらない」というのは、大し
た問題ではないでしょう。

むしろ、中東・北アフリカ、中央アジア、コーカサス、韓国、
東南アジアの一部、東欧、バルト三国のように、

「若者がこぞって外国にでていきたがっている!」

方が大問題です。

日本はただでさえ「少子化」「人口減」が問題視されている。

それなのに、

若者を外国に出し、人口減らしてどうするの?ということです。

日本も、貧しかった戦前は、

「南米に移住しよう!」

「アメリカに移住しよう!」

「満州に移住しよう!」

などといっていました。

今の若者は、「日本が一番いいよね」といっています。

すばらしいことではないでしょうか?

これが、「夢は上海で就職することです。熱心に中国語を学ん
でいます」

という若者が大量に出てくるようになれば、

いよいよ「日本もヤバい!」と戦慄しなければなりません。

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。

【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )

●面白かったら、拡散お願いいたします。>

▼危機克服本コーナーへ
=========================

【北野幸伯の激面白本】

●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ