◆苫米地英人『40歳から差がつく生き方』を読み解く

◆苫米地英人『40歳から差がつく生き方』を読み解く

 

※要旨

・40歳までは「お勉強」期間。

・人生100年時代には、
40歳くらいまでは「お子さま」と言ってもいい。
お子さまだから「お勉強」をしなければならない。

・ハーバードMBAの経営知識だけでは、
もう経営できない。

・「情報の抽象度」
これは、情報空間における視点の高さのことを指す。

・今ではそれだけで通用する時代ではない。
抽象度の高い情報から、
現場の細かい情報まですべてを知らないと、
抽象度の高い的確な判断ができない。

・言い換えれば、
「全体像を知るには、現場の細かい情報が必要」
だということだ。
そして逆に、現場の細かい情報を理解するには、
全体像を知っておく必要もある。

・ゲシュタルトと呼ばれるが、
抽象度の高いルールと抽象度の低い情報が
ひとまとまりとなっており、
双方向性を持ち始めたのである。

・最低20年間は勉強し続けないと
知識量として不十分。

・創業者だけでなく、
後継者にも詳細な現場知識が求められる。
ジョブスの後任となったティム・クック社長は、
現場上がりでいろいろな部門を回っている。

・自分のファイナンスの実態をつかめ。
そのためには企業の財務諸表と同じように、
家計も、損益計算書、貸借対照表、
キャッシュフローを把握する必要がある。

・資産を頭に入れると、
収入にとらわれなくなる。

・家の帳簿をつければ、
ファイナンスの意識が高まる。
帳簿をつけると、
収入源をいくつかつくっておく
必要があることもわかる。

・世界中の新聞を読め。
好きな出版社の本を読みあされ。

・多くの40代の人は、
圧倒的に知識量が少ないだろうから、
今日から酒は禁止。

 

酒好きの人には申し訳ないが、
酒なんて飲んでいる暇はない。

そんな時間があったら、
少しでも新聞や本を読んで
知識を身につけたほうがいい。

・生き方を考える前に
大量の知識を身につけておく。

・40歳までは、まず左脳を鍛えておく。
大量の知識を頭に入れて、
知識をもとに論理を自在に
使えるようにしておかないといけない。

・今や、マニアックな
テクノクラートでないと経営できない。

・現代の企業経営というのは、
ものすごくオタクな世界である。
そのためには膨大な知識が必要になる。
それには、必死で勉強を重ねなければならない。

 

※コメント
斬新な発想であり、
あたらめて勉強とは何かを考えさせられた。
どう生きるべきか、いま一度研究したい。

★苫米地英人『40歳から差がつく生き方』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/1RPARCh

◆PDF冊子『インテリジェンス記憶術』、ご案内。

 

 

※お申込みフォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S98584317/

 

●小冊子『インテリジェンス記憶術』目次と内容

◆一晩で暗記力を鍛える方法
◆外国語の記憶術
◆落語家が明かす「1席30分もある噺の覚え方」
◆記憶力、成功をもたらす無限のパワー
◆出口汪『奇跡の記憶術』を読み解く
◆平凡な私が1年で全米記憶力チャンピョンになれた理由
◆苫米地英人『脳を鍛える「超」記憶法』を読み解く
◆七田眞『超スピード記憶術』ポイント
◆インテリジェンス・オフィサーの記憶力に学ぶ
◆吉永賢一『頭が良くなる記憶法』を読み解く
◆内藤誼人の『いままでの10倍ラクに記憶する方法』
◆小柳詳助の『悪魔の記憶術』
◆藤本憲幸の『超記憶力勉強法』

※価格

5,000円(PDF版のみ)
 (申込み後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします)

 

※ページ数
 A4サイズ:43ページ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ