◆伊勢雅臣『日本人として知っておきたい皇室の祈り』を読み解く(その3)

◆伊勢雅臣『日本人として知っておきたい皇室の祈り』を読み解く(その3)
【新刊本】

※要旨

・今上陛下で125代となる皇室はずっと一糸でつながってきているが、
その皇統を通じてこのような無私の、
ひたすらに国民の安寧を祈る伝統が継承されてきた。

・わが国の国土づくりは、
天皇の民のための祈りから始まったのである。

・天皇の民のための祈りは、
このように神話時代まで遡る皇室の伝統であった。

・我が国の建国の理念には、
皇室の民のための祈りが脈打っている。

・皇室の祈りは神武天皇からすでに始まっている。
言うまでもなく、
神武天皇はわが国を建国した初代天皇であり、
その民の幸せへの祈りが日本国の建国理念と深く関わりあっている。

・皇室の祈りは、
すべての生きとし生けるものは
「神の分けいのち」であるという
日本古来の生命観に根ざしている。

・祖先の祭りを通じて、
その使命を日々新たにし、その実現を祈ることが、
天皇の最も大切なお勤めなのである。

・125代の歴代天皇は、
この万世一系の聖なる祈りを継承されてきたのである。

・皇室は自然現象のように勝手に「続いてきた」のではありません。
代々の日本人が皇室を必死に「お守りして」きたのでず。

・我が先人たちの中に皇室の祈りを尊いものと感ずる人々が
少なからずいて、なんとか皇室を護持してきたのです。

・「一隅を照らす」姿勢を持って、
多くの国民が「万燈のように」周囲を照らし続けていくことによって、
「利他心を中心に戴く三方良し国家」に近づいていくでしょう。

・それがこの美しい国柄を残してくれた先祖へのご恩返しであり、
また子孫への責務であると思われます。

※コメント
祈ることは、まわりの人や国全体に良い影響を与えることを学びました。
自分の力が小さくても、自分の祈りやそれにつながる行動によって
まわりを幸せにさせることはできると確信しました。

そのようなことを陛下や皇室の方々は、
お手本となって教えてくださっていると思います。

★伊勢雅臣『日本人として知っておきたい皇室の祈り』
詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2rpe8tG

★伊勢雅臣『世界が称賛する、日本の教育』
の詳細,amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/2tYqdmi

★本書の著者、伊勢氏は、
メールマガジン
『国際派日本人養成講座』の発行者であられる。

http://www.mag2.com/m/0000000699.html

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご案内。
ご登録はこちら。

http://www.mag2.com/m/0000258752.html

世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ