経済学はエセ科学 !?

おはようございます。
リアルインサイトの今堀です。

非常に強い台風21号が、本日には
上陸する見通しだということです。

皆様、くれぐれもご注意ください。

さて、
今年もノーベル賞の発表日が近づいて
来ましたね。

発表予定日は以下の通りだそうです。

医学生理学賞:10月1日
物理学賞:10月2日
化学賞:10月3日
平和賞:10月5日
経済学賞:10月8日
文学賞:今年の発表なし

これまで、自然科学3分野(「化学」、
「医学生理学」、「物理学」)での
日本人受賞者(受賞時に日本国籍)は
23人ということですが、

今後の受賞については、悲観的な予測が
少なくないようです。

2016年に「医学生理学賞」を受賞した
大隅良典(おおすみ・よしのり)氏は
受賞時に、

「日本の大学の状況は危機的で、
このままいくと10年後、20年後には
ノーベル賞受賞者が出なくなると思う」

と発言されました。

日本人はノーベル賞を取れなくなる?
進む科学技術力のちょう落
(NHK NEWS WEB)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/nobelprize2017/tokushu/tokushu_06.html

ザ・リアルインサイト6月号インタビューに
登場された京都大学大学院准教授の
柴山桂太(しばやま・けいた)氏も、

「京都大学にはノーベル賞の伝統が
あったが、今後は間違いなく
出なくなる」

と断言されています。

それはもちろん、
「国立大学運営費交付金」が「財政難」を
理由に毎年削減され続けているなど、研究
環境が悪化しているために他なりません。

上記NHKのサイトでも、

「全国の国立大学に国から配分される
運営費交付金は、

法人化された平成
16年からの13年間で1445億円が削減」

されており、この額は、

「配分額が多い東京大学と京都大学を
足し合わせた額に匹敵」

するという恐るべき事実が指摘
されています。

その他にも、危機的状況を指摘
する報道は少なくありません。

土台から崩れゆく日本の科学、
疲弊する若手研究者たち
(2018年5月18日・月刊Wedge)
https://ironna.jp/article/9699

日本の科学研究はこの10年間で失速
していて、科学界のエリートとしての
地位が脅かされていることが、
Nature Index 2017日本版から明らかに
(2017年3月22日・natureasia.com)
https://www.natureasia.com/ja-jp/info/press-releases/detail/8622

この背景あるのは、いうまでもなく
「財政難」という前提での
「緊縮財政」路線です。

しかし、前回もお伝えした通り、
我が国には「財政問題」など存在
していません。

「デフレ脱却」にも、
「経済成長の復活」にも、

財政出動が必須であることは、
これまでにザ・リアルインサイトに
ご登場された多くの講師の皆様も、
繰り返されてきた通りです。

財政均衡のための歳出削減と増税が、
より財政悪化を深刻化させてきたと
いうのが事実でしょう。

誤った解決手法を用いることで、
問題をより深くし続けるどころか、
このままいけば遠からず日本経済は

「再起不能」

に陥ってしまうのではないでしょうか。

「角を矯(た)めて牛を殺す」
(枝葉にこだわって肝心な根本を
そこなうことの例え)

という諺がどうしても浮かんでしまう
ような惨状ですが、この問題の根底にも、
「経済学」が大きく関係しています。

そう言えば、

「ノーベル経済学賞」

というものがありますね。

あまり知られていないことなのでは
ないかと思われますが、実は

「ノーベル経済学賞」は、厳密には
「ノーベル賞」ではありません。

「物理学」、「化学」、「医学・生理学」、
「文学」、「平和」の5分野の賞は、
アルフレッド・ノーベルの遺言に基づき、
1901年から始まっていますが、

「ノーベル経済学賞」はそれとは別に、
スウェーデン国立銀行の設立300周年を
記念して新たに設立されたものです。

ノーベル財団は「経済学賞」を
「ノーベル賞」とは認めておらず、
公式サイトでも

「Prizes in Economic Sciences」
(経済学賞)

とのみ表記しています。
https://www.nobelprize.org/prizes/uncategorized/all-prizes-in-economic-sciences/

ノーベル賞は特に「物理学」、「化学」、
「医学・生理学」の3分野が自然科学界で
最高の栄誉とされており、

経済学が元々対象とされなかったのも、
社会科学であるためなのでしょう。

1965年にノーベル物理学賞を受賞した
著名な物理学者、リチャード・P・
ファインマンは、

経済学を含む社会科学を、エセ科学
(pseudo-science)であるとして、

「科学が成功したので、エセ科学が
現れました。社会科学は、科学では
ない科学の一例です。科学の形式に
ならい、データを集めに集めるの
ですが、何の法則も発見できません」

とまで断じています。

社会科学が「エセ科学」であるとは
思いませんが、確かに自然科学とは
異なるものでしょう。

それにも関わらず、経済学者が長きに
渡って「自然科学」の体裁を装おうと
してきたことは、間違いないようです。

少し長くなりますが、他ならぬ経済学者に
よる経済学者批判を引用してみます。

「経済学者たちはあまりにしばしば、
自分たちの内輪でしか興味を持たれ
ないような、どうでもいい数学問題に
ばかり没頭している。

この数学への偏執狂ぶりは、科学
っぽく見せるにはお手軽な方法だが、
それをいいことに、

私たちの住む世界が投げかける
はるかに複雑な問題には答えずに
済ませているのだ」
(『21世紀の資本』トマ・ピケティ著,
みすず書房,2014年,P.34)

経済学に求められる役割とは、複雑
高度化した現実経済を分析し、状況に
見合った政策を選択可能にすることに
こそあるのではないでしょうか?

私を含む国民の多くは、それを
望んでいるのではないかと思います。

そこで、

私のような門外漢でも経済学の大まかな
歴史と、その問題点を理解しやすい書籍を
最後にご紹介させていただきます。

『経済学者はなぜ嘘をつくのか』
(青木泰樹著,アスペクト,2016年)

ザ・リアルインサイト5月号の講演会
収録映像にご登壇いただいた、

京都大学レジリエンスユニット特任
教授の青木泰樹(あおき・やすき)氏の
ご著作です。

厳しい書名ではありますが、青木氏も
経済学者でいらっしゃりながら、学者と
しての信念で主流派経済学を批判され、

現実を分析するための「経済社会学」の
確立を提唱されてきました。

また、より学術的な内容の、

『経済学とは何だろうか―現実との対話』
(青木泰樹著,八千代出版,2012年)

もお薦めです。こちらは少しとっつき
にくいかもしれませんが、どのような
内容であるかについては、

アマゾンのレビューもご参考として
いただけるでしょう。

【引用図書】

『21世紀の資本』
(トマ・ピケティ著,みすず書房,2014年)
https://www.amazon.co.jp/dp/4622078767

『経済学者はなぜ嘘をつくのか』
(青木泰樹著,アスペクト,2016年)
https://www.amazon.co.jp/dp/4757224257

『経済学とは何だろうか―現実との対話』
(青木泰樹著,八千代出版,2012年)
https://www.amazon.co.jp/dp/4842915609

それでは、また。

今日も皆様にとって幸多き1日に
なりますように。

日本のよりよい未来のために。

私達の生活、子ども達の命を守る
ために、ともに歩んでいけることを
切に願っています。

リアルインサイト 今堀 健司

このメールマガジンをお知り合いに
ご紹介いただける場合は、こちらの
URLをお伝え下さい。

 

「小生のコメント」

すべては財務省の「緊縮財政」路線にある。

今、必要なのは財務省解体である。

東大卒の総合職エリート官僚は不要である。

東大卒の頭の良い愛国心のない共産主義者より

AIロボットの方が頭が良く、命令に忠実である。

従って政治主導が出来るから、早く開発することだ。

コメントを残す

このページの先頭へ