RPE : ★マフィア的手法の中国一帯一路

★マフィア的手法の中国一帯一路

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

先日、私が非常に尊敬する高橋洋一先生の新刊をご紹介さ
せていただきました。

●愛国のリアリズムが日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2CeRvxj )

すると、私にもいいことがありました。

というのも「日刊SPA!PLUS」で、RPEの記事ばかりか、私
の経歴、本までも紹介されたのです。

大々的に紹介していただき、卒倒しました。

(日刊SPA!PLUSの記事はこちら。↓
https://nikkan-spa.jp/plus/1509501
(●携帯、スマホで見れない場合、PCでご一読ください。

この記事、もちろん、私の話がメインではありません。

「中国の脅威」に関する話です。

読みながら、非常に面白い部分があったので、ご紹介させ
ていただきます。

中国といえば、「一帯一路」ですね。

一帯は、陸路。

中国から、中央アジアを通り、欧州にいたる。

一路は、海路。

中国から、北アフリカまでを結ぶ。

これ、間に位置する国々は、「中国が莫大な投資をして、
インフラ整備してくれるから、儲かりますよ!」という話
だった。

ところが、どうも中国の手法は、「マフィア的」みたいな
のです。

日刊SPA!PLUSに、高橋洋一先生の新刊からの引用がありま
す。

<実際、2018年1月、スリランカ政府は中国の援助で
建設した南部ハンバントタ港の管理会社の株式の70%を中
国側に99年間譲渡することで合意した。

この港は建設費の13億ドルの大半を中国からの融資でまか
なっており、最高6・3%にも上る高金利にスリランカの
財政は耐えられなかった。

また、中国が香港からポートスーダンまで延びる、中国の
海上交通路戦略「真珠の首飾り戦略」の一部で重要拠点と
なっているモルディブでは、少なくとも16の島を中国の関
係者が賃借し、港湾開発やインフラ整備を進めており、モ
ルディブの対外債務の約8割は中国が占め、返済に行き詰
まった場合、島やインフラ設備をさらに中国に引き渡さざ
るを得なくなる可能性があるとナシード元大統領が指摘し
ている。>

金利6.3%!!!!!!!

金を返せなかったら、島を中国に引き渡さざるを得なくな
る!!!

なんか、「幕末」のことを思いだしました。

幕末、イギリスは、薩長を支援していた。

フランスは、幕府を支援していた。

フランスは、「金はどんどん支援します。返せなくても大
丈夫。その場合は、北海道をください!」と

いっていたと。

なんというか、中国の手法は、160年前の欧米列強とか
わらない。

ところで日本が、この手のプロジェクトに融資する場合の
金利は、どうなのでしょうか?

0.1~0.5%!

日本人として、実に誇らしいです。

「日刊SPA!PLUS」の記事は、中国の戦略、手法が非常によ
くわかる内容になっています。

是非ともご一読ください。

(日刊SPA!PLUSの記事

「愛国のリアリズム」という思考法1

──客観的な事実も無視する左派系リベラルの人々

はこちら。↓
https://nikkan-spa.jp/plus/1509501
(●携帯、スマホで見れない場合、PCでご一読ください。

そして、高橋先生の新刊、

●愛国のリアリズムが日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2CeRvxj )

長年、予測をあてつづけてきた、適切な提言をつづけてき
た高橋先生のすごさがわかる内容になっています。

迷うことなくご一読ください。

~~~~~~~

中国といえば、この国の対日戦略は、どうなっているので
しょうか????

戦争(戦闘)を回避しつつ、中国に勝てる方法はあるので
しょうか???

日本がとるべき大戦略について知りたい方は、こちらをご
一読ください。

全部わかります。

●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

▼お勧め本コーナーへ
====================

【北野幸伯の秘密本】

●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )

「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。

「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。

●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )

コメントを残す

このページの先頭へ