■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 地球史探訪: 敗戦直後の日本を共産革命から救ったのは

■■ Japan On the Globe(1083)■■ 国際派日本人養成講座 ■■

    地球史探訪: 敗戦直後の日本を共産革命から救ったのは
            ~ 江崎道朗『日本占領と「敗戦革命」の危機』から

 敗戦の混乱の中で共産革命を実現しようとする国内およびGHQの共産主義者たちの前に立ちはだかったのは。
■転送歓迎■ H30.09.30 ■ 50,505 Copies ■ 4,526,459Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
■■■ 伊勢雅臣講演のお知らせ ■■■

日時:  平成30年10月21日(日)開場午後1時30分、開演午後2時
場所:  さいたま共催会館(さいたま市浦和区岸町7-5-14)
行事名: 「天皇陛下御即位30年奉祝感謝埼玉県民の集い」
主催:  「天皇陛下御即位30年奉祝感謝埼玉県民の集い」 実行委員会
    第1部奉祝式典、第2部記念講演(伊勢雅臣、3~4時)
演題:  「国民を結ぶ 皇室の祈り」 入場無料、先着400名
申込み: 本メールへの返信にて、ご氏名、年齢をお知らせ下さい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■1.野坂参三の凱旋帰国

 終戦から5か月の昭和21(1946)年1月12日、野坂参三は釜山からの連絡船に乗って、博多港に上陸した。

博多港で待ち構えていた朝日新聞は、このニュースを社会面トップ、4段ぶち抜きで報じた。

__________
 平和時代から支那事変大東亜戦下の十五年を外国生活に過し中国共産党の本拠延安において日本人解放運動の最高指導者として反戦解放運動を活発に続けていた中共(JOG注: 中国共産党)幹部の野坂参貳氏(筆名岡野進)は戦犯者処分、軍国主義者追放など民主主義旋風裡の祖国日本に帰国、十二日正午釜山経由、博釜連絡船で博多港に上陸した。[1, 3989]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 記事はこの後も、「長い四箇月の旅路を祖国再建への熱情で踏破」「大きな役割を示すものとして期待されている」などと、まるで凱旋将軍のような書きぶりである。

 野坂が東京入りすると、「人民の英雄、同志野坂」「働かせろ、食わせろ、家を与えろ」「人民共和政権樹立」などの幟(のぼり)やプラカードが林立するなか、共産主義者の愛唱歌「インターナショナル」を斉唱する群衆に迎えられた。

 野坂参三の凱旋帰国は、敗戦直後のわが国が迎えた共産革命の危機の幕開けであった。

■2.日本共産革命のエース

 世界共産革命を目指してソ連が設立した国際組織コミンテルンの日本代表であり、かつコミンテルン日本支部として創設された日本共産党のメンバーであった野坂参三が、モスクワから中国共産党の本拠地・延安に入ったのは1940年のことだった。

 延安では支那事変で捕虜となった日本軍兵士を洗脳して、将来の日本における共産革命の戦士に仕立てあげる日本労農学校が設けられ、野坂はその校長となった。

そこでは日本軍兵士たちは厚遇され、悪いのは日本の軍国主義者であって、日中両国の人民が協力して彼らを打倒し、日本の兵士や労働者、農民を解放すべきだ、という洗脳がなされた。

 この方法は情にもろい日本軍兵士に大きな効果を上げた。

1944(昭和19)年に延安を訪れたアメリカ軍事使節団は、これに驚き、ここから、終戦後、アメリカ占領軍によって実施される「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」(戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画)に発展した。

 アメリカの使節団は共産主義者が中心となっており、野坂を「明晰な思想家でかつ指導者たる器である」と高く評価した。

野坂はソ連、中国、アメリカの共産主義者たちから見れば、日本で共産革命を起こすためのエース的な存在だったろう。

その期待のエースがいよいよ日本に上陸したのである。

■3.GHQとともにやってきた共産主義シンパ

 日本の占領行政を行ったGHQ(総司令部)は、共産主義者の巣窟だった。

当時は大恐慌の後で、資本主義の失敗が誰の目にも明らかとなり、人類の未来は共産主義にある、と信ずるインテリが多かった。

さらにアメリカの共和制の伝統から、独裁的な帝政を倒して史上初の共産主義政権を樹立したソ連に親近感を持つ人々が少なくなかった。

 ルーズベルト政権が大恐慌克復のために始めたニューディール政策は公共投資を中心とした社会主義的な性格が強いもので、それまで小さな政府だった連邦政府を急拡大したため、多くの共産主義者が政府に入り込んだ。

 ソ連が世界の共産革命を狙って、各地の共産主義シンパとのネットワークを造り、彼らが各国の政権の中枢に入って、ソ連の工作員として働くようになったのも、自然のなりゆきだったろう。

 日本と蒋介石との戦いを煽って、「祖国」ソ連を守ろうとした尾崎秀実はその一例である[a]。

同様にルーズベルト政権内にも200人以上の共産主義者が入り込んで、アメリカをドイツや日本と戦わせようとした[b]。

こうした工作員、共産主義シンパが、GHQスタッフとして日本にやってきて、共産革命を起こそうとしたのである。

■4.GHQの容共政策

 GHQが矢継ぎ早に打ち出した占領政策は共産主義国家がとる政策と本質的に同じであった。

まず報道や言論、思想の自由の抑圧である。

報道や出版、私信の検閲など、総勢6千人を超える陣容で、戦時中よりはるかに厳格な検閲がなされた[c]。

その上で、日本人に罪悪感を植え付ける洗脳工作「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」が進められた。

 ついで反対勢力の弾圧としては、国内法にも国際法にもない「侵略の罪」や「人道の罪」による東條英機元首相ら39人の逮捕。

さらには「公職追放」という名の粛正で、21万人以上の追放

大学や出版社などで多くのポストが空き、それを共産主義シンパやGHQに媚びをうる輩が埋めた。

 GHQのスタッフとして日本共産党を支援したのがハーバート・ノーマンであった。

日本に赴任したカナダ人牧師の息子として、17歳まで日本で育った。

ケンブリッジ大学在学中にはイギリス共産党に入り、その後、カナダの外交官となり、「日本は天皇制を中核とするファシズム国家である」との博士論文を書いて有名になり、マッカーサーによってGHQにスカウトされた。

 そのノーマンが起草した「人権指令」が10月4日に発表された。

治安維持法など思想犯を取り締まる法律をすべて廃止し、それによる拘留者を10月10日までに釈放するように命じた。

同時に10月5日には特別高等警察(特高)の警察官全員の罷免を要求する覚え書きも発した。

 特高、治安維持法などは、日本が共産主義と戦うための手段であったが、それらを全廃し、なおかつ、共産主義者を野に放って、共産革命に火をつけようという魂胆であった。

 府中刑務所から釈放された日本共産党幹部、徳田球一、志賀義雄らは、その日のうちに声明を出して、GHQに謝意を表し、その平和政策を支持するが、「天皇制」を打倒することなしには、ポツダム宣言に謳われた「日本の民主化」も、飢餓の克復もできない、と訴えた。

 こうしてGHQによる共産革命の下地作りが進んだところに、野坂参三が帰国したのである。

■5.「朕はタラフク食っているぞ ナンジ人民飢えて死ね」

 その頃の国内は、食糧事情が悪化していた。昭和天皇は:

__________
食糧事情の悪化は、このまま推移すれば多数の餓死者を出すようになるというが、戦争に塗炭の苦しみをした国民に、このうえさらに多数の餓死者を出すようなことはどうしても自分にはたえがたいことである。[1, 4253]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 と、心配され、皇室御物の目録を作らせて、これを代償にマッカーサーに食料供給を求められた。

マッカーサーは感動して、「皇室の御物をとりあげる事など面目にかけてもできないが、国民のことを思う天皇の心持ちは十分に了解される」として、「かならず食料を本国から移入する方法を講ずるから、安心されたい」と答えた。

 一方、共産党にとっては、国民が苦しむ時こそ混乱に乗じて共産革命に火をつけるチャンスであった。

野坂参三と、釈放された共産党幹部たちは、昭和21(1946)年4月7日、日比谷公園で「幣原反動内閣打倒人民大会」を開催して7万人を集めた。

 翌5月19日には、25万人も集めて「米飯獲得人民大会(食料メーデー)」を皇居前で開催した。

この時、「朕はタラフク食っているぞ ナンジ人民飢えて死ね」などと書いたプラカードをデモ隊は掲げ、暴徒の一部が坂下門を突破して皇居に乱入した。

 この頃、警視庁が行った調査では、大半の世帯が米飯を一日に一回小盛りで食べるのがせいぜいで、あとは雑炊やいもなどの代用食でつないでおり、一日に米一粒も食べられない世帯も決して少なくなかったほどであった。

 マッカーサーは昭和天皇の御要望に答えようと、ワシントンに対して214万トンの対日食糧輸出を要請した。しかしアメリカ本国は、その要請を1946年2月に却下している。

 3月から小麦・雑穀の輸入が始まったものの、ソ連もメンバーとなっている極東委員会からは「日本はいかなる連合国または解放諸国より食糧補給の優先的取扱ひを受けざる」よう掣肘を受けた。

食料不足に苦しむ国民が増えるほど、反政府・反米のムードが盛り上げるからである。

■6.労働争議、ストライキなど頻発し、、、

 食料・経済危機を背景に、共産党は労働争議を盛り上げていった。

特に8月、9月は労働争議への参加が60万人規模に達した。

激しいインフレに対応するための賃上げ要求などが中心だったが、やがて運動は急速に政治化し、12月17日には「吉田内閣打倒国民大会」が「人民広場」と呼ばれた皇居前広場で開催され、50万人が集結した。

 労働組合の組織化も急速に進み、官公庁、民間含め、組合員は600万人に膨れあがった。

 吉田首相は昭和22(1947)年1月1日の年頭の辞において、こうした動きへの危機感を訴えた。

__________
 昨年以来労働争議、ストライキなど頻発し、生産減退、インフレおよび生活不安を激化し、いわゆる経済危機を助成せしめつつある現状であります。・・・

 いわゆる労働攻勢、波状攻撃などと称して市内に日日デモを行い、人心を刺激し、社会不安を激化せしめて、あえて顧みざるものあるは私のまことに意外として、また心外にたえぬところであります。[1, 5812]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この後、吉田首相は「しかれども私は、かかる不逞のやからが、わが国民中に多数あるとは信じられません」と語ったのだが、この「不逞のやから」発言を批判して、組合側は2月1日のゼネスト実施を宣言した。

ゼネスト、すなわちゼネラル・ストライキは多数の産業にまたがる諸組合が一斉にストをして、経済を麻痺させる戦術である。

 共産党は「民族の独立と産業再建を妨げる吉田内閣を倒し、民主人民政府の樹立されるまで断乎として戦う」と、革命を宣言した。

野坂は東京のソ連代表部の参事官に対して、定期的に共産党の活動を報告していた。

吉田首相は「ソ連の代表などは、当時の労働不安、社会不安は、むしろ歓迎していて」と指摘している。

■7.「もしゼネストが実行されていたら、、、」

 ゼネスト予定日2月1日の前日、マッカーサーが禁止命令を出した。

「余は現下の困窮かつ衰弱せる日本の状態において、かくの如き致命的な社会的武器を行使することを許容しない」と、共産革命を許さない姿勢を示した。

 この背景には、GHQ内部で、共産革命を支援する動きに立ち上がった人物がいた。

GHQ参謀第2本部の部長チャールズ・ウィロビー将軍である。

ウィロビーはある日本人から示唆を受けて、ソ連とアメリカ共産党の関係を知り、さらにはGHQ内での共産主義シンパの追い出しにかかっていた。

 マッカーサー自身も、日本の民主化は求めていたが、共産化は欲していなかった。

ゼネストの動きを見ていて、これ以上放任すれば、日本の秩序を紊(みだ)し、治安の上からも危険であると誰でもが認めざるを得ない段階に至るのを待っていたのである。

果たして、ゼネスト中止命令に対して、ソ連から抗議が来たが、マッカーサーは一蹴した。

 こうして間一髪の処で、ゼネストは回避された。

吉田首相は言う。「もしもあの時、総司令部の断が下らず、二・一ストが実行されていたとしたら、その後の日本の状況はどうなっていたであろうか」

■8.国民を覚醒させた昭和天皇の御巡幸

 共産革命が不発に終わったのは、昭和天皇がマッカーサーに皇室御物の目録まで添えて頼まれた食料輸入が、昭和21(1946)年6月頃から本格化し始めた事も寄与した。

たとえば東京都民が配給を受けた食料のうち、8月、9月は輸入分が90%以上となっていた。

これが国民を餓死から救った。

 もう一つ、日本国民を覚醒させたのは、昭和天皇の全国御巡幸だった。

昭和天皇は「この際、全国を隈なく歩いて、国民を慰め、励まし、また復興のために立ちあがらせる為の勇気を与へることが自分の責任と思ふ」との御決意のもと、昭和21(1946)年2月から、沖縄を除く全都道府県を8年半かけて回られた。

 御巡幸については、拙著『日本人が知らない 世界が称賛する日本』[d]で紹介したが、敗戦直後では宿舎もままならず、列車の中や学校の教室に泊まられたこともあった。

「戦災の国民のことを考へればなんでもない。

十日間くらゐ風呂に入らなくともかまはぬ」と言われた。

 常磐炭坑では、地下450メートルの坑内を歩かれ、40度の暑さの中を背広、ネクタイ姿で、上半身裸の鉱夫たちを激励された。

深い坑内で万歳の声が轟(とどろ)いた。

昭和天皇が訪れられる先々で、国民は勇気づけられ、生産高は飛躍的に上がった。

 ソ連抑留中に洗脳され、革命の尖兵として帰国したが、昭和天皇と国民の心の通い合いを見て、涙ながらに「天皇陛下さまと一緒に私も頑張ります」と語った引き揚げ者もいた。

 ゼネストで国民の生活をさらに苦しめて、混乱の中から革命につなげようとする共産主義者に対して、「国民を慰め、励まし、また復興のために立ちあがらせる為の勇気を与へる」昭和天皇の大御心が共産革命の機運をしぼませたのである。
                                        (文責 伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(263) 尾崎秀實 ~ 日中和平を妨げたソ連の魔手
 日本と蒋介石政権が日中戦争で共倒れになれば、ソ・中・日の「赤い東亜共同体」が実現する!
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h14/jog263.html

b. JOG(929) スターリンが仕組んだ日米戦争
 米政府内に潜伏した200人以上のソ連スパイがルーズベルト政権を操って、日米開戦を仕組んだ。
http://blog.jog-net.jp/201512/article_1.html

c. JOG(098) 忘れさせられた事
 戦後、占領軍によって日本史上最大の言論検閲が行われた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog098.html

d. 伊勢雅臣『世界が称賛する 日本人の知らない日本』、育鵬社、H28
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594074952/japanonthegl0-22/

__________
■伊勢雅臣『世界が称賛する 日本人の知らない日本』に寄せられたアマゾン・カスタマー・レビュー 112件、5つ星のうち4.9

★★★★★ 自分の「根っこ」を探して(anaさん)

20代のOLです。
テレビやインターネットで「日本人は素晴らしい」という外国の方の投稿を見て驚きました。
学校で掃除の時間があること、落し物が手元に戻ってくること、ゴミが落ちていないこと等々。

当たり前だと思っていたことが、実は世界では稀少な現象であるということを知り、なぜそういう文化が日本にはあるのか、なぜ外国にそれがないのか、もっと知りたいと思いました。

書店で本書を見かけ、早速購読したところ、その答えが少しずつ明確になってきました。
自然に対する敬意、もったいないと思う気持ち、和を貴ぶ精神、自分の中にもそういう文化が根付いており、それが自分の根っこなのだ、と。

国際化に対応できなければ社会人として生き残れない、と英語などを学んできましたが、それよりももっと大事なことが本書には書かれています。

大学生や私のように社会に出て間もない、若い世代にぜひ読んで欲しいです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 江崎道朗『日本占領と「敗戦革命」の危機』★★★、H30、PHP新書
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B07H2RYMJB/japanonthegl0-22/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ