RPE : ★ルトワック、米中対立は中国の体制崩壊までつづく!

★ルトワック、米中対立は中国の体制崩壊までつづく!

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

毎日新聞10月14日付に、世界一の戦略家ルトワックさ
んのインタビューに関する記事が出ていました。

なかなか衝撃的な内容ですので、ご紹介します。

米国防総省のアドバイザーなどを務め、戦略論研究で知
られるエドワード・ルトワック氏が来日し、毎日新聞のイ
ンタビューに応じた。

貿易や知的財産権などを巡る米中対立について「長期間に
及ぶことになる。

対立は中国共産党政権が崩壊するまで続くだろう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と語った。>

今起こっている「対立」は、

「中国共産党政権が崩壊するまで続くだろう」

だそうです。

深呼吸して考えれば、実に衝撃的な発言ですね。

<米政界における親中派はもはや「壊滅状態」と指摘。>

(同上)

アメリカの「親中派」は「壊滅状態」だそうです。

驚くべきことです。

「中国に勝つ日本の大戦略」の3章で、「米中関係の真実」

について書かせていただきました。

アメリカは、ニクソンの時代から、基本的に一貫して「親
中」でした。

キッシンジャーは、70年代から「米中は事実上の同盟関
係にある」と宣言していた。

中国が急成長をつづけることができたのは、アメリカ(と
日本)からカネと技術を好きなだけ受け取ることができた
からです。

レーガンもブッシュ(父)もクリントンもブッシュ(子)
もオバマも、

基本的には皆親中だった。

(オバマは、2015年3月のAIIB事件以降、反中。)

ところが今は、「親中派は壊滅状態」だという。

<現在は軍需産業や外交ロビーに加え、シリコンバレーな
どのハイテク企業も対中圧力を求めるようになり、米政府
の「締め付けが始まっている」と強調した。

トランプ政権の発足直後、ハイテク産業は「自分たちのビ
ジネスに干渉しないでくれという姿勢だった」が、中国に
よる知的財産権の侵害事案が相次ぎ、現在は「ワシントン
に来て、助けが必要だと要請するようになっている」とい
う。>

(同上)

なんと、シリコンバレーも「反中」に転じているそうです。

アメリカは、「挙国体制」になってきました。

<米中両国が核兵器保有国であることから「米中が軍事衝
突する可能性はない」とも強調。

ただ、その結果、かえって対立は長引き、共産党支配が終
わる

「レジーム・チェンジ(体制変革)」まで収束しないと予
測した。>

(同上)

この話、RPEで何度も書いてきました。

米中共に、両国ばかりか地球を破壊できる量の核をもって
いる。

だから大戦争(大戦闘)にはなりにくい。

主戦場は、「経済戦争」に移行しているのですね。

そして、

<共産党支配が終わる「レジーム・チェンジ(体制変革)
」まで収束しないと予測した。>

そうです。

▼ルトワック説は日本にとって

ルトワックさんの意見が「真実」だとしましょう。

日本にとっては、何を意味するのでしょうか?

1、安全保障面では、大きなプラス

皆さんご存知のように、中国は明確な「日本破壊戦略」を
もっています。

・中国、ロシア、韓国で、「反日統一共同戦線」をつくろ
う!

・中ロ韓で、日本の領土要求を断念させよう!

・日本に断念させる領土とは、北方4島、竹島、尖閣・
【沖縄】である!

・日本には、【沖縄】の領有権はない!

・反日統一共同戦線には、【アメリカ】も入れなけれ
ばならない

●全国民必読絶対証拠はこちら。

http://rpejournal.com/rosianokoe.pdf

中国の現政権は、「日本壊滅」を願い、実際積極的に行動
している。

ですから中共政権がなくなるのは、日本にとっていいこと
です。

2、経済では悪影響

アメリカとソ連の冷戦時代、二つのシステム間には、ほと
んど経済交流がありませんでした。

(少しはありましたが。)

それで、冷戦時代、日本は問題なく経済成長することがで
きた。

しかし、米中冷戦は、事情が違います。

中国は、世界経済に完璧に組み込まれている。

というわけで、米中貿易戦争の悪影響から、日本は逃れる
ことができないでしょう。

来年再来年には、「消費税再引き上げ」「東京五輪バブル
終焉」という二つの爆弾が経済に落とされます。

私たちも今から準備をしていきましょう。

3、日本の針路

もうすぐ安倍総理は、中国に行く。

ルトワックさんの話がホントであれば、安倍総理は「アメ
リカの敵国」に行く。

「日本の軍事同盟国アメリカの敵国に行くのだ」

という自覚をはっきりもっていただきたいと思います。

前号でも書きましたが、中国は負ける側です。

日本は前回、負けるナチスドイツと同盟を組み、破滅しま
した。

今回は、すでに「勝つ側」と「同盟関係」にある。

大切に現状を維持していただきたいと思います。

ちなみに世界一の戦略家ルトワック氏、日本への提言。

たった800円+税で読むことができます。

世界を救うRPE読者の皆さま必読の内容になっています
ので、迷うことなくご一読ください。

●日本4.0 エドワード・ルトワック

(詳細は→ https://amzn.to/2NZMjTr  )

~~~

●PS1

今回本文にでてきた「反日統一共同戦線戦略」。

もっと詳しく知りたい方は、こちらをご一読ください。

戦略の中味と日本の対応策。

全部わかります。

●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

●PS2

「中国に勝つ日本の大戦略」は、主に「外交」の話でした。

しかし「内政の話もする必要があるな」ということで、現

在本を書いています。

いままでの本とは、全然違う感じになりそうなので、楽し
みにしていてください。

▼お勧め本コーナーへ
==================

【北野幸伯の秘密本】

●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )

「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。

「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。

●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )

↓●「お勧め本コーナー」へ
=================

★北野の「お勧め本」コーナー

私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。

●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:ビジネスと経済ー政治

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ