RPE : ★バフェットパパの真珠湾攻撃観

★バフェットパパの真珠湾攻撃観

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

昨日は、世界第3位の大富豪バフェット家に伝わる教えを
見てきました。

今日も「バフェットネタ」です。

といっても、ウォーレン・バフェットさんのお父さんハワ
ード・バフェットさんの話。

ハワードさんは、アメリカの議員さんでした。

ウォーレン・バフェットさんは、お父さんのハワードさん
を心から尊敬しているそうです。

常々、「父から無条件の愛の大切さを学んだ」と語ってい
ます。

そんなハワードさん、「真珠湾攻撃」について、とても面
白い見方をしていました。

▼ハワード・バフェットの「真珠湾攻撃観」

真珠湾攻撃が起こった時、ウォーレン・バフェットさんは
11歳の少年でした。

お父さんハワードさんの反応はどうだったのでしょうか?

<ハワードと友人たちは、

ルーズベルトは独裁者になりたいがために戦争を挑発して
おり、

アメリカをまたもやヨーロッパでの戦争に引きずり込もう
としていると考えていた。

ルーズベルトと陸軍参謀総長ジョージ・C・マーシャル大将は、

捨て鉢の賭けに出たのだと、ハワードは信じていた

「つまり、ヨーロッパでの戦争にアメリカ国民を参加させ
るには、

日本にわれわれを攻撃させるしかないから、

真珠湾奇襲を事前に知っていても、

それを国民に伏せておく、

というものだ」

バフェットはいう。

当時の保守派のあいだでは流布していた見方だったが、

ハワードは何事においてもそうであるように、

これを固く信じていた。>

(スノーボール 上 129~130p)

どうですか、これ?

「つまり、ヨーロッパでの戦争にアメリカ国民を参加させ
るには、

日本にわれわれを攻撃させるしかないから、

真珠湾奇襲を事前に知っていても、

それを国民に伏せておく、」

をウォーレン・バフェットのお父さんは信じていた。

「ふぉふぉふぉ、バフェットさんのお父さんは、トンデモ
、陰謀論者だったのですな・・・」

こんな風に思う人はいるでしょうか???

▼アメリカ元大統領の告白

実をいうと、この説もはや「陰謀論」のレベルをはるかに
超えています。

なんといっても「元大統領」が「そうだった!」と断言し
ているのですから。

ルーズベルトの前のフーバー大統領(任期:1929~1
933)が、衝撃の証言をしています。

2011年12月7日の産経新聞を見てみましょう。

<真珠湾攻撃70年 「ルーズベルトは狂気の男」フーバ
ー元大統領が批判

【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代
米大統領(1874~1964年)が、日本軍が1941
年12月8日、米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だ
ったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882~
1945年)について、

「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む
陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かっ
た。>(産経新聞2011年12月7日)

え? 

あのルーズベルトが狂気の男? 

いったいどういうことなのでしょうか?

<米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だ
ったフーバーのメモなどを基に著した「FREEDOM 
BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する
口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。

ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとし
た-などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんで
は消えてきたが、米大統領経験者が“陰謀説”に言及して
いたことが判明したのは初めて。>(同前)

これまでも「ルーズベルトは、真珠湾攻撃を事前に知って
いた」(つまり、奇襲ではない)、

「日本を対米戦に引きずり込もうとした」(つまり、好戦
的な日本が、平和的なアメリカを攻めたわけではない)と
いう陰謀論はあったと。

しかし、アメリカの大統領が、このことを断言していると
すれば、重みが全然違ってきますね。

「おまえ陰謀論者だろう?!」といわれたら、「いや、フ
ーバー大統領がいってるんだよ」と反論できます。

<ナッシュ氏の著書によると、フーバーは第三三代大統領
のトルーマンの指示で戦後の日本などを視察。

四六年に訪日し、東京で連合国軍総司令部(GHQ)のマ
ッカーサー元帥と会談した。

その際、フーバーはマッカーサーに対し、日本との戦争は
「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の
願望だった」と指摘。

在米日本資産の凍結など41年7月の経済制裁は「対独戦
に参戦するため、日本を破滅的な戦争に引きずり込もうと
したものだ」と語ったという。〉(同前)

要するに、「日本は、ずる賢いルーズベルトに、先制攻撃
するよう誘導されちゃった」と。

なぜかというと、「アメリカがドイツと戦争したかったか
らだ」と。

なぜちゃっちゃと参戦できなかったかというと、ルーズベ
ルトは「参戦しないこと」を選挙公約にしていたから。

なぜ、「日本ではなく、ドイツを嵌めなかったのか?」と
いうと、ヒトラーは同じようにずる賢くて、アメリカの挑
発に乗らなかったのです。

<マッカーサーも、「ルーズベルトは四一年夏に日本側が
模索した近衛文麿首相との日米首脳会談を行い、戦争回避
の努力をすべきだった」と批判していた。>(同前)

なんとマッカーサーも、「日本側は戦争を回避するために
努力したが、戦争を望むルーズベルトがそれをぶち壊した」
と考えていたというのです。

皆さん、「自虐史観」は捨てましょう。

「日本だけが悪かった」とかバカげています。

ただ、だからといって、「まんまと罠にはまった」当時の
日本の指導者たちは、責任を逃れることはできないでしょ
う。

とはいえ、過去のことより、現在、未来が大事です。

中国は、どんな罠を日本に用意しているのでしょうか?

どうすれば、その罠を無力化することができるのでしょう
か?

これを読めば、全部わかります。

●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

●PS

「中国に勝つ日本の大戦略」は、主に「外交」の話でした。

しかし「内政の話もする必要があるな」ということで、現

在本を書いています。

いままでの本とは、全然違う感じになりそうなので、楽し
みにしていてください。

▼お勧め本コーナーへ
====================

【北野幸伯の秘密本】

●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )

「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です

コメントを残す

このページの先頭へ