【実話】朝鮮半島からの引き揚げ体験談

こんにちは。
リアルインサイトの今堀です。

最近、ザ・リアルインサイト会員の
あるお客様から貴重なお話をうかがう
機会がありました。

それをきっかけに思い出したことを
含めて、少しお話しさせていただきたいと
思います。

おうかがいしたお話というのは、
朝鮮半島からの

「引揚げ体験」

に関するものです。

その方は、敗戦直前の昭和20年
(1945年)5月に、現在の北朝鮮に
お勤めになっていたお父上の元に、

ご家族で向かわれたということでした。

当時小学校4年生でいらしたそうですが、

・引揚げで日本の土を踏むまでに
 1年半を要し、帰国後もう一度
 4年生として小学校へ通ったこと

・混乱の中で40日間の野宿を経験したこと

・軍歴のあったお父上が、もう少しで
 シベリアに抑留されるところだったこと

・朝鮮に渡る直前には、米軍機P-51の
 機銃掃射に遭ったこと

など、お聞かせいただきました。

この方は、現在も現役で事業を手がけて
いらっしゃり、

お電話で何度かお話しさせていただいた
ことがありましたが、お声を聞く限りでは
それほどのご年齢だと思っておりません
でした。

大変なご苦労をされたはずですが、
語り口に悲壮感は感じられず、ただ

「現実に体験されたこと」

の重みが伝わりました。

戦争体験をお持ちであるからこそ、
我が国の安全保障については高い
ご関心をお持ちでいらっしゃり、

私が以前このメールで書いた自民党の
「改憲議論」についてのご意見を
いただいたことが、

貴重なご体験についてお聞かせ
いただくことにつながりました。

個人的に「引揚げ」に関しては以前から
関心がありましたので、

藤原てい氏(数学者の藤原正彦氏の
お母上です)の

『流れる星は生きている』

や、

以前米国内で中学校の教材として用い
られていることに対する韓国系米国人の
反発で話題になった
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏の

『竹林はるか遠く』

など、引揚げ体験に関する書籍に
ついてもお話しさせていただきましたが、
ご本人も現在、

ご自身の体験を記録として書き残して
おこうと奮闘中でいらっしゃると
いうことでした。

ここで少し話が変わりますが、

私の父の実家には、大きな仏壇が
あり、軍服を来た若い男性の遺影が
置かれています。

それは祖父の兄で、「戦死した」
ということは幼い頃から聞かされて
いました。

多少はものが分かる年になってから
父に教えてもらったのは、

・私の祖母は、元々祖父の兄の嫁
 だった

・結婚後、子供のいないうちに
 祖父の兄は出征し、戦死

・未亡人となった祖母は、後に
 出征から生還した祖父と再婚

・明治生まれだった祖父母は、
 当時としては遅い子供として
 父を育てた

ということでした。

大伯父の戦死がなければ、自分という
人間がこの世に生を受けることは
なかったのだと考えると、

今でも不思議な気持ちになります。

ともあれ、「敗戦」という体験は、
全国民にとって非常に過酷なもので
あったことでしょう。

歯を食いしばって復興を成し遂げた
方々のおかげで、現在の日本がある
ことに改めて感謝するとともに、

次代へ遺すべきものを、我々が
失いつつあることについて、正しい
危機感を持たねばならないと感じます。

先の大戦のご記憶をお持ちの方が、
まだご健在でいらっしゃるにも
関わらず、

私達は正視すべき歴史を失いかけては
いないでしょうか。

戦争を避けるために、本当に必要なことは
何かを考える上でも、

真に重要なのは、歴史を正しく知ること
なのではないかと思います。

ザ・リアルインサイトでは、そうした
歴史の真実も引き続きお伝えして
行きたいと思っています。

11月号コンテンツでは、昨年12月号の
インタビュー以来、約1年ぶりのご登場と
なる、評論家の

江崎道朗(えざき・みちお)氏の
講演会収録映像

「敗戦革命という日本史上最大の危機を
 救った人々の真実」

をお届け予定です。

現実の脅威であった「敗戦革命」という
知られざる真実と、

昭和天皇を始めとする方々が、それに
果敢に立ち向かった史実が明かされます。

必見です。

会員の皆様は、是非楽しみにお待ち下さい。

【参考図書】

『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの
 戦争体験記』
(ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ著,
 ハート出版, 2013年)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M5356&c=12415&d=3822

『流れる星は生きている』
(藤原てい著, 中公文庫, 2002年)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M5357&c=12415&d=3822

『水子の譜(うた)―ドキュメント
 引揚孤児と女たち』
(上坪隆著, 現代教養文庫, 1993年)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M5358&c=12415&d=3822

『日本占領と「敗戦革命」の危機』
(江崎道朗著, PHP新書, 2018年)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M5359&c=12415&d=3822

それでは、また。

今日も皆様にとって幸多き1日に
なりますように。

日本のよりよい未来のために。

私達の生活、子ども達の命を守る
ために、ともに歩んでいけることを
切に願っています。

リアルインサイト 今堀 健司

コメントを残す

このページの先頭へ