RPE : ★なぜインドは日本にとって【最重要国】なのか?

★なぜインドは日本にとって【最重要国】なのか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

もうすぐインドのモディさんが来られるのですね。

これに関連して、二つニュースがでています。

<<円借款>インドに3000億円 29日首脳会談で伝達

毎日新聞 10/24(水) 23:57配信 

政府はインドに対し、日本の新幹線方式を導入する鉄道建
設などを対象に今年度、3000億円超の円借款を供与する
方針を固めた。

安倍晋三首相が29日、東京都内で予定するモディ首相と
の会談で伝える。>

「今年度、3000億円超の円借款を供与する」そうです。

<政府は2015年度以降、年間3000億円超の円借款を
含む政府開発援助(ODA)をインドに供与している。同国に
対する円借款の累計額は今年度を含めて約6兆円で、世界
で最も多い。

政府は「自由で開かれたインド太平洋戦略」の一環として、
今年度も高水準を維持することにした。【秋山信一】>

(同上)

「円借款の累計額は約6兆円」で「世界で最も多い」そうです。

実にすばらしい!

なぜすばらしいか、その理由は後述します。

もう一つ。

<安倍首相>印首相を別荘招待 中国とバランス外交

毎日新聞 10/23(火) 21:58配信 

安倍晋三首相は23日の自民党役員会で、近く訪日するイ
ンドのモディ首相を、山梨県鳴沢村の自身の別荘へ招くと
明らかにした。

モディ氏は28日に別荘を訪れ、正式な首脳会談は29日に
東京で行う。>

モディさんを別荘に招待したそうです。

誰かと「緊密な関係になりたいとき」「緊密であることを
示したいとき」

こんなことをするのですね。

日本の総理が、外国首脳を別荘に招く。

これは、なんと中曽根さんがレーガンさんを招待して以来
だそうです。

なんとも「特別待遇」です。

すばらしい!

▼インドは、アメリカに並ぶ【最重要国家】

なぜ安倍総理が、インドのモディさんを特別待遇することが
すばらしいのか?

日本にとってインドは、アメリカに並ぶ【最重要国家】だか
らです。

なぜ?

軍事同盟国アメリカが「最重要国家」であるのは、中学生で
もわかります。

アメリカとの同盟がなければ、尖閣は、とっくに中国のもの
になっていたでしょう。

沖縄も危険です。

(中国は、「日本には、沖縄の領有権はない!」と宣言して
いる。)

では、インドは、なぜ最重要国?

アメリカは、日本の軍事同盟国ですが、その力は相対的に
どんどん弱くなっています。

トランプさんのスローガンは、「アメリカを再び偉大に!
」でしょう?

ということは、トランプさんは、「アメリカは、昔偉大だ
ったけど、今は偉大じゃない」と考えている。

確かに、40~50年代とか90年代とかと比べると、ア
メリカは衰えている。

「世界の警察官じゃない!」と自ら宣言するぐらいですか
ら。

そうなると、「アメリカ同盟頼り」だけだと危険ですね。

もちろん、「自主防衛能力」を向上させていくことが最重
要。

一方で、他の大国との同盟関係も深めていく必要がある。

日本が「同盟国」に選ぶなら、インドが最適なのです。

なぜ?

ライフサイクルを見ると、欧州は成熟期、アメリカも成熟
期、中国は成長期の最末期となっている。

しかし、インドだけは、いまだ成長期の前期にあり、これ
からもますます成長しつづけていくことが確実。

インドは1947年、イギリスから独立しました。

その後、混乱期が長くつづき、この国が成長期に入ったの
は1991年でした。

この年、インドは「経済社会主義」を捨てて、「自由化」
に踏み切った。

中国は、?小平が「資本主義導入」を決めた1978年から成
長期に入った。

つまり、インドが成長期に入ったのは、中国より13年遅か
ったことになります。

インドのGDPは2016年、2兆2564億ドルで、世界7位。

しかし、一人当たりGDPは同年、1723ドルで、世界144位と
いう低さ。

常識的に考えると、インドはまだまだ「成長期前期」にい
ることがわかります。

この国の一人当たりGDPが、(それでも貧しい)いまの
中国並みまで増加したと仮定します。

すると、インドのGDPは、約9兆ドルになり、日本を軽
く超えてしまいます。

そして、インドの人口は、日本の約10倍、12億100
0万人ですから、同国のGDPが将来日本を超えることは
「必然」なのです。

将来、インドは、中国に並ぶ大国になるでしょう。

ですから、日本は未来を見据え、インドとの関係を強化し
ていく必要があります。

というわけで、アメリカとインドが日本の最重要国家です。

安倍総理は、「大戦略観」をもって、インドとの関係強化
に取り組んでおられる。

実にすばらしいことです。

●PS1

インドに比べると、中国は「戦争は詭道なり」の国。

「ウソは善」とする孫子を重んじ、日本破滅の戦略をもっ
ています。

どんな戦略?

対抗策はあるの?

これを読めば、「戦わずして、中国の対日戦略を無力化す
る方法」が全部わかります。

●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )

●PS

「中国に勝つ日本の大戦略」は、主に「外交」の話でした。

しかし「内政の話もする必要があるな」ということで、現
在本を書いています。

いままでの本とは、全然違う感じになりそうなので、楽し
みにしていてください。

コメントを残す

このページの先頭へ