「スパイ天国」日本を狙う中朝工作員の恐るべき活動

「スパイ天国」日本を狙う中朝工作員の恐るべき活動
濱口和久(拓殖大大学院特任教授)
(青林堂『日本版 民間防衛』より)

 日本は工作員天国といわれている。

日本には世界の国ならどこでも持っている「スパイ防止法」がない。

 工作員にとっての天国とは次のような状態だ。
 
①重要な情報が豊富な国、②捕まりにくく、万一捕まっても重刑を課せられない国のことである。

 日本は最先端の科学技術を持ち、世界中の情報が集まる情報大国でもある。
 
しかも、日本国内で、工作員がスパイ活動を働いて捕まっても軽微な罪にしか問われない。
 
スパイ活動を自由にできるのが今の日本なのである。
 
つまり、工作員にとっては何の制約も受けない「天国」だということを意味している。

 アメリカに亡命したソ連KGB(国家保安委員会)少佐レフチェンコが「日本はKGBにとって、最も活動しやすい国だった」と証言している。
 
ソ連GRU(軍参謀本部情報総局)将校だったスヴォーロフは「日本はスパイ活動に理想的で、仕事が多すぎ、スパイにとって地獄だ」と、笑えない冗談まで言っている。
 
日本もなめられたものである。
 
 日本は北朝鮮をはじめとする工作員を逮捕・起訴しても、せいぜい懲役1年、しかも執行猶予がついて、裁判終了後には堂々と大手をふって出国していく。
 
 中国が得意とするスパイ活動に「ハニー・トラップ(甘い罠)」という手段がある。
 
ハニー・トラップは、女性工作員が狙った男性を誘惑し、性的な関係を利用して、男性を懐柔、もしくは脅迫して機密情報を聞き出す諜報活動のことだ。
 
中国にとって、ハニー・トラップはサイバー攻撃と並んで機密情報を奪い取るための重要な手段となっている。

 イギリス紙タイムズ(電子版)が2014年11月に報じたところによると、イギリス国防省の諜報機関の上級職員向けに、中国のハニー・トラップ対策マニュアルを策定。
 
マニュアルは中国のハニー・トラップに関して「手法は巧妙かつ長期的。中国人諜報員は食事と酒の有効性を知り尽くしている」としたうえで、「中国の情報に対する貪欲さは広範囲かつ無差別だ」と分析。
 
「中国には諜報員が存在するが、彼らは国の諜報機関の命令によって動く中国人学生、ビジネスマン、企業スタッフの裏に隠れている」と指摘した。

 また、中国でのイギリス製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)の汚職疑惑に絡んで、同社の中国責任者が自宅で中国人ガールフレンドとセックスしているところを隠し撮りされ、その動画がGSK役員らに送りつけられた。
 
中国のハニー・トラップの標的になるのは、政府や諜報機関の関係者にとどまっていない。

 中国人女性工作員の“活躍”はイギリスだけではない。
 
アメリカ軍の最高レベルの機密情報にアクセスできる立場にあった元陸軍将校が、国際会議で出会った女性と2011年6月から恋愛関係となり、戦略核兵器の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、環太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画といったアメリカ軍の機密情報を伝えたという。
 
この元陸軍将校は国防機密漏洩の罪などで逮捕、刑事訴追された。(SankeiBiz 平成28年1月11日付)

 中国人女性工作員は、日本人男性に対しても、ハニー・トラップを仕掛けてきている。
 
中国の公安当局者が、女性問題をネタにして日本の領事に接近。
 
この領事は総領事館と本省との間でやりとりされる暗号通信にたずさわっている電信官で、中国側は日本の最高機密であるこの電信の暗号システムを、領事に強要して手に入れようとした。
 
だが、電信官は「自分はどうしても国を売ることはできない」という遺書を残して、平成16(2004)年5月に総領事館内で首吊り自殺をしている(上海日本総領事館領事の自殺事件)。

※画像はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
※画像はイメージ(ゲッティ・イメージズ)
 領事の自殺により、電信の暗号システムの情報流出は防げたが、中国に出張した際、ハニー・トラップに引っ掛かった政治家、企業家、研究者(技術者)は1000人をはるかに超えているといわれている
 
彼らの中には、中国側が欲しい情報を提供したことがある日本人もいるかもしれない。
 
いや、発覚していないだけで、間違いなく情報を提供していると考えるべきだろう。

 もしあなたが、これらの職業に就いていて、中国人女性が近づいてきた場合は、ハニー・トラップを警戒し、不用意に女性と深い仲にならないようにすべきだろう。
 
また、中国人女性と結婚した自衛官は500人を超えている。
 
その中には幹部自衛官も含まれる。女性から自衛官に接触し結婚したケースが大多数だ。
 
自衛隊の情報が中国側に漏れているとしたら、日本の安全保障上にも影響を与えていることになる。

 実際、平成19(2007)年1月、神奈川県警が海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」(イージス艦)乗組員の2等海曹の中国籍の妻を入管難民法違反容疑(不法残留)で逮捕。
 
家宅捜索したところ、イージス艦の迎撃システムなど機密情報に関する約800項に及ぶファイルが発見されている。
 
2005年6月に中国のシドニー総領事館の一等書記官だった陳用林がオーストラリアに亡命した。
 
彼は、日本国内に現在1000人を優に超える中国の工作員が活動していると証言している。
 
日本国内に北朝鮮の工作員はどれくらい潜伏しているのだろうか。
 
不審船や木造船を用いて不法上陸したり、他人に成りすまし偽造パスポートなどで入国している工作員も間違いなくいる。

 
 一方、工作員は日本人の協力者や在日本朝鮮人総聯合会(略称は朝鮮総聯)に関係する在日朝鮮人らと共謀して、日本からヒト、モノ、カネなどを持ち出してきたことは周知の通りだ。
 
日本人拉致、核開発関連の研究者の勧誘、ミサイル技術流出への関与、日本製品の不正輸出、不正送金など。
 
 
麻薬・拳銃売買などの非合法活動にも手を染めているのが朝鮮総聯である。
 
祖国防衛隊事件や文世セ光事件を引き起こした歴史的経緯から、公安調査庁から破壊活動防止法に基づく調査対象団体に指定されている。
 
 
 北朝鮮で製造されるミサイル部品の90%は日本から輸出されていた(2003年5月、米上院公聴会での北朝鮮元技師の証言)。
 
北朝鮮の核施設元職員で1994年に韓国に亡命した金大虎は、各施設には多数の日本製の機械や設備があったと証言。
 
平成24(2012)年3月、北朝鮮にパソコンを不正輸出したとして外為法違反罪で在日朝鮮人の会社社長が逮捕された。
 
北朝鮮への経済制裁で全面禁輸となった後も、パソコン機器1800台を無承認で輸出。
 
関連機器の輸出総数は約7200台にのぼるとみられている。
 
 平成29(2017)年秋ごろから日本海沿岸に北朝鮮船籍と思われる木造船が数多く漂着している。
 
以前から同じような木造船が日本海沿岸で発見されていたが、報道はほとんどされてこなかった。
 
同年11月23日、秋田県由利本荘市の船係留場に全長約20メートルの木造船が流れ着き、乗組員8人が警察に保護された。
 
8人は調べに対し、イカ釣り漁の最中に船が故障し、およそ1カ月漂流していたと話したという。

 これ以外にも、北海道や青森、秋田、山形、新潟、石川の各県で北朝鮮籍の漁船と思われる木造船が漂着・漂流している。
 
中には船内から遺体が発見されたケースもあった。
 
だが、一連の漂流・漂着を単なる漁民の漂流・漂着として片づけることのできない事態が起きた。
 
日本は6852の島嶼(周囲が100メートル以上)から構成されているが、そのうちの約6400が無人島で、それに伴う海岸線の総延長距離は3万3889キロメートルに達している。

 24時間体制で海上保安庁が海上から不審船等を監視・警戒しているとはいえ、すべてを確認することは難しい。

 
木造船はレーダーでは見つけにくいという問題もあるなか、北海道松前町の無人島である松前小島に一時避難した北朝鮮籍の木造船が、北朝鮮人民軍傘下の船とみられることが同年12月5日に明らかになったのだ。
 
船体には「朝鮮人民軍第854軍部隊」というプレートがハングル文字と数字で記されていた。

抵抗しながら警察官らに連行される北朝鮮船の乗員(中央)。北海道松前町の無人島に接岸した北朝鮮の木造船の乗員とみられる=2017年9月、北海道函館市
抵抗しながら警察官らに連行される北朝鮮船の乗員(中央)。北海道松前町の無人島に接岸した北朝鮮の木造船の乗員とみられる=2017年9月、北海道函館市
 北朝鮮では、軍が漁業や農業などの生産活動にも従事しており、乗組員9人は、北海道警の事情聴取に対して、秋田県由利本荘市の事案と同様に「約1カ月前に船が故障し、漂流していた」と話しているが、信用していいか疑わしいところだ。
 
普通に考えれば、1カ月も海上を漂流すれば、食料や水が底をつき、栄養失調になったり、衰弱していてもおかしくない。

 乗組員が元気ということは、普段から訓練をしている軍人もしくは工作員であると思って間違いないだろう。

 
平成29年12月23日に見つかった秋田県由利本荘市の船係留場に漂着した木造船が、2日後の25日朝に沈没したが、明らかに海保や秋田県警が船内を捜索する前に、証拠隠滅を図ったと考えるのが妥当だ。
 
また、発見を免がれた乗組員以外の工作員が、上陸し潜伏している可能性もある。

 また、日本海沿岸は北朝鮮による拉致事件が多発した場所でもある。
 
拉致被害者の1人である横田めぐみさん(当時13歳)が、新潟市内で学校からの下校途中に拉致されたことを考えれば、一連の木造船が漁業だけを目的とした船とは到底思えない。
 
間違いなく何らかの任務を与えられていると考えなければならない。
 
 
平成29(2017)年11月30日の参議院予算委員会で、自民党の青山繁晴議員が「北朝鮮の木造船が次々に漂着している。
 
異様だ。北朝鮮は兵器化された天然痘ウイルスを持っている。
 
もし、上陸者ないし侵入者が、天然痘ウイルスを持ち込んだ場合、ワクチンを投与しないと無限というほど広がっていく」と問題提起したうえで、バイオテロにつながりかねないとの認識を示した。

 
 青山議員が提起した天然痘ウイルスの感染や生物兵器を使用しバイオテロが現実となれば、日本国内は間違いなくパニックに陥るだろう。
 
韓国国防白書によれば、北朝鮮は複数の化学工場で生産した神経性、水泡性、血液性、嘔吐性、催涙性等、有毒作用剤を複数の施設に分散貯蔵し、炭疽菌、天然痘、コレラ等の生物兵器を自力で培養及び生産できる能力を保有していると分析している。

 アメリカ科学者連盟(FAS)は、北朝鮮は一定量の毒素やウイルス、細菌兵器の菌を生産できる能力を持ち、化学兵器(サリンや金正男氏の暗殺に使われたVXガスなど)についても開発プログラムは成熟しており、かなり大量の備蓄があるとみている。

 
アメリカ国防総省も、北朝鮮は生物兵器の使用を選択肢として考えている可能性があると指摘している。

 そのため、韓国に駐留する在韓アメリカ軍兵士は、2004年から天然痘のワクチン接種を受けている。
 
アメリカはテロ対策のため天然痘ワクチンの備蓄を強化し、2001年に1200万人分だった備蓄量を2010年までに全国民をカバーする3億人分まで増やしている。
 
日本でも天然痘テロに備えて、厚生労働者がワクチンの備蓄を開始しているが、備蓄量は公表されていない。

 ここで青山議員が提起した天然痘ウイルスについて、もう少し詳しく説明したい。
 
日本では、昭和31(1956)年以降に国内での発生は見られておらず、昭和51年にワクチン接種は廃止された。
 
感染経路は、くしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことによる感染(飛まつ感染)や、患者の発疹やかさぶたなどの排出物に接触することによる感染(接触感染)がある。

 患者の皮膚病変との接触やウイルスに汚染された患者の衣類や寝具なども感染源となる。

 
潜伏期間は平均で12日間程度。
 
急激な発熱(39度前後)、頭痛、四肢痛、腰痛などで始まり、一時解熱したのち、発疹が全身に現れる。
 
発疹は紅斑→丘疹→水疱(水ぶくれ)→膿疱(水ぶくれに膿がたまる)→結痂(かさぶた)→落屑と移行していく。
 
ワクチン未接種の場合、20~50%の感染者が死亡する。

参院議員の青山繁晴氏
参院議員の青山繁晴氏
 ただし感染後、4日以内にワクチンを接種すれば発症を予防したり、症状を軽減できるとされている。
 
だが、日本では半世紀発生していないため、医師も実際の症状を見たことがない。
 
そのため医師によるスムーズな対応ができず、感染の拡大を招く恐れもある。
 
北朝鮮による天然痘ウイルスをはじめとする生物兵器を使用するバイオテロは、私たちの身近なところで起きる可能性もある。
 
不法に上陸をする工作員によって、日本国内に生物兵器が持ち込まれる可能性は拭いきれない。
 
 
「スリーパー・セル」。この言葉をめぐり論争が勃発した。
 
平成30(2018)年2月11日放送のテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、
東京大学の三浦瑠麗講師が「スリーパー・セル」に言及すると、途端に激しいバッシングを浴びた。

 
 英語で「潜伏工作員」の意味で用いられる表現だ。平時は一般市民に同化して目立たないように生活しており、有事には組織から指令を受けて諜報活動、破壊工作、テロ行為などに及び、内部から攪乱する。
 
スリーパー・セルの個々の分子は単に「スリーパー」と呼ばれることもある。

 日本において北朝鮮のスリーパーが都心部などに潜伏している可能性は決して否定できない。
 
北朝鮮からの呼びかけに応じて、各都市で破壊活動やテロ活動をする準備をしながら、一般市民に紛れているとみられている。
 
現在、日本に潜伏しているスリーパー・セルだが、その活動内容は、北朝鮮のサポートをすることが目的とみられている。
 
ただ、公安当局も詳しくはつかんでいないようだ。

 スリーパー・セルは、北朝鮮のラジオなどから流される暗号を受信して行動に移ることになっている。
 
現在は目立った活動はしていないが、北朝鮮がいつ、どんな指令を下すのか。それは分からない。
 
スリーパー・セルは銃器も持っているし、もちろん扱える、爆発物や生物・化学兵器なども扱える可能性がある。
 
それに加えて情報操作などを行い、嘘の情報を流すことでパニックを起こさせることだってやりかねない。

 韓国の高永喆元国防相専門委員・北韓分析官によると、日本人を拉致し、そのパスポートで韓国に入国し、工作活動をした辛光洙が代表的なスリーパー・セルだったと。
 
現在も、日本国内には第2の辛光洙のようなスリーパー・セルに包摂された協力者が、約200人は潜伏している可能性があるとしている。

 2017年2月、金正男氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港で毒殺されたが、当時、協力者として逮捕された李正哲という北朝鮮人は、現地製薬会社の社員に成りすまして暗躍したスリーパー・セルであることが明らかになっている。
 
スリーパー・セルは、あなたの近くに普通の会社員や学生として潜んでいるかもしれない。
 
また、不審な行動をする人がいたら、すぐに警察に通報することも忘れずに。
 

コメントを残す

このページの先頭へ