ダライ・ラマ来日を報道しないメディアと1年半ぶりの登壇

ダライ・ラマ来日を報道しないメディアと1年半ぶりの登壇

おはようございます。
リアルインサイト 鳥内です。

今、ダライ・ラマ14世が2年ぶりに来日し、
大規模な講演会も開催されています。

20日には国会内で講演も行われる予定ですが、
来日後メディアはほとんど報道していません。

こんなことなら、弊社で放映したい位でした。

ダライ・ラマ14世のこのメッセージは、
今こそ私達に必要なものだと思っています。

—————————-
地球はこれ以上、成功者を必要としていない。
地球が切に望んでいるのは、平和を実現する人や、
人を癒やす人、修復をする人、物語る人、
そしてすべてのものを愛する人たちだ。

この星は、世界をより住みやすく、
人間的な場所にするための難行・闘いに
進んで加わろうという倫理的勇気を持った
人々を必要としている。
—————————-

そして、台湾、ウイグル、チベット、・・・
向けるべきところにしっかりと目を向けて
いきたいものです。

台湾に目を向ける企画(増席しました)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6182&c=50194&d=9761

ウイグルのラビア・カーディル総裁へのインタビュー(2017年2月)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6183&c=50194&d=9761

そして今後も、弊社のあらゆる活動を通して、
国民に今届けるべき真実をお届けしていきます。

ザ・リアルインサイトの新規会員様の
募集もしています(11月20日まで)
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6184&c=50194&d=9761

そしてもう一つ、直近では、12月5日、

年間2万9千社の「隠れ倒産」から
企業を救うための企画を開催します。

これは、私自身が1年半ぶりに登壇する
オープンセミナーでもありますが、

実は、以前スタッフの中澤からご案内した
下記の企画です。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6185&c=50194&d=9761

なぜこの企画が、
年間2万9千社の「隠れ倒産」から
企業を救うための企画なのか、

なかなかご理解頂けないとは思います。

まさにこれが、極めて多くの人が、
AIについて勘違いしているポイントなのですが、

実は、多くの人の思い込みとは異なり、
AIは中小・零細企業にとっての【救世主】です。

長期的にも、短期的にも。

その短期的な理由が、今日のテーマです。

東京商工リサーチの調べによれば、
日本企業の倒産件数は、14年に1万件を割り込み、
減少傾向が続いている一方、倒産件数の3.5倍にも
上る会社が「廃業」をしています。

その数は、何と年間2万9千社にも上ります。

特に建設業や飲食をはじめサービス業の廃業が顕著で、
資金難で動きが取れなくなる前に自ら廃業を選ぶ
経営者が増えているそうですが、

最も大きな理由は【人手不足】です。

この問題に頭を悩ませている経営者の方も多いのでは
ないでしょうか。

それもそのはず、中小零細企業は今空前の採用難にあり、

新卒に限っては、従業員300人未満の中小企業の求人倍率
(学生1人に対する求人数)は9.91倍で過去最高です。

つまり、学生1人を10社の企業が取り合う状況なのです。
(ちなみに従業員5千人以上の大企業は0.37倍)

そんな中、中小零細企業が人材を獲得しようとすれば、
給与アップと労働時間短縮を始めとする労働環境の整備
がまず求められます。
(実は他にも方法は沢山ありますが、それは別の機会に)

体力のない中小零細企業には、とても過酷な要求です。

そして、残念ながら、この傾向は今後もずっと続きます。
いや、さらに悪化します。

理由は、言うまでもなく少子化です。

ますます労働人口が少なくなり、人件費は高騰します。
私達中小零細企業は、大変な経営を余儀なくされます。

しかし、その問題を解決できるのがAIなのです。

時給数十円で働いてくれる小人がいたとしたら?
今まで3人でやっていた仕事が1人でできるとしたら?

実際にそれが現実化しています。

AIが高価だったのは昔の話。
開発不要で低価格なAIが沢山生まれています。

まさしくAIは、中小零細企業の救世主です。

年間2万9千社の「隠れ倒産」から中小零細を救いたい。

それが今回のセミナーの開催趣旨です。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6186&c=50194&d=9761

でも、AIだとか、RPAだとか、何のことか分からないし、
めっきり技術に疎い?ご安心下さい。

今回登壇する講師の一人目であり、
人工知能メディア「AINOW」の責任者として最先端の
情報をキャッチしながら、それを極めて分かりやすく
教えてくれる「いちばんやさしいRPAの教本」著者、

進藤圭さんが、業界の最新動向とともに、
次の日、いやその日から、あなたの会社がどうやって
AIやRPAを導入し、今あなたの頭を悩ませている重たい
課題を解決するかを丁寧に教えてくれます。
(それだけで数万円のコンサル内容を公開してくれるそうです)

Q&Aの時間もたっぷり取っていますので、ぜひ素人質問を
沢山投げかけて下さい。

必ずや、
「こんなのあるなら、もっと早く知っておきたかった」
と思って頂けることをお約束します。

ただ、こちら、残り座席はあと5席だけです。

ご参加頂く皆様には、快適にご受講頂きたいため、
増席をすることは叶いません。

ぜひ今すぐお申込み下さい。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6187&c=50194&d=9761

絶対に後悔はさせません。

それでは、また。
今日も皆様にとって幸多き1日になりますように。

リアルインサイト 鳥内浩一

追伸:
AIは中小・零細企業にとっての救世主になる長期的な理由は、
今回書ききれませんでしたが、

AIが拓く未来は、実は、
人間にとって、とても素晴らしい未来です。

人間が人間らしくもっと幸せに働ける未来。
人間の潜在能力をもっと発揮できる未来。

当然、それが実現できれば、企業は飛躍し続けます。

ただ、そのためには、AIというものに対する捉え方、
資本主義というものに対する捉え方を変える必要があります。

それが何かを明かすのが、2人目の講師である藤野さんであり、
3人目の講師である私です。

今回のセミナーを行うより重要な理由もここにあります。
宜しければ是非ご参加下さい。
http://b56.hm-f.jp/cc.php?t=M6188&c=50194&d=9761
(残り5名)

コメントを残す

このページの先頭へ