ベトナム人留学生の犯罪が増加 何故彼らは犯罪に走るのか

ベトナム人留学生の犯罪が増加 なぜ彼らは犯罪に走るのか      

        2018.07.21

  

                           【2017年中に摘発された外国人犯罪の国籍別内訳 *警察庁の統計による】

 

  在日ベトナム人の数は約26万人で、外国人全体の10%程度に過ぎない(2017年末)。

しかし今、外国人犯罪の約3割をベトナム人が占めている。

彼らがどのような犯罪に手を染めているか窺えるのがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への投稿だ。

日本在住ベトナム人に向け、ベトナム語で書かれたそれらを見ると、盗品や偽造品の闇取引、犯罪への勧誘などが目立つ。

在日ベトナム人社会の闇を、長年、在日外国人問題を取材するジャーナリストの出井康博氏が報告する。

 * * *
 犯罪への勧誘が目立つSNS投稿の主なターゲットこそ、「留学生」である。

 ベトナム人留学生の数は2017年末時点で7万2268人に達し、5年間で8倍以上に急増している。

一方、刑法犯で昨年検挙されたベトナム人のうち、留学生は約41%を数えた。

在留者数では留学生の1.7倍に上る実習生は約23%である。

ベトナム人留学生の急増が、犯罪の増加を招いているのは明白だ。

なぜ、彼らは犯罪に走るのか。

 実はベトナム人留学生の多くは、勉強よりも出稼ぎを目的に来日している。

日本では「留学ビザ」を取得すれば、「週28時間以内」のアルバイトが許される。

そこに目をつけ、「留学」を出稼ぎに利用する“偽装留学生”が急増中なのだ。

「留学ビザ」は本来、アルバイトなしで留学生活を送れる経済力のある外国人にしか発給されない。

そこで“偽装留学生”たちは経済力があるよう見せかけるため、でっち上げの預金残高や親の収入が記された証明書類を用意する。

留学斡旋ブローカー経由で、銀行や行政機関に賄賂を支払ってのことだ。

 そして「留学」に必要な費用は借金に頼る。

その額は150万円前後に上る。

ベトナム庶民の年収の10倍近い大金だが、日本で働けば簡単に返せると考える。

しかし、来日後に「週28時間以内」の法定上限を超えて働いても、借金はなかなか減らない。

結果、学費の支払いを逃れるため、留学先の日本語学校などから失踪する者が増える。

また、手っ取り早く稼ごうと、犯罪に手を出す留学生も現れる。

大半のベトナム人は犯罪とは無縁なのだが、すでに見た通り、スマホでSNSを覗けば、悪い誘いが溢れている。

“偽装留学生”がビザを取得する際のカラクリに関し、日本側は承知のうえで彼らを受け入れている。

日本では今、低賃金・重労働の仕事で人手が圧倒的に足りない。

そんな仕事を担う労働者として彼らを利用するためである。

 しかし、現状を放置していれば、ベトナム人による犯罪は増え続け、やがて社会問題と化していくだろう。

2000年代前半、中国人“偽装留学生”の犯罪が急増(*)した際と同じである。

【* 2003年、東京都内では外国人犯罪に占める留学生の割合が4割に達した。

同年、困窮した中国人留学生3人による「福岡一家4人殺害事件」が発生し、全国に衝撃を与えた。】

 最近では、ネパールやスリランカなどからの留学生増加も著しい。

彼らもベトナム人と同様、大半が多額の借金を背負って来日する。

いつまで政府は「人手不足」を言い訳にして、“偽装留学生”の流入を認め続けるつもりなのだろうか。

 

【PROFILE】出井康博(いでい・やすひろ) 1965年岡山県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙「ザ・ニッケイ・ウィークリー」記者、米シンクタンクの研究員等を経てフリーに。

著書に、日本の外国人労働者の現実を取材した『ルポ ニッポン絶望工場』(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)などがある。  

※SAPIO2018年7・8月号

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ