中国の世界侵略計画 :「北海道を支配し、沖縄を日本から独立させる」それが我々の第一歩目だ!!

中国の世界侵略計画

「北海道を支配し、沖縄を日本から独立させる」それが我々の第一歩目だ!!

あなたは、中国が北海道と沖縄を乗っ取ろうとしているのをご存知でしょうか?

いやいやいや、そんなことあるわけないよ!!とあなたは思うかもしれませんが、これからあなたにお伝えする”中国の侵略計画”を聞けば、同意するかもしれません。

産経新聞の宮本雅史氏によれば、すでに北海道は中国に2411ヘクタール、東京ドーム400個分の土地が買収されているといいます。

しかもこれは水源地に限られるデータで、それ以外の土地を含めると、その10倍以上の東京ドーム5000個分も買収されている可能性があると。

中国企業や中国政府系ファンドによる買収です。

すでにトマムの「星野リゾートトマム」は、中国の商業施設運営会社「上海豫園旅游商城」に買収されました。

また、サホロリゾートも実質上、中国資本の傘下になっています。

そして、星野リゾートトマムは外国人従業員が多くなっており、トマム地区の住民の4割を占めています。

このまま中国企業が中国人をたくさん呼んできて、中国人の雇用を増やすことになると、中国人の街が完成し、「トマム地区から日本人が消える日」も近いと言われています。

こういったものは、明らかに中国政府の意向で日本の土地買収を行っています。

そしてその裏には、「日本の中国化」という目的があるのは明らかです。

いざというときに日本の内政を撹乱し、中国の意向を反映させる狙いがあるわけです。

知らぬ間に日本に入り込み、狙える所から徐々に支配し、日本における中国の権力を拡大。

チャンスが来れば一気に沖縄を攻めようと虎視眈々と狙っているわけです。

ただ、今は米軍が沖縄に居座っているので、中国も簡単には手を出せませんし、大きな活動はできません。

しかし、2017年10月23日、香港の海外ツアー会社・東瀛遊(EGLツアーズ)は、6730万香港ドル(約9億8200万円)余りを投じて、沖縄の土地4カ所を購入したことを中国メディアが明らかにしました。

仮に米軍が撤退することになれば、一気に中国の攻勢が強まることは間違いないです。

では、、、、

また、この地図を見てもわかるように日本全体が中国の蓋となり、中国にとっては邪魔な存在となっています。

ただ、東シナ海(沖縄や尖閣諸島周辺)がちょうど抜け道になっています。*出典:グーグルアース

日本に対しては、外交問題を無視して、尖閣諸島など日本の領海に侵入してきます。

テレビで報道を見てると、まさにナメてかかってきていると一見思うかもしれません。

なんか中国っていちいちちょっかい出して、日本の領土を欲しがってくるなぁ~と。

これが普通の見方です。

しかし、決して経済的に強くなって、悪ノリで尖閣諸島や東シナ海にちょっかいを出しているのではありません。

 彼らは、ある武器を使って戦略的にやっているです。

それを使って、侵略計画の核心部分を日本人に気づかれないように、理解できないように、分からないようにこっそりと戦略を立てて、水面下で行動しているのです。

言うなれば、その武器が彼らの侵略計画を実行する上でとても重要な鍵を握っているのです。

もしその武器を知っていれば、彼らが何をしようとしているのかがはっきりと分かってくるのです。

しかし、日本人のほとんどは知らない、もしくは知らされてないというのが実情です…

彼らの計画を叶えるための”武器”となっているのが、地政学という学問です。

彼らは地政学を学び、どうやって他国を支配するのか?という戦略を立て、自分たちのビジョンを果たそうとしているのです。

中国の覇権時代を実現させるために、沖縄や東シナ海を支配したいのも全て地政学に基づいて計画し、実行しています。

地政学を理解していれば、なぜ北海道を欲しがるのか?なぜ沖縄を欲しがるのか?

なぜいちいち日本にちょっかいを出してくるのか?

彼らの意図や行動が手に取るように全て分かってきます。

もちろん戦前の日本は、地政学を研究し、国家戦略に応用していました。

戦前の日本の躍進はまさにその成果の表れです。

特に世界に衝撃を与えた日露戦争の勝利なんかは、その良い例です。

しかし、戦後、日本の台頭を抑えるために、GHQによって地政学の研究が禁止されました。

中国の戦略や地政学を理解していなかったフィリピンは、ミスチーフ礁という島を支配され、その後、続々と建物を作られ、今や風量発電やヘリポートがあります。

完全に中国に乗っ取られてしまいました。

そして、その被害はオーストラリアにも及んでいます。

中国系住民の増加や中国企業の相次ぐ投資計画に加え、5人の中国系人物が政治界への巨額な政治献金と賄賂を通じて、オーストラリアの内政に干渉してきたことが明らかになっています。

このような状況が明らかになっている以上、日本は決して対岸の火事ではありません。

このまま目を瞑ってていいのでしょうか?

このまま戦略にのっとって着々と歩を進める中国にやられっぱなしで悔しくありませんか?

もし最悪の場合が起きた時、無知のままで自分の身を自分で守ることができるでしょうか?

もし中国の狙いに気づかず、一般国民の私たちが声をあげなかったら日本はどうなるでしょうか?

日本を、「中国にコントロールされ、沖縄を支配され、下請けのような国」になんか絶対にしたくありません。

その思いは日本人であれば当然です。

ですが、このまま私たちが無知のままでは、中国にやられっぱなしです。

今は大丈夫でも、この先何十年後には、米軍が沖縄から撤退した場合、この最悪なシナリオが実現しているかもしれません。

そうならないためにも、日本国民一人一人が正しい知識を身につけ、知識武装し、少しでも国を正しい方向に進めていく必要があると思いませんか?

そのお力に少しでもなれればと思い、今回三橋氏と協力して作成した講座が、経済から読み解く地政学講座「覇権戦争と国家」編です。

PS.三橋氏からのあなたへのメッセージです

さらに、同氏によれば、中国人に買収された土地近隣では中国語や中国文化学習が行われているとのこと。

そして、北海道では、日本人女性と中国人男性のカップルも増えています。

これだけ中国人が受け入れられていると、もうすでに二世が生まれているのかもしれません…そして、中国の一部メディアは、「北海道は十年後に中国の三十二番目の省になる」と予測しているという。

 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ