[正論4月号】天皇を守った英雄たち 明智光秀「本能寺の変」は義挙だった 評論家 宮崎正弘

[正論4月号】天皇を守った英雄たち 明智光秀「本能寺の変」は義挙だった 評論家 宮崎正弘

※この記事は、月刊「正論4月号」から転載しました。ご購入はこちら

■歴史解釈の陥穽隠蔽された真実

 明智光秀は尊皇の武将だった。

 歴史は合理主義では合点がいかない神秘性を伴う特質があるが、現代日本人は気がつかない裡に戦後の怪しい歴史観に汚染され、洗脳されてしまった観がある。

いやもっと正確に言えば、明智光秀に「主殺し」という汚名を被せ、秀吉がなした歴史改竄の誤謬に気がつかず、妄説から目覚めていないのである。

 現代日本人は進歩主義歴史観に洗脳されてしまったばかりではない。

マルクス主義の階級史観や左翼の進歩主義史観の悪影響もさりながらもっと基本的な歴史解釈の誤りに基づいている。

その典型が明智光秀への誤断であろう。

 世の中を蔽った、戦後の面妖な歴史観が基本的に間違いであることは言を俟たない。

たしかにマルクス主義の進歩史観の悪戯も大きいし、GHQの「太平洋戦争史観」「東京裁判史観」の呪縛からもいまだに抜け出せないでいる。

 しかし、もうひとつ大事なことは現代日本人の学識の劣化、知性の頽廃。

そして合理主義による歴史の裁断である。

歴史をドライに合理主義で解釈することがそもそも誤謬である。

歴史はロゴスで表現するものではない。

歴史はパトスで動くのだ。

 したがって、日本人は長きにわたって、明智光秀の本能寺の変を「謀反」と決めつけ、「主殺し」の汚名を着せた秀吉の政治宣伝と、周囲の秀吉追随派によるその拡散、徳川幕府の追認を、さしたる反省や熟考もなく、長きにわたって受け入れてきた。

 戦国時代は下克上であり、主殺しが悪いとか、裏切りはよくないなどという認識は稀薄だった。

朱子学的秩序が重視されるのは安定期に入った徳川時代からである。

織田信長の世にあっては秩序を乱すことは常識でさえあった。

松永も三好も、誰もが反乱、天下取りを考えていた。

同盟者への裏切りは日常茶飯であり、往時の京は応仁の乱で荒れ果て婆娑羅大名が跋扈し、人心は荒廃していた。

なにしろ室町幕府第13代将軍足利義輝は暗殺されたのである。

 現代の感覚で、外国人観光客に溢れる、整然と碁盤の目のように美しい京都を連想してはならない。

往時の京は荒涼たる盆地に裏寂れた小屋がぼつんと並ぶ鄙びた場所、御所ですら雑草が生え、天皇家と公家は生活に困窮していた。

となれば明智光秀の「本能寺の変」の真実が奈辺にあるかを求める真摯な探求が必要となる。

 それにしても日本の歴史学界の知的貧困たるや目を蔽うばかりだ。

 

昨今の歴史論壇も光秀の背後に黒幕がいたという根拠の薄い「陰謀論」が流行している。

しっかりした歴史学者不在の証拠でもある。

 古くは「ユダヤの陰謀論」があり、近年は「イエズス会の陰謀論」まで登場しているから、読書人の多くが実はこうした陰謀論の類いが好きなのかもしれない。

しかし多くが真実を見ようともしないで自己の説に都合の良い事柄をつなぎ合わせて、一方的な想像と妄想で組み立てた論理破綻組が多い。

小説ならそれでも良いが、史論は第一次資料の重要性を忘れてはなるまい。

 従来の光秀論で主流を占めたのは「野望」説と「怨念」説だった。

これらの間違いはいまの歴史論壇で明瞭になっている。

「野望」説と「怨念」説。

前者は高柳光壽、後者は桑田忠親と錚々たる歴史学の泰斗が唱えた。

諸説がこんがらがった糸を解きほぐしたのは徳富蘇峰だった。

 呉座勇一『陰謀の日本中世史』(KADOKAWA)はまずこの三つを丁寧に反駁し、否定している。

明智光秀の野心を証拠立てるものがなく高柳光壽は結局、光秀が本能寺の変の直前に京都愛宕山で行った連歌会での「愛宕百韻」がそれだとした。

 「ときはいま、天がしもしる五月かな」の読み違えから生じているのだが、愛宕百韻は実際には九十九の句がならび、後述するように、野心の表明というより、まるで明智光秀の義挙への決起集会のような句が並んでいる。

死地へむかう光秀を勇壮に送り出しているかのような連歌会である。

「天がしもしる」の根本のコトバは『古事記』にある歴代天皇の「天の下治らしめしき」だ。

 そこで筆者は老骨に鞭打って、愛宕山(海抜924メートル)に登ってみた。

光秀の心境を追体験できるかも知れない、と。

和歌の専門家が様々な解釈をしているが、全体の雰囲気は連歌会の参加者の誰もが光秀の信長への絶望、近く何かをしでかすに違いないと認識していたと推定できる。

 「とき」を「土岐源氏」と読み、土岐家再興が狙いだったという解釈は後智恵に拠った、怪しい説である。

 基本的には「しもしる」も読み間違いである。

これは「しらす」とかける。

『古事記』を読み解いた本居宣長や、大日本帝国憲法起案に当たり寝食を忘れて古典研究に没頭した井上毅が注目した「古代やまとことば」の「しらす」と「うしはく」には違いがある。

 「しらす」は人が外物と接する場合、即ち、見るも、聞くも、嗅ぐも、飲むも、食うも、知るもすべては自分以外にある他の物を、我が身に受け入れ他の物と我とが一つになることである。

自他の区別がなくなって一つに溶けこんでしまうのだ。

 他方、「うしはく」とは或る地方の土地、人民を、我が物として即ち我が私有物として、領有支配することであると元侍従次長の木下通雄は『宮中見聞録』で解釈した。

 

つまり大國主の國譲りによって天皇の「しらす國」となった日本では「天皇と国民が溶け合って一つになった國」であり、天皇と国民が一つの家族のように自他の区別なく溶け合った様が日本の國體である。

光秀は「しもしる」の語彙を選んで、そのことを含ませたのだ。

尊皇の精神を希釈させ、正親町天皇に退位を迫り、信長の傀儡となっていた親王殿下をたてようと蠢動した織田信長の暴走は、伝統的な日本の喪失につながる、

このままでは国が滅びると、光秀は愛宕山の連歌会で、発句の行間に政治行動を示唆した。

 明らかに天皇親政への回帰を唱ったのが光秀の発句なのである。

 ※続きは月刊「正論4月号」でお読みください。ご購入はこちらへ。

【正論4月号の主なメニュー】

★韓国議長「天皇戦犯発言」 朝日新聞が乗った嘘 産経新聞正論調査室次長 田北真樹子

★激論! 韓国とは断交すべきか ジャーナリスト 櫻井よしこ×産経新聞ソウル駐在客員論説委員 黒田勝弘×麗澤大学客員教授 西岡力

★天皇陛下への侮辱は国交断絶に値する 作家 竹田恒泰

★《対談》台湾が危ない 韓国に目を奪われているうちに… ノンフィクション作家 門田隆将×産経新聞台北支局長 田中靖人

★もはやアメリカも韓国に冷たい 麗澤大学特別教授 古森義久

★在韓米軍が撤退する日に備えろ! 元空将 織田邦男

★シミュレーション 統一朝鮮が日本に襲いかかる日 島根県立大学名誉教授 豊田有恒

★韓国「3・1独立運動」のウソ 評論家 八幡和郎

×  ×  ×

★《対談》作家 石原慎太郎 × 元内閣官房参与 佐々木勝 自衛隊を見殺しにするのか 政府・防衛省の驚くべき怠慢を告発する

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ