【我が故郷 横浜が日本から独立⁈】 From saya@歌手/チャンネル桜キャスター    

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/3/12

        From saya@歌手/チャンネル桜キャスター

【我が故郷 横浜が日本から独立⁈】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

大阪ダブル選で再燃する大阪都構想について、
今更ながら調べていたらふと気がついた。

これって横浜市でいうと神奈川県との合併だよね、

大阪市を人口で上回る横浜市ではあるけれど、
こういう都市制度改革は流石にないよね、、
なんて気軽に調べたのが運の尽き、、
2013年に林市長の下で出てました『横浜版特別自治市大綱』
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/daitoshi/bunken/torikumi/date/130327honbun.pdf

法改正が必要なこともあり
現在のところは宙に浮いてる議論だそうだが、

横浜市の政策局で作られた
『横浜特別自治市構想』の公式リーフレットは未だ健在。

これがまたとんでもなく
トンデモだったので是非ご覧いただけたらと思う。
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/daitoshi/bunken/leaflet/leaflet-tokubetsu.pdf

横浜市が提案する『特別自治市』とは、
県の持つ権限や財産などを市に移譲し、市が県から独立して、
より効率のよい市政運営を行おうとする案との事。※1

大阪都構想の場合は、
大阪市の権限や財産を大阪府に移譲するので
逆方向での一本化ではあるが

この二つの都市制度改革推進で掲げられている理由が
全く同じだという事に驚く。

すなわち『二重行政の解消』と『都市計画と財源の統一』だ。

大阪都構想については藤井聡さんや
三橋貴明さんが多くの矛盾・問題点を書かれ

新経世済民新聞読者の皆さまは
良くご存知の事と思うので、横浜の事だけ↓

現在、横浜市が集めている


これはそのまま横浜市の財源となっている。

一方、横浜市民が神奈川県に納める
「県税」は4600億円にもなり、
横浜市だけでなく他の市町村にも使われている。

これを改め、県税の4600億円についても
すべて横浜市で使おうというのが「特別自治市構想」の
目玉なのだが、この考え方はあまりに愚かだと思わざるをえない。

(他県の人からはちょっとうざいと思われてしまいそうだが)

神奈川県の素晴らしさは、
横浜という港町、川崎という都市、鎌倉という古都、
湘南のような海辺の町、西には厚木や相模原、小田原、箱根などの温泉地があり、

丹沢のような大自然をも網羅していること。

神奈川県は〔都市〕〔山〕〔海〕〔川〕〔古都〕〔田畑〕という
様々な要素が飛び出す、玉手箱のような県だと私は思う。

しかしながら万が一横浜市が独立した場合、
神奈川県の財政は相当厳しくなり、

地方交付金などで手厚く対処しない限りは
現在までの地域文化を守るのが難しくなるだろう。

これほど魅力溢れる神奈川県を犠牲にしてまで何がしたいんだろう、、

冒頭の公式リーフレットには
神奈川県から独立し大きな財布を持てば
より収益が期待できる事業に
しっかり投資できると書いてある。

また県の干渉を受けずに意思決定ができるので、
都市計画がスムーズに行くという。

そういえばカジノの誘致について
林文子横浜市長は意欲を示しているが

神奈川県側は認めていない、
なんていう市と県のすれ違いもあった。

さて、もう一度リーフレットを見ていただきたいのだが、
カモメちゃんが②まちづくり の項目でこう言っている。

『こういう開発の計画なんかを決めるとき
国や県などの同意やそれに関する調整などが
必要なものが多いんだ』

『これをもし横浜市がまとめて判断できれば・・・』

その先に大きなビルが
ジャジャーン!と言って立ち並び、

その横で『我々も進出したいな~』と
チャイナ帽の男とシルクハットに青い目の男の絵。

ちょっと待って、県からの独立ならまだわかる、
国からの同意まで排除するのであれば
それはもはや「日本」からの独立なのでは ?!

それこそ国からインフラの費用はもらって、
ルール作りには一切口を出させない
竹中平蔵氏のスーパーシティ構想と変わらない気がしてくる。

自前の予算で日本国をすっ飛ばして
外国と直接交渉しようとでもいうのだろうか。

「どうして特別自治市が必要か」
という項目にも「国や県の過剰な関与」が問題だとし、

特別自治市にすることで
海外の大都市との競争に勝ち抜き、
産業の高度化・多様化を進め、

「国全体の経済成長を牽引する」と
横浜市民置いてきぼりの壮大な主張が書かれている。
いったい誰の目線なのだろうか。

あらためてこうした自治市論が横浜に存在する事を警戒し、
自分自身の故郷に対する思いを再確認する。

私は横浜市民で、神奈川県民で、日本人。
横浜を育んだ神奈川県、その神奈川県を育んだ日本。
神奈川県にない横浜は横浜ではない、と感じる自分がいる。

街そのものが『歴史』であり
過去からの『遺産』なのだから

二重行政や県と市のすれ違い程度で、
やすやす形を変えて良いはずはない。

属性を排除した時にその本質すらも
失われてしまう危険を感じずにはいられないない。

大阪都構想とともに横浜特別自治市も
今後どう動いていくのかしっかりと見ていきたい。

※1 具体的には、自衛隊の派遣要請、警察、交通規制・管制、
市街化区域・市街化調整区域の区域区分、
私立幼稚園の設置認可、介護保険・国民健康保険の保険者への指導などがあり、
これらは現在、横浜市内のことであっても、県が管理や処理を行っている。

P.S 先日3月6日にsayaニューアルバム『ミラクル』発売になりました☆☆☆
日頃応援して下さる皆様のおかげです。
自信作 ホームページにてご購入いただけますので どうぞよろしくお願い申し上げます!!!
saya official site http://www.1002.co.jp/aquarellerecords/saya/

※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
https://38news.jp/

コメントも受付中です!
https://38news.jp/

 

「コメント」

財務省の緊縮路線の弊害が地方にまで及んでいます。

横浜市は良いかもしれないけれど、川崎市や相模原市はどうなるのですか。

このような市長は再選をストップしましょう。

財務省解体!

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ