財務省の飼い犬 吉川洋の知られざる闇 : [号外]月刊三橋事務局(経営科学出版) 

財務省の飼い犬 吉川洋の知られざる闇        [号外]月刊三橋事務局(経営科学出版) 

あなたもご存知の、、
財務省お抱えの御用学者 吉川洋氏…

事あるごとに「財政破綻する〜!」
というウソを垂れ流し続けています。

しかし実は、かつての吉川氏は、
今と全く逆の主張をしていました。

岩波書店から1999年に出版された
「転換期の日本経済 著/吉川洋」には、
このような記載があります…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 社会保障を抑制しないと
 日本経済が『破局』をむかえるという
 プロパガンダが使われてきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つまり…

少なくとも1999年当時の彼は、
明らかに財政破綻論の間違いを
認識していたということです。

三橋貴明も
「かつての吉川洋氏は私と同じ考えだった」
と言っています。

しかし、その後、
財務省のお抱え学者になった途端…
内閣府経済財政諮問会議議員、
 という肩書をぶらさげられた途端…)
財政破綻論者へと一変したのです。

そして、2018年の西日本豪雨の直前、
「中央公論8月号」にこのような記事を
投稿していました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あれもこれもと現在国費ベースで年6兆円
の公共事業費を拡大することはできない。

それでは「国難」としての自然災害を機に、
「亡国」の財政破綻に陥ってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

彼はいったい何を言っているのか?
簡単に言うと、こういうことです。

「財政破綻の可能性があるから、
 防災インフラの整備はしなくてよい。」

「自然災害で被害が出るのは、
 仕方のないことなのである。」

つまり、、、
「国民の命」よりも「カネ」を
優先するべき
と言っているのと同じです。

(そもそも財政破綻はあり得ないのですが…)

そして実際、日本はこの意見の通り、
防災インフラの整備を怠ってきました。

結果、何が起こったか?

西日本豪雨で堤防が決壊し、
足の不自由な高齢の方々が
濁流に飲み込まれ、
亡くなってしまったのです。

このとき、決壊した小田川の堤防は、
何十年も前から決壊の可能性が指摘
されていて、予算さえつけば、
すぐにでも改修工事が始められる
予定でした。

もし国が財政破綻などというウソを信じず、
しっかりと防災インフラに投資していたら…
この悲惨な事故は起きなかったでしょう。

「財政破綻論」は、日本を貧困化させる
だけでなく、国民の命をも奪うのです。

このまま財政破綻論を放っておけば…

自らの地位を守るために、
財務省の言いなりになって
ウソを撒き散らす吉川洋氏のような
御用学者たちの好き放題させていたら…

ますます日本は貧困化し、
私たちの命すら危ぶまれるような
発展途上国のような国になるでしょう。

そんなことを防ぐためにも、
財政破綻論を完璧に打破する
こちらの講座を制作しました…

詳しくはコチラ

月刊三橋事務局 大口

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ