「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で、一つずつ。~

「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で、一つずつ。~

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/04/03

     「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で、一つずつ。~

     From 藤井聡(京都大学大学院教授)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは、
京都大学大学院、表現者クライテリオン編集長の藤井聡です。

今日は、「令和の政策ピボット」運動
(略して、令和ピボット運動)のご案内、です。

是非、最後までご一読の上、運動へのご賛同、何卒お願い致します。
https://reiwapivot.jp/

(1)国民のちからで、「令和」を明るく豊かな時代に
これまで、三橋貴明さんや旧発言者・表現者、そして、

現クライテリオンの編集委員・執筆陣はじめとした、

実に様々な方々と、
我が国の政策をどうすれば
国家の衰退を食い止める方向へ、
そしてそれを通して
一人一人の国民が豊かにする方向へと
「転換」できるのか―――

という議論を、
実に長い間、積み重ねて参りました。

しかし、そうした議論を尻目に、
我が国の政治は、我々が希求する方向とは逆に、
過剰な「緊縮」や「グローバル化」「構造改革」を進める方向へと
加速され続け、我が国は衰退の一途を辿るに到っています。

そしてついに本年四月からは、
「移民」枠を実際に拡大する行政が開始され、

本年十月からは、
消費税が10%に引き上げられ、
それらを通して、我が国の衰退は、
さらに凄まじい勢いで加速せざるを得ない状況に
立ち至っています。

このままでは、
まさに今始まらんとしている、
令和の御代が、
さらなる衰退を繰り返す、
暗い時代となることは必定です。

私たち日本国民は、
何としてでもこのこの悪しき流れを断ち切り、
衰退を導き続けた「平成政治から決別」しつつ、

新しくお迎えする令和の御代を、
一人一人の国民のちからで、
明るく豊かな時代につくりあげる努力を
積み重ねていかなければなりません。

(2)政策大転換「令和ピボット」を目指して。

ついては新しい「令和」の御代をお迎えするにあたり、

青木泰樹、伊藤貫、荻野文隆、河添恵子、川端祐一郎、小浜逸郎、佐藤健志、saya、柴山桂太、鈴木宣弘、施光恒、中島岳志、浜崎洋介、平松禎史、三橋貴明、室伏謙一(五十音順、敬称略) 等 

https://reiwapivot.jp/promoter

といった方々と共に、

 「令和の政策ピボット」

という国民運動――略して『令和ピボット運動』――を
立ち上げる事と致しました。
https://reiwapivot.jp/

この国民運動は、日本の政策方針を、
衰退を導き続けた、平成日本の政治を象徴する

「緊縮」「グローバル化」「構造改革」

から

「反・緊縮」「反・グローバル化」「反・構造改革」

へと大きくピボット(転換)させるものです。

ここで、ピボットとは、「pivot」と書くのですが、
回転の「軸」、あるいは「転換する」という意味。

地政学や国際関係論では、
かねてより使われていましたが、
最近では、一般のビジネス界でも
「転換」を意味する言葉として、
使われ始めた言葉です。

つまり、令和ピボットは、
https://reiwapivot.jp/
という趣旨の下、
https://reiwapivot.jp/policy/
といった具体政策として推奨しながら、
平成の緊縮・グローバル化・改革の政策体系からの
大きな転換=ピボットを目指す国民プロジェクトなのです。

(3)今、世界中で起こり始めた「政策ピボット」

ところで、こうした政策の大転換(政策ピボット)は、
世界中で起こり始めています。

グローバル化と緊縮、構造改革の象徴的存在だった
「EU」は今、各国で激しい批判にさらされています。

例えば、イギリスのブレグジットや
フランスの黄色いベスト運動は、
EU路線からの大きな政策ピボット(転換)を目指す、
一大国民運動です。

アメリカでも、
移民に象徴される過剰なグローバル化に辟易した国民が
トランプ大統領を誕生させましたし、

過剰な緊縮に同じく辟易した国民が、
MMT(現代貨幣理論)に基づいて
「反緊縮」=「積極財政」を主張する
民主党のオカシオコルテス議員を
重要な次期大統領候補に仕立て上げようとしています。

つまり、今まさに、世界では、
令和ピポッドと軌を一にする
「大転換」が起こりつつあるのです。

私たちの「令和ピポッド運動」は、
そうした世界の潮流を、
いち早く、我が国で力強く
展開せんとするものでもあります。

(4)それぞれの立場で、一つずつ。

もちろん、私たち国民一人一人のちからは、
限られています。

ですが、それは決して、ゼロではありません。

右や左、上や下、前や後ろ・・・
それぞれの立場で、それぞれにできることが、
少しずつあるはずです。

そうしたものが重なれば、
誰も無視できない巨大なものとなります。

先に触れたブレグジットも黄色いベスト運動も
一人一人の国民が、
それぞれの立場でできることを、
一つずつ積み重ねることで、
展開していったもの。

例えば、当方は、ここ数日の間だけでも、
編集長を仰せつかっている「表現者クライテリオン」で、
令和ピボットを導くための建白書、
「令和八策」をとりまとめたり、

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1742333885867547&set=a.236228089811475&type=3

「反緊縮」においてとりわけ重要な
「消費増税の凍結」に向けたシンポジウムを開催したり、

https://the-criterion.jp/tax_symposium_2019/

週刊新潮に
「反・消費増税」「反・移民政策」の記事を投稿したり、
https://www.sankei.com/premium/news/190331/prm1903310008-n1.html

根本的な問題解決のために、
財務省の設置法を改定すべしという事を
ラジオでお話ししたり、
https://www.youtube.com/watch?v=m_hOrdEhiv8

あるいは、「反・構造改革」の取り組みの一環として、
過激な統治機構の構造改革である
「大阪都構想」の危険性を、
改めて解説したりなど、致しております。
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20190401/

残念ながらこういう活動一つ一つはいずれも、
国の流れを一気に転換=ピボットさせる力など、
望むべくも無いものばかりですが・・・・

 

それぞれの立場の方が、
それぞれにできる範囲で、
一つずつ努力を積み重ねれば、
巨大な「うねり」が出来上がるに違いありません。

「令和ピボット運動」はまさに、
そうした「うねり」を作り上げることを企図したものです。

そして、筆者も一人の国民として、
限られた範囲ではありますが、
自分の立場でできることを一つ一つ
できるだけ、積み重ねていこうと考えています。

ついては皆さまにおかれましても是非、
まずはその第一歩として、
下記HPより「ご賛同」いただけますと幸いです。
https://reiwapivot.jp/

そしてその上で、是非、
それぞれのお立場で何ができるのかを
ご一考願えますと幸いです。

例えば・・・・

周りの方に「ピボット」運動に「賛同」するように紹介する、
周りの方に我々の提供情報を転送・紹介する、

政策ピポッド(転換)に向けた各種情報をブログ等で発信する、
それぞれのお立場で開催できる勉強会等を企画する、
それぞれのお立場で企画できる講演会等を企画する、
メディア関係者は政策ピポッド(転換)に向けた
番組・記事等を企画する、等々・・・

そして何より、一番大切なのが、
「今なぜ、令和ピボットが必要なのか?」という点を、
我々が発信するネット記事や書籍等を通して
しっかりとご理解頂くこと。

世界の変革は、いつの時代でも、
一人の人間が、世界の真実を知ること
から始まるのです。

・・・

「無理のない範囲」を前提としつつも、
「やろうと思えばできるけれど、まだやってない事」
・・・は、まだまだ残されているかも、しれません。

一人一人の国民の力で、是非、
この令和の日本を、
明るく豊かな日本に作り替えて参りましょう。

「令和の政策ピボット」運動、
是非ともご参加のほど、お願いします。
https://reiwapivot.jp/

追伸1:
「令和ピボット」のためにも是非、表現者クライテリオンを毎号しっかり、お目通しください。

https://the-criterion.jp/subscription/

追伸2:
「令和ピボット」における、直近の最大のリスクは「大阪都構想」

これがどれだけ見てくれがカッコ良く見えていたとしても、中身は害悪だらけの「毒まんじゅう」そのもの。是非こちらを、ご一読ください。
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20190401/

—発行者より—
総理「政権中にこれを破棄できなければ、日本はオシマイ」

三橋貴明と総理との会談時で明かされた真実。

●総理が、三橋との会食をオープンに
(世に公開)してまで国民に伝えたかった事とは…?

●この会食で明らかになった、
私たちの邪魔をする[3つの敵の正体]とは?

●2020年に訪れるかもしれない
日本の危機的状況とは一体何なのか?

日本が発端となり、
2008年のリーマンショックが再来する?

などなどメディアが決して報道しない
「安倍総理の告白」と「日本経済2020年危機」
について解説した書籍を出版致しました。

こちらから詳しい内容をご覧ください。
https://keieikagakupub.com/38JPEC/1980/

※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
https://38news.jp/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ