令和の政策ピボット(前編)『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

令和の政策ピボット(前編)  『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/04/07

  令和の政策ピボット(前編)

  From三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【近況】

新たな御代において、
政策のピボット(転換)を求める国民プロジェクト
「令和の政策ピボット」をリリース致しました。
https://reiwapivot.jp/

日本の「平成時代」は、
消費税導入(89年)を皮切りに、
ひたすら続く緊縮財政。

同時に、日米構造協議(同)以来の
アメリカからの構造改革要求を受け、
〇 緊縮財政
〇 規制緩和
〇 自由貿易
という、グローバリズムのトリニティ(三位一体)が
延々と繰り返される時代でした。

グローバリズムのトリニティとは、要するに、
「政府は国民のためにおカネを使いません。

代わりに、民間企業の
ビジネス拡大のみを図り、外資にも開放します」
という話になります。

つまりは、徹底的な「小さな政府」化です。

政府を小さくしたとしても、
公共サービスの需要は残ります。

そこに「ビジネス」が新規参入し、
誰かがボロ儲けをするという構図です。

例えば、「国の借金で破綻する!
 もはや公的医療は拡大できない!」と、

出鱈目な緊縮路線を進むと、
新たな治療や薬が保険適用されなくなります。

すると、「政府はもう保険を提供できない。
これからは民間で」と規制が緩和され、

保険サービスが「ビジネス」を拡大。

もちろん、外資規制などはなされないため、
アメリカの「あの」保険ビジネスの連中もボロ儲けというわけです。

この手の「緊縮財政」「規制緩和」「自由貿易」のトリニティにより、
徹底的に国民が痛めつけられたのが平成という時代でした。

「特定の誰か」のビジネスを拡大し、
利益最大化を可能とすると同時に、
国民の安全は守らない。
公共サービスを、ひたすら切り売りしていく。

日本国民の実質賃金は15%も減り(対97年)、

同時に農協改革、種子法廃止、
水道の民営化(コンセッション)、移民受入、
電力の発送電分離、派遣労働の拡大、
漁業法改訂、カジノ解禁、
FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)など、

国民の犠牲の上で「特定の誰か」の
利益最大化を実現するための
構造改革ばかりが進むことになりました。

反対側で、将来の安全や繁栄のために必要な
国土強靭化、第二国土軸建設、新幹線や高速道路の整備、
ILC(国際リニアコライダー)など

科学技術振興、大学の運営費交付金、
防衛力強化、教育の充実、
医療・介護サービスの拡充のためには
全くおカネが使われない。

緊縮財政路線が続いている以上、
当然と言えば当然ですが、
御代替わりを受け、
わたくし共は「平成政治」からの決別と、

〇 反・緊縮財政
〇 反・グローバリズム
〇 反・構造改革の

の三つを基本方針に、
政策転換を実現するための国民的な運動
「令和ピボット」を幅広く日本国民の皆様に
呼びかけることに致しました。

我々の子供たち、孫たち、あるいはその先の
「将来世代の日本国民」のために
繁栄した日本国を残すために、
是非とも「賛同者」宣言を。(お名前は公表されません)

【令和の政策ピボット】
https://reiwapivot.jp/

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が予約開始になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第315 MMTという黒船の上陸(前編)
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ