令和の政策ピボット(後編)『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/04/08

      令和の政策ピボット(後編)

         From三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【今週のNewsピックアップ】

令和の政策ピボット その1 財務省改革
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12451302331.html

令和の政策ピボット その2 移民問題
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12451583578.html

令和の政策ピボット その3 エネルギー安全保障
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12451824075.html

令和の政策ピボット その4 食料安全保障
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12452067628.html

令和の政策ピボットが始動しました。
https://reiwapivot.jp/

皆様、是非とも「賛同者」としての
宣言をお願いいたします
(お名前が公表されることはありません)。

令和ピボットの「政策」は、
三橋が書いたドラフトを、皆で
(三橋より頭が良い方々で)何だかんだと議論し、

右左関係なく「反グローバリスト」を
結集できる文面にまとめたものです
(当初は、もっと尖っていた)。

ブログの方では、とりあえず
財務省改革、移民問題、
エネルギー安全保障、食料安全保障の
四つについて取り上げました。

おいおい、他の政策についても
書いていきたいと思います。

特に「財務省改革」が注目です。
ここまで正面から財務省の問題を取り上げた政策集団は、
過去に存在しないと思います。

何しろ、そもそも誰も
「財務省が問題」だとは思っていませんでした。

昨今は、ようやく「財務省の緊縮財政至上主義」が
問題であるという共通認識が広まりつつあります。

タイミングよく、
「正しいおカネの認識」に基づく経済学、
MMT(現代貨幣理論)が
アメリカから上陸しつつあり、

正面から財務省問題を訴えるには、
良い時期かと存じます。

ところで、上記四つの政策の内、
最も「議論」になりそうで、同時に、

「右左を結集するとか言っていて、これかよ」
と批判を浴びそうなのが、エネルギー安全保障です。

何しろ、エネルギー安全保障については、

『将来的な原発ゼロを含む科学的、
技術的なエネルギー安全保障強化を議論し、
同時に短期的なベースロード電源確保のため、
原発を順次、再稼働します。

将来的な原発ゼロを可能にするため、
使用済み核燃料の処理技術、廃炉技術については、
政府の責任で、電力会社と共に開発します。

使用済み核燃料の最終処分については、
科学的な根拠に基づき、
政府が地層処分場を選定しますが、
日本国外からの使用済み核燃料を受け入れる
「ビジネス」は認めません。』

と、なっています。

結局、原発推進ではないか!と、
反発したくなった人が少なくないでしょうが、
現在の日本は原発を動かさない限り、
エネルギー安全保障の確立は不可能です。

さらには、電力会社の黒字が確保できないため、
「将来の原発ゼロ」に向けた
使用済み核燃料の処理技術、廃炉技術、
地層処分の技術等に投資をすることもできません。

つまりは、本気で
将来的な原発ゼロを目指すならば、
現時点では原発を動かし、
エネルギー安全保障を強化しつつ、

電力会社の黒字を拡大し、
「原発ゼロのための技術」を
開発しなければならないのです。

無論、原発を動かさずとも
エネルギー自給率を高めることが可能というのであれば、
別にそれでもいいです。

別に、我々は原発愛好者ではないので、
「科学的、技術的」に議論し、
優れた代替手段があるならば、
それを推進しましょう。

いずれにせよ、原発ゼロを望むならば、
リアルな議論が必要です。

少なくとも、誰かが技術に投資をしない限り、
原発ゼロは実現できません。

その技術開発を「きちんとやりましょう」
という政策なのであって、

そのための議論すら拒否されるとなれば、
「あ、結局、口だけで、
本気で原発ゼロを目指しているわけではないんだ」

と、判断せざるを得ないのです。

右でも、左でも、構いません。
とにもかくにも「リアルな議論」をしなければ、
何も始まらない。

というメッセージも込め、
あえてエネルギー安全保障を
上記の政策にしたのでございます。

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が予約開始になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第315 MMTという黒船の上陸(前編)
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)
お読み頂くことが可能です。

http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol515 MMTと税金の役割
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

結局、国民がMMTや財政について正しく理解できないのは、税金について「政府の支出の財源」と勝手に思い込んでいるためなのだと思います。
というわけで、今回は税金の「正しい役割」について解説しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ