維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。 From 藤井聡(京都大学大学院教授)

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/04/10

     維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。
~市議会選挙を通して『都構想』を否定した大阪市民~

     From 藤井聡(京都大学大学院教授)

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

大阪の市長・知事のいわゆる
大阪ダブル選は「維新の勝利」で終わりました。

知事選に至っては100万票もの大差がついたことから、
一部の人々は既に、この結果は、
「大阪都構想」
に大阪の人々が信認を与えたものだ、
と解釈し始めているようです。

が、それはまったく、違います。

なぜなら、「維新」は今回、
市議会選挙で過半数を取れなかったからであり、
その意味において、
反維新勢力のみならず彼らとて、
「敗れた」わけです。

以下、その仔細を解説しましょう。

そもそも、
「大阪都構想=大阪市解体」を進めるためには、
知事・市長が賛成するだけでなく、
府民、市民の代表である議会の賛成が必要です

だから、都構想を進めるためには、

大阪知事選挙、の勝利
大阪市長選挙、の勝利
大阪府議会選挙、の過半数獲得
大阪市議会選挙、の過半数獲得

四つを同時に達成しなければなりません。

現実的にそれは極めて困難ですが、
出ればほぼ100パー勝てるであろう、
(実質上の)「現職」の市長・知事が、
市議会選、府議会選で一緒に戦えば、

ひょっとすると、この四つの勝利
全てもぎ取れるかもしれない・・・

と「維新」が考えたが故に
一か八かの大博打で打って出たのが、
今回の「ダブル選挙」だったのです

(※ 詳細は、一か月前に公表した下記記事を参照ください。
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20190305/ )

だから、今回、大阪で行われたのは
二重選挙の意味の「ダブル選」だったのではなく、
四重選挙の意味の「クアドラプル選」だったわけです。

(※ 耳慣れない言葉かもしれませんが、
ダブル、トリプルの次は、クアドラプルです)。

実際、維新は府議会選・市議会選の双方で、
単独過半数が取れる候補者を擁立しています。

しかし、府議会選挙では単独過半数を達成しますが、
市議会選挙において単独過半数獲得に失敗したのです。
https://www.asahi.com/articles/ASM4764ZBM47PTIL01F.html

つまり、今回の大阪クアドラプル選において、
「維新は三勝し、一敗を喫した」わけです。

さらに言うなら、そもそも維新は、クアドラプル選で
「全勝」を目指していたわけですから、
維新はその意味で「敗北」し、
反維新側はその意味で「勝利」した

とも言えるわけです。

さらに重要なのが、
維新が敗北を喫したその一敗は、
「大阪市議会選挙だった」という点。

これはつまり、大阪市民は、
(知事現職の松井さんは支持するけど)
「都構想は進めてほしくない、と判断した」
ということを意味しています。

ちなみに、現職首長は「圧倒的に強い」という点は、
例えば、こちらをご参照ください。 
http://u0u1.net/UAxk

つまり現職は、よほどのことが無い限り負けはしないのです。

だから、今回のW選で(如何にスワップと言えど)
維新側が勝つのも、半ば当たり前なわけです。

「維新」はそれを十二分に理解しているからこそ、
クアドラプル選挙での勝利を目指して、
ダブル選挙を「仕掛け」たのです。

しかし、その「仕掛け」は、
今回、大阪市民の反発により、失敗に終わりました。

つまり、
「維新」は、
大阪都構想を一気に実現することに失敗した

のであり、
「大阪市民」は、
大阪都構想を「首の皮一枚」で阻止することに成功した

のです。

そもそも、大阪都構想は、
大阪市民の自治を廃止し、
大阪市民の財源と権限が大阪府に「むしり取らせる」構想。

だから、そんなことを
大阪市民に認めさせるのは、
並大抵のことではないわけで、そう考えれば、
今回の市議会選での維新敗北も、半ば当たり前、
とも言えるわけです。

以上、まとめると、今回の結果は、次のようになります。

『大阪市民は、当たり前のように、
大阪市議会選を通して大阪都構想を否定した。

だから、「維新」は
「ダブル選」で当たり前のように勝つには勝ったけど
「クアドラプル選」では、負けてしまった。』

・・・・

もちろん、今回の選挙を通して、
推進派の勢力が拡大したのは事実。

例えば、都構想の「法定協」の過半数を
維新が占めることになりました。

ですが未だなお、
大阪市民の代表である大阪市議会が、
都構想に対して毅然と「NO」を言えば、
都構想は「絶対に実現しない」

という状況には、変化はないのです。

より具体的に言うなら、
例えば、下記の方の選挙後の解説の通り、
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63991

都構想反対を明確に表明している「公明党・大阪市議団」が、
「自らの信条と大阪市民を裏切る」ことさえなければ、
都構想が実現することは、「絶対にない」
のです。

・・・

なお、この「公明党・大阪市議団」を巡る情勢については、
既に二年以上前に、下記記事で指摘した通りでもあります。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63991

つまり、今回の大阪のダブル選、
あるいはクアドラプル選を経てもなお、
都構想を巡る大局的な構図は、
何も変わってはいない
のです。

大きく変わったことがあるとすればそれは、
「死に体だった『都構想』議論が延命できた」
という一点でしょうか。

「窮鼠猫を噛む」の諺言うなら、
「維新」は決して「猫」ではなく「鼠」なのです。

・・・いずれにせよ・・・

「戦い」は何も終わっていません。

だから今こそ、
大阪を守ろうと考える人たちは
今、決してうろたえてはならないのです。

全ては、大局的な視座から、
冷静に状況分析するところから始まるもの。

本稿がそんな、分析として貢献できれば、
大変有難く思います。

追伸1:
ただし、今回「反維新側」が「W選」で負けたのは、
「情報戦略が悪かった」という一点こそが、最大の原因。

そもそも市長選では当初、維新候補は負けていたのに、
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250123
逆転されたわけですから。

つまり「情報戦争」において維新側が「完勝」したわけです。
ですから、次につなげるためには、
この点についての猛省が必要不可欠です。

追伸2:
今回の「W選」における維新勝利の、最大の「背景的要因」は、
未だ世間が、改革や緊縮を是とする
「平成の空気」に覆われていること。

したがって、日本を守ろうとする勢力は、
この改革/緊縮路線の「平成の空気」を
反改革/反緊縮路線の新しき「令和の空気」へと、
大きく転換(ピボット)させることが必要不可欠です。

そのためにも是非、
「令和ピボット」運動にご協力いただきたいと思います。
https://reiwapivot.jp/

追伸3:
令和ピボット運動における、筆者にとっての最大の「武器」は、
言論誌「表現者クライテリオン」です。

是非とも、定期購読お願いします。
https://the-criterion.jp/subscription/ 
そして最新号は、まさに令和ピボットのための「令和八策」
是非、ご一読ください。
https://the-criterion.jp/

—発行者より—
総理「政権中にこれを破棄できなければ、日本はオシマイ」

三橋貴明と総理との会談時で明かされた真実。

●総理が、三橋との会食をオープンに
(世に公開)してまで国民に伝えたかった事とは…?

●この会食で明らかになった、
私たちの邪魔をする[3つの敵の正体]とは?

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ