経済学者を怯えさせるMMT: From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/04/28

       経済学者を怯えさせるMMT

       From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【近況】
いよいよ平成最後のメルマガ執筆です。
日曜日、月曜日と配信され、
三橋の平成のメルマガは終わりです。

現在、MMTの本を書いているのですが、
改めて考えるとMMTは「恐ろしい存在」です。

いや、別に三橋や日本国民にとってではなく、
経済学者や財務省、財政破綻論者にとって。
特に決定的なのは、以下の「事実」になります。

MMTは「政府は国債発行で
国民の貯蓄を借りているわけではない」
事実を明かしてしまったのです。

【政府の国債発行と、銀行預金増加の仕組み】
http://mtdata.jp/data_63.html#yokinzou

図の通り、政府が国債発行で
「日銀当座預金」を銀行から借り(①)、
政府小切手で企業に支出し(②)、
政府小切手が銀行に持ち込まれると、
銀行預金が発行される(③)。

誰が見ても、
「政府の国債発行が、新たな銀行預金を生み出す」
が正しいのですが、経済学者は、
「政府は国債発行で銀行預金(国民の貯蓄)を借り入れる」
と、説明していたのです。

いわゆる「おカネのプール論」ですが、
おカネのプール(国民の貯蓄)から政府が借り入れるならば、
「財政赤字⇒金利高騰」はあり得ます。
とはいえ、おカネのプールは存在しません。

何しろ、おカネとは債務と債権の記録、
貸借関係が成立した時点で「発行される」
データに過ぎないのです。データのプールは作れません。

まさに、天動説派が地動説という
「事実」を突き付けられ、

「いかに誤魔かすか」「いかに落としどころを見つけるか」
という話になってしまっているのです。

出鱈目な理論の下で発展した経済学が、
追い詰められようとしています。

同じように、嘘つきの学者が蔓延しているのが「歴史」の分野です。

無論、歴史的な「解釈」はあっても構いませんが、
基礎資料を無視するなど言語道断です。

冗談でも何でもなく、
日本の歴史学者は日本史の基礎資料である
古事記や日本書紀の記述を思い込みで否定するのです。
その割に、なぜか中国の史書は妄信する。

皮肉なことに、科学の発展が
「日本書紀の間違いが、実は正しかった」
といった事態を招いています。

例えば、神武東征に際し、
浪速(大阪)に到着した一行が、
「三月の十日、川をさかのぼって、
まっすぐに河内の国の、草香(くさか)の村の、波静かな白肩の津に着いた。」

と、日本書紀に地形的に
あり得ないルートが記載されていたことを受け、
歴史学者が神武天皇を全否定していたところ、
その後の地形学の発展で、

「河内潟」(-紀元前50年まで)の時代、
潮が引くと川が現れ、
「川をさかのぼり、白肩の津(生駒山の麓)に着く」
ことが可能だったことが証明されるといった話です。

それでも、歴史学者たちは相変わらず
「神武天皇の実在を信じる説はない」などと平気で書く。
まさに、財政破綻論者と同じく、
最低な人間たちでございます。

令和の御代では、
この種の「最低な人間」を駆逐しましょう。
日本は言論の自由が保障されている国ではありますが、
「嘘つきの学者」はダメです。

情報発信で所得を稼ぐ以上、
製品の品質(=情報の正しさ)を真摯に追求することは、
最低限、必要な姿勢だと思うのです。

「嘘」で所得を稼いでいる連中を排除するためにも、
日本国民が正しい知識を身に着ける必要があります.。

というわけで、三橋初の本格的な
歴史的なコンテンツ「経世史論」をリリースしました。

【経世史論~「正しい祖国の歴史」を学び、「現代」を読み解く~
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※5月15日(水)までに新規お申込み頂いたお客様に、
三橋貴明:著「99%の日本人が知らない明治維新の大嘘」
のサイン本をプレゼント致します。
(送料も不要です。また、サイン本にはお名前が入ります)

是非、ご入会下さいませ。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ