経済学の“主流派” From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/06/02

           経済学の“主流派”
         
              From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【近況】

現在の”主流派”経済学は、新古典派経済学など、
新自由主義、グローバリズムの基盤になっている経済学ですが、
以前は”ケインズ”的な考え方が主流派でした。

ケインズ的とは、簡単に書くと、
経済において「政治」の役割を重視する発想になります。

新古典派(昔は古典派)の
「経済は市場に任せておけばいい。

政治が関与するとインフレ率が上がる」では、
1929年に始まった世界大恐慌を解決できなかった。

しかも、第二次世界大戦も勃発。

経済において政治の関与を強める必要性が、
ケインズ的な経済学を”主流派”に押し上げ、

西側先進国は前代未聞の
高度成長期を迎えることになったのでした。

当時の新古典派の経済学者たち
(フリードマンやブキャナンなど)の本を読むと、

傍流に追いやられた「ルサンチマン」の思いが、
ひしひしと感じ取れます。

特に、ブキャナンは
政治の経済への関与を「敵視」していました。

理由は、
「政治家は有権者の票で動く。

 

有権者は我が儘だ。我が儘な有権者の声に従い、
政治家が財政を拡大すると、インフレ率高騰を止められなくなる!

というわけでございまして、ブキャナンは
「財政を政治家に任せてはダメだ。

財政均衡を憲法に書け!」
とまで主張したのです。

財政民主主義、全否定でございますね。

お分かりでしょうが、現代において、
MMT(現代貨幣理論)と主流派経済学の対立は、
まさに過去の「新古典派(古典派) 対 ケインズ派」の延長線上にあるのです。

MMTは「異端」扱いされていますが、
かつては主流派だったケインズ、
さらにはラーナー、シュンペーター、

 

ハイマン・ミンスキー、ガルブレイスといった
「知の巨人」たちの後継者です。
ぽっと出の経済学ではないのでございますよ。

かつて、大恐慌期に古典派は
ケインズ派によって「傍流」に追いやられました。

その後、70年代のスタグフレーション期、
今度はケインズ派が追い落とされ、
新古典派が「主流派」になりました。

上記の対立を理解すると、
なぜ(現在の)主流派経済学者たちが、
MMTを血眼になって批判しているのか、
その根本が分かると思います。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
 第322 グロテスクな喜劇の国
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol523 主流派経済学とデフレーション
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

実は、主流派経済学はデフレを悪だとは思っていません。何故なのでしょうか

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ