世界史の授業に隠れた自虐史観   上島嘉郎のライズ・アップ・ジャパン

戦後の日本人が日本の国の歴史認識について

「『自虐史観』から抜け出せない」

という話はよく聞かれると思います。

ですが、学校で教えられている世界史もまた
「自虐的である」と、ある評論家は言います。

一体どういうことでしょうか?

例えば、スペイン・ポルトガルが全盛の
大航海時代。

世界史の教科書の年表にはこんな風に描かれます。

1492年
コロンブス、アメリカ大陸を発見。

1493年 
ローマ教皇アレクサンドル6世、
新大陸における紛争を解決すべく
教皇子午線を設定。

1494年
トルデシリャス条約。
教皇子午線に従い、
東をポルトガル、西をスペインの
勢力圏と決める。

この中に特に
自虐的な記述は見つかりません。

「これのどこが自虐的なんだ?」

と思われるかもしれません。

ですが、これが問題なんです。

「何が書いてあるか」よりも、
「何が書いていないか」のほうが
大事なんです。

人を騙すときには、
嘘をつくよりも、
大事なことを隠して教えないほうが、
より効果的なのです。

詐欺師の常套手段ですね、、、

この年表をもっと詳しい人が
日本人の目線から描く変えると
どうなるか?

こんな風になります。

<Before>
1492年
コロンブス、アメリカ大陸を発見。

<After>
1492年
海賊にして奴隷商人の
クリストファー・コロンブス、
キューバに到達。

住民を虐殺し、掠奪の限りを尽くす。

本人は現地を死ぬまで
インドだと信じていたが、
アメリカ大陸を「発見」した
との功績で讃えられる。

<Before>
1493年 
ローマ教皇アレクサンドル6世、
新大陸における紛争を解決すべく
教皇子午線を設定。

<After>
1493年
ローマ教皇アレクサンドル6世、
地図上に線を引き、
「東はポルトガル、西はスペイン」
と植民地獲得競争の縄張りを決める。

もちろん、現地人の許可はとっていない。

<Before>
1494年
トルデシリャス条約。
教皇子午線に従い、
東をポルトガル、西をスペインの
勢力圏と決める。

<After>
1494年
トルデシリャス条約。
教皇子午線の確認。

地球は丸いので、
日本(の明石市)が
子午線の境界となる。

ポルトガルもスペインも
日本を植民地にすることはできず、
最後は追い返される。

いかがですか?

数行詳しく描くだけで、
随分と印象が変わりますよね?

ですが、Afterで示した歴史を学んだ方が
その後、

・なぜ種子島にポルトガル人が漂流したか?
・なぜ家康は鎖国政策をとったのか?
・なぜ大東亜戦争で米英蘭のような
 列強と戦うことになったのか?

が多少クリアになってきませんか?

ですが、近代の、受験に特化した、
効率的でムダのない学校教育では、
年表を呪文のように唱えさせられ、
覚えさせられて
しまうことがほとんどです。

これでは表面的なことしかわからず、
歴史の真実は何で、その本質が何なのか、
つかめるはずがありません…

そしてさらに困ったことに
日本の学校教育では
日本史と世界史は科目が
切り分けられてしまっています。

その結果、世界との繋がりが切断され、
過去と現在の繋がりも断絶され、
無機質で退屈なものに
感じられるように
設計されてしまっているのです。

ちなみにフランスには
「世界史」という科目はなく、
「歴史」です。

人類の歴史など、フランス人にとってみれば
「フランスとオマケ」という感じなんです。

したがって、本当に
「歴史」を理解しようと思えば
私たちが生きている
この日本と世界が
全体でどのように動いているかを
知る必要があります。

そうやって世界のことを正しく理解すれば、
徐々に現代世界のことも
クリアにわかってくるようになります。

つまり、歴史を語る人は本来
膨大な量の「教養」が必要になるはずなんです。

そこで今回ご案内しているのが
「知の巨人」と言われた
上智大学名誉教授の
故・渡部昇一先生による
世界史の講座です。

お得な予約販売キャンペーンは
明日6/18(火)までです。

忘れないうちに
以下のリンクからお申込みください。

>ここから申し込みを完了する

ーライズ・アップ・ジャパン事務局 小川友希

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ