[写真公開]毛沢東と映る3人の正体は!? 月刊三橋事務局(経営科学出版) 

ここに1枚の写真があります。

 

これは毛沢東とある人物が写っている写真です。

ここには、その当時の世界を支配し、
裏でコントロールしていたと言われる世界の支配者たち、
国際金融資本、ユダヤ左派と呼ばれる人物が数名写っています。

彼らの中には、共産主義国家として世界を揺るがした、
ソ連創設にも関与している人物もいます。

その中でも、ある3名の人物が毛沢東と多いに
関係しており、中国という国に多大な影響を与えていた
河添恵子氏は言います。

(ヒント:一人目はIMFの理事で、中国に資金提供。
二人目は米財務省の役人でソ連のスパイ。
三人目はユダヤ人で国際ジャーナリスト)

毛沢東が中国を建国したと言われていますが、
実際の所は、彼だけの力だけではないようです。

中国建国には、まだまだ知られていない裏側の部分があり、
その裏側を知っているか知らないかで、中国という国に
対する印象や世界情勢に対するイメージは、ガラリと変わると仰っています。

教科書や歴史本では決して語られない、
中国建国の秘密を知りたいなら、
まずはこちらのプレゼンテーションをご覧ください。

ココから詳細を確認する
https://in.38news.jp/CPM_KAWAKE3_S_D_14800_38NEWSD

-月刊三橋事務局

PS.

中国建国の歴史、中国と世界の権力者との関係性、
中国共産党の実態を知れば、世界の見方が変わってきます。

世界情勢、国際政治、国同士の争い、
今世界で起きていることが手に取るようにわかってきます。

例えば…

・なぜ習近平があんな行動をとるのか?なぜ一帯一路政策を進めたがるのか?
AIIBを作った本当の目的とは?

・なぜ中国はあんな過激な発言ができるのか?それに隠された真実とは何か?

・なぜトランプ大統領が誕生したのか?なぜ米中戦争が起きているのか?
その背後に隠れた真実とは?

・なぜプーチン大統領がメディアから叩かれるのか?
(プーチン大統領は、過去にユダヤ左派を排除しています)

・なぜイギリスのエリザベス女王が習近平に対して、
Rude(失礼なやつ)と発言したのか?

などなど。

そのための最初の一歩(入門編)として、
河添先生の情報をまとめたプレゼンテーションを
作ったので、ご覧になってみてください。

きっとお役にたてると思いますし、
中国という国に対する印象は、ガラリと変わってくるはずです。

ココから詳細を確認する
https://in.38news.jp/CPM_KAWAKE3_S_D_14800_38NEWSD

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ