他人のカネで飯を食う国?そのカラクリを大​公開 丸谷元人[ダイレクト出版]

他人のカネで飯を食う国?そのカラクリを大​公開      丸谷元人[ダイレクト出版]

昨日のクイズは既に解けましたか?
 
私もまさかあの大国が未だに植民地支配を
していたなんて思ってもみませんでした…
 
まだビデオをご覧になっていない方は
こちらからどうぞ。
 
====
 
クイズに出した「大国」とはどこか?
 
それは「フランス」です。
 
働かなくても、
年間56兆円が自動的に入ってくる
”カラクリ”を今日お伝えします。
 
カラクリその1:        
 
 “CFA諸国の外貨準備金の85%は
自動的に共同準備金としてフランス中央銀行に
預けられなければならない。”        
 
(CTA諸国とはフランスが作った
独自のお金を使っている国々のことです。)
 
これをわかりやすく
私達の生活に例えて説明すると、        
 
働いて得た給料の85%は、
“自動的”にフランス中央銀行に
預入されてしまうということです。
 
また、家を買いたい、
教育費に使いたいと思っても、
 
20%を超える分は「借金」扱いになり、
利子を付けて返さないといけない。        
 
しかもこの通貨は固定レートで
フランスに全決定権があるので       
 
 『今日100円で買えていたものが、
明日には200円出さないと買えなくなる』
ということもありえます…
  
実際に1994年には50%の通貨切り下げが行われ、
CFAフラン使用国のフランス・フランに対する
債務額は2倍になりました。        
 
つまり、その国のお金の支配権は
フランスが握っているということです。        
 
しかし、、、
これだけではありません。
 
残り2つのカラクリを
こちらのビデオでご紹介しています。
 
 
ダイレクト出版:

丸谷元人事業部 高木練

 
 
ps.
CTA諸国には他にもこんな理不尽なルールがあるそうです…
 
・フランス軍が駐屯し必要に応じて軍事介入する権利        
・フランスの許可なしに他国と同盟を結んではならない        
・フランスが戦争する際にはフランス軍として参加すること        
 
「こんな理不尽なルールおかしいだろ!」
 
そう思いますよね?
 
実際、過去には独立を試みようと、
何人ものCFA諸国のリーダーが挑戦をしました。
 
しかし、彼らはなぜかいつも
”ある方法”で抑えられてしまうそうです、、、

============================
URL:http://www.prideandhistory.jp/ 
運営:ダイレクト出版株式会社
住所:〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-
13 大阪国際ビルディング13F

メール: support■■prideandhistory.jp(■■を@に置き換えてください)
=====================================================

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ