第262回「緊縮財政と安全保障」  月刊三橋会員限定『メルマガ月刊三橋』

月刊三橋会員限定『メルマガ月刊三橋』

2019・6・27

第262回「緊縮財政と安全保障」

FROM 三橋貴明

三橋TV続々公開中です。

【三橋貴明×玉木雄一郎】
そう、消費税は消費に対する罰金です!
https://youtu.be/JhKC9ypmKsU

【三橋貴明×玉木雄一郎】
構造改革って考え方が古いよね
https://youtu.be/PcUrphzuXuw

【三橋貴明×玉木雄一郎】
地方のインフラ整備と教育と
科学技術にカネを使おう!
https://youtu.be/WCAa5YsqE-0

国民民主党の玉木雄一郎代表との
対談コンテンツを三回に分けて
お送りいたしました。

(玉木代表とわたくしは、何気に同い年)
いかがでした? 

アメリカのトランプ大統領が、

日米安全保障条約を破棄する
可能性に言及したと報じられています。

トランプ大統領は、あくまで
「アメリカ・ファースト」で
ございますので、

アメリカの国益になると
判断したならば、

 

普通に日米安保は
破棄されるでしょう。

現在の日米安保条約は、
日米いずれかの政府が
条約期間の終了を相手国に
通告すると、一年後に
条約失効となります。

トランプ大統領の真意は
分かりませんが、いずれにせよ、

「日米安保条約は日本の安全を
絶対的に保障してくれる条約ではない」
という現実を、

 

いい加減に日本国民は
理解しなければなりません。

本来であれば、
日米安保条約失効に備え、
我が国は防衛力を強化し、

 

「アメリカと共にアジアの
平和・安全を守る」ためにコミット
しなければならない立場です。

(別に、安保条約が
失効したからといって、
アメリカと敵対する
必要はありません)

ところが、ここで「壁」として
立ち塞がるのが、緊縮財政です。

緊縮財政がある限り、

我が国は「防衛力の強化」が不可能なのです。

実際、これだけ世界が
不安定化しているにも関わらず、
我が国は防衛費を増やしていません。

と言いますか、
PB黒字化目標がある限り、
防衛費拡大は不可能なのです。

となると、どうなるか。

当然ながら、
「アメリカ様に見捨てられないように、
より積極的に国益を捧げましょう」
と、ならざるを得ません。

嫌なタイミングですが、
日米FTAの本格交渉が
始まろうとしています。

「緊縮財政+自主防衛不可」
の我が国が、アメリカに対し
「強気」で交渉できるなどと
思う人は、狂人でしょう。

アメリカ側からしみれば、
「日米安保条約失効」を
ほのめかすだけで、

日本が積極的に
譲歩してくれるわけで、
これほど楽な話はありません。

令和に御代替わりし、
安全保障を日米安保条約に
依存する「平成」も、
終焉を迎えたわけです。

日米安保条約失効に備え、
あるいはアメリカとまともな
貿易交渉をするためにも

 

(そもそも、三橋は
日米FTA自体に反対ですが)、
防衛力強化は必須です。

そして、防衛力強化のためには、
緊縮財政「だけ」は何が何でも
打破しなければならないのです。

日本国の行き詰まりの根っこには、
緊縮財政あり。

トランプ大統領の「可能性言及」は、
日本の現実を改めて、
まざまざと見せつけてくれました。

【経世史論~「正しい祖国の歴史」を学び、「現代」を読み解く~
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

現在、中野剛志氏との対談コンテンツ
「歴史とナショナリズム」を公開中です。

中野氏との対談は、8月15日まで
視聴可能となっておりますので、
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ