緊縮財政という鎖に縛られて 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/06/30

         緊縮財政という鎖に縛られて

              From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【近況】
6月17日のチャンネル桜「Front Japan 桜」で、
ホルムズ海峡で日本国籍タンカーが攻撃されたこと受け、

「本来であれば、日本は海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣し、
自国のタンカーを守らなければならない」

と、主張しましたが、
トランプ大統領がツイッターで、

中国は原油の91%、日本は62%、
他の多くの国も同様に(ホルムズ)海峡から
輸入している。なぜ、われわれが他国のために
無償で航路を守っているのか。

これらの国は、危険な旅をしている
自国の船を自らで守るべきだ」

と発言したことが報じられ、
「ごもっともでございます」という感じでございます。
何しろ、トランプ大統領の主張は、完全に正論なのです。

また、トランプ大統領が
日米安全保障条約を破棄する可能性に
言及したとも報じられています。

トランプ大統領は、
あくまで「アメリカ・ファースト」でございますので、
アメリカの国益になると判断したならば、
普通に日米安保は破棄されるでしょう。

現在の日米安保条約は、
日米いずれかの政府が条約期間の終了を相手国に通告すると、

一年後に条約失効となります。

本来であれば、我が国は、アメリカに対し、

「これまで甘えてすみませんでした。
五年間猶予を下さい。
その間に自主防衛の体制を構築し、自衛隊を強化しますので、国内の米軍基地には撤退して頂き、
日米安全保障条約を発展的に改訂しましょう。

不平等な日米地位協定や日米合同委員会は破棄し、
アジアの平和と安定のために
日米のパートナーシップを強化しましょう。

また、ホルムズ海峡には海上自衛隊を送ります。
自国の船舶を守るだけでございますので、
当然ながら「専守防衛の範囲」でございます」

と、防衛力強化と日米安保条約の
「発展的改訂」を国家目標としなければならないのです。

アメリカ側も、自国の負担が減るわけでございますから、別に反対はしないでしょう。

が、何しろ我が国には「緊縮財政」という、
今や憲法をも上回る国是があります。
防衛費の増額など不可能ごとですし、
強引に増やしたとしても、他の予算が削られ、
国民生活が打撃を受けます。
とても、支持は得られないでしょう。

となると、我が国ができることは、
「アメリカ様、どうか安保条約の破棄はご勘弁を。
これまで以上に国益を捧げますから」
と、ならざるを得ないわけです。

参議院選挙が終われば、
本格的な日米FTA交渉が始まります。

このタイミングで、イラン問題深刻化に加え、
トランプ大統領の発言。

陰謀論云々ではなく、三橋がアメリカ大統領だったならば、イラン問題にかこつけて「安保破棄しようぜ」と
日本に「伝わる」形のメッセージを投げます。

何しろ、日米FTAの交渉が有利になるに
決まっていますので。

防衛安全保障をアメリカに丸投げし、自主独立を放棄し、かつ緊縮財政という鎖に縛られた

我が国は、いよいよ出口がない状況に追い込まれようとしているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ