中国・イスラム・ソ連の没落の法則 :  月刊三橋事務局

中国・イスラム・ソ連の没落の法則

先月からご案内している三橋貴明の新講座

覇権国家中国編

こちらをリリース限定三橋会員(6月末時点)
限定価格12,000円割引で

お申し込みいただけるのは、
明日7月8日(月)までとなりました。

会員限定の価格でのご提供ですので、
お忘れのないようお申込みください…

>詳細を確認する

また、先日からご案内している
こちらの動画の公開も明日までです。

まだの方は、こちらからご覧ください。

>ビデオを視聴する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2240年前
秦の始皇帝「政」が

500年以上に及ぶ戦乱の世を治め、
史上初となる天下統一を果たした。

圧倒的な強さを誇った秦国だったが、
わずか15年で滅びてしまったのだ。

これは中国史上最も短く、
世界的に見ても異例の王朝崩壊だった。

なぜわずか15年で滅んだのか?

歴史を丁寧に紐解いていくと、
そこには中国の没落の法則があったのだ。

中国では権力を握るために、
人を裏切り殺し、また裏切られるという
殺戮劇が繰り返され、
その度に国が滅んできた。

そしてその崩壊の理由には
ある法則があったのである。

そしてこの法則は日本やアメリカでは、
起こりえないのである。

しかし、中世のイスラム帝国や近代ではソ連が
同じ没落の法則によって滅んでいる。

一体これはどういう法則なのか?

中国の歴史と
地政学を駆使して導き出した
この没落の法則が分からないと、

・なぜ今の中国が
アメリカからの覇権奪取に対して
これほどにまで執着しているのか?

・なぜ日本を属国化しようとしているのか?

・これから中国はそして世界情勢は、
どのような未来を辿っていくのか?

このようなことが、
全く理解できません。

そのため、
今の中国の米中貿易戦争を語る
浅い評論家やメディアに
振り回され続けるかもしれません。

中国の国が繰り返してきた
没落の法則とは何なのか?

>クリックして真相を確認する

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

my日本

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ