MMTが提供してくれる「正確な理解」: 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/07/22

    MMTが提供してくれる「正確な理解」

   □━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

今回のスティファニー・ケルトン教授来日と講演、
対談に置ける内容のポイントを
(あえて)ピックアップすると、

1.政府の財政赤字は、政府以外の経済主体にとっての黒字

2.国債発行残高は、政府が支出し、
徴税で回収しなかった貨幣の履歴(歴史的な記録)

3.経済の制約は財政ではなく、
インフレ率(リソース、供給能力)

4.徴税は、国民の支出能力を奪い取る装置。
消費税増税は消費抑制政策

5.経済がバランスしていれば、
財政は赤字でも黒字でも均衡でも良い

6.日本は金融政策で国民の債務を増やすのではなく、
財政政策で国民の所得と自信を増やせ!

になるでしょうか。

無論、上記は我々が長年(十年以上も!)
主張し続けてきたことですが、
とにかく今回よ~く分かりましたが、
日本のマスコミは「黒船」に弱い。

特に、金髪で美人のアメリカ人経済学者の主張となると、
それなりに報じてくれるわけです

(つまりは、ケルトン教授をお呼びした甲斐が
あったという話でございますが)。

ちなみに、我々は十年以上、「正しい主張」が
受け入れられずにいましたが、
ケルトン教授は二十年超です。
年季が違います。

というわけで、「completely wrong(でたらめ)」
主流派経済学を否定するためのレトリック、
手法は、なかなか洗練されています。

例えば、MMTの始まりと言える
「ウォーレン・モズラー氏の名刺」の話や、
国民経済を「シンク(水槽)」にたとえる手法は、
見事の一言です。

【Front Japan 桜】ケルトン教授が明かした政府支出と税金の真実(他)
https://youtu.be/ywx-vplOG60

モズラー氏の名刺やシンクは、
早速、チャンネル桜の番組で使ってみました。
いや、これは使える!

あるいは、ケルトン教授は「財政赤字」や
「政府の負債(国の借金)」という言葉を問題視しており、
この点も三橋が以前からやっていた活動であり、共感しました。

具体的には、

「財政赤字⇒国民黒字」

「国の借金⇒貨幣発行残高」

いかがでしょう。
財政赤字は「政府以外の黒字」です。

厳密には「海外」が入っているため、
「国民」は不正確ですが、
その辺りは理解した上で言葉を変更していく。

あるいは、財政赤字とは、自国通貨建て国債しか
発行していない国にとっては、「貨幣発行」に過ぎません。

つまりは、財政赤字の積み重ねである
「国の借金(政府の負債)」は、
過去の貨幣発行の歴史的な履歴に過ぎない。
つまりは、貨幣発行残高。

言葉を考えると同時に、その言葉が表す
概念について「正確に理解」していく。

MMTは、現代の貨幣はもちろん、
経済や財政、政府支出、徴税、国債発行残高等について
「正確な理解」を提供してくれる。

「正確な理解」をするための素晴らしい機会を提供してくれた、
スティファニー・ケルトン教授に改めて感謝の意をささげます。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ