ジョンソン新首相とバックストップ条項 : From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』

     2019/07/28

     ジョンソン新首相とバックストップ条項

                 From 三橋貴明

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【近況】
イギリスでボリス・ジョンソン新首相が誕生しました。
ジョンソン新首相は7月27日の下院演説で、

ブレグジット協定に含まれるアイルランド国境をめぐる
バックストップ条項を「排除する」と語りました。

対する欧州委員会のバルニエ首席交渉官は、
ジョンソン首相のバックストップ条項排除について
「受け入れられない」と拒否。

バックストップ条項とは、イギリスがEUから離脱した際に、
北アイルランドを事実上、EU関税同盟に残し、
アイルランドとの国境検査等を実施しないというアイデアです。

その場合、「国境」が事実上、
グレートブリテン島とアイルランド島の間に移動し、
アイルランド海を渡る際に「国境検査」をすることになってしまいます。

となると、連合王国の一体感が失われ、
ナショナリズムの根幹が揺らぐことになります。

というわけで、ジョンソン首相はバックストップを
排除したブレグジットを推進しているわけですが、

EU側からすると「冗談ではない」という話になり、
このままでは10月末に「合意なき離脱」に至るでしょう。

ちなみに、三橋は11月にイギリスに視察に行きます。
今回はロンドン中心というわけではなく、

スコットランドのエジンバラから南下し、
鉄道でロンドンに至るコースですので、
これまでよりは「広く見る」ことになります。

事実上の「移民国家」と化したイギリスが、
果たして「国民国家」に戻れるのか。
実際に「この目」で見た上で、考察、報告したいと思います。

◆経世史論において、中野剛志氏との対談コンテンツ「歴史とナショナリズム」がご視聴可能です。是非、ご入会下さい。
(8月15日まで限定公開なので、間もなく終了となります)
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
【三橋貴明×中野剛志「歴史とナショナリズム」】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/keiseishiron/2019/06/15/video/

◆経営科学出版「知識ゼロから分かるMMT入門」が刊行になりました。
https://38news.jp/38MMT/MT_TV/
ケルトン教授招聘プロジェクトにご寄付下さった方及び月刊三橋会員の皆様には、月末に特別価格でご案内が参ります。上記URLからのご購入はお控え下さい。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第330回 ステファニー・ケルトン教授来日
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol531 民間黒字と政府貨幣発行残高
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
「財政赤字」がなぜ「民間黒字」なのか、「国の借金(政府の負債)」がなぜ「政府貨幣発行残高」なのか。現実のデータに基づき解説しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ