日本経済に舞い降りた”千歳一隅のチャンス” 月刊三橋事務局

『MMT(現代貨幣理論)という名の「黒船」が襲来し、
日本の財務省や経済学者たちがパニックに陥っている…』

2019年、ある発言が日本を揺るがし、大きな話題となった。

アメリカのニューヨーク州立大教授のステファニー・ケルトン氏がこう言った

『MMTはまさに日本が当てはまる。

日本が正しいことを証明している。

MMTは日本が直面するデフレの解毒剤になる。

今年10月の消費税増税は「経済にデフレ圧力をかけることになり、間違いだ」』と。

そこから、日本の財務省や経済学者はこぞって反応し、
ネットやテレビ新聞など様々なメディアを使って
この理論は間違いだと報道するようになった….

私たち日本国民に何かを知られたくないためか?
それとも自分たちを守るためか?

物凄い勢いで日本中にMMT批判が飛び交った。

『MMTはなぜ批判されているのか
クルーグマン、サマーズ、バフェット、黒田総裁の批判』

今まさに、世界中で「パラダイム」の危機が、経済学の分野で起きつつあります。

それが、アメリカで巻き起こり日本でも起きている
「現代貨幣理論(MMT)」をめぐる大論争です。

多数の経済学者によって受け入れられている今の経済学のパラダイムでは
財政赤字は基本的には望ましくないとされています。

財政赤字の一時的・例外的な拡大の必要性を認める経済学者はいるものの、
中長期的には健全財政を目指すべきだというのが、今の経済学の考え方なのです。

ところが、この健全財政を、「MMT(現代貨幣理論)」は否定しました。

ある条件内であれば、積極的に財政赤字をしてもいいと。

彼らにとって、この理論はまさに変則事例。

このため、クルーグマン、サマーズ、ロゴフといった影響力のある主流派経済学者、
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長、

あるいはフィンクやバフェットといった著名投資家ら、
そうそうたる面々が現代貨幣理論を批判しました。

その言葉使いも異様に激しく、クルーグマンは「支離滅裂」、

サマーズは「ブードゥー(呪術)経済学」、ロゴフは「ナンセンス」、

フィンクにいたっては「クズ」と一蹴しています。

日本でも、黒田日銀総裁が記者会見(3月15日)において現代貨幣理論について問われると、

「必ずしも整合的に体系化された理論ではない」という認識を示したうえで、

「財政赤字や債務残高を考慮しないという考え方は、極端な主張だ」と答えている。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

なぜ、そこまでして彼らは
反論しなければならなかったのか?

そこには、彼らにっては受け入れがたい事実、
私たちに知られくない事実が隠れていたのであった….

続きはこちらから

ココから続きを確認する

-月刊三橋事務局

コメントを残す

サブコンテンツ

FC2ブログランキング

政治・経済ー政治

ブログの殿堂

ブログランキング

i2iアクセス解析

国税

i2iサイト内ランキング



合計累計カウンター


今日の合計


このページの先頭へ